インターネットで今すぐ聴くradiko.jp

トピックストピックス一覧一覧

6月21日(木)午後8時30分オンエア
特番 『伊藤聡子のPrime Voice』ゲストは、話題の研究者兼経営者・広津崇亮氏
「尿の匂い」で分かる? 線虫が変える「がん検診」の未来

6月21日(木)午後8時30分より、『文化放送ライオンズナイタースペシャル 伊藤聡子のPrime Voice』を放送します。

テーマは「《線虫》が変える『がん検診』の未来」
ゲストとして株式会社HIROTSUバイオサイエンス代表取締役で理学博士の広津崇亮氏をお迎えします。

primevoice_201806_640-360.jpg線虫の嗅覚を利用した「がん検査システム」の実用化に挑戦

話題の経営者やイノベーター、新しい社会事象やビジネスに関する研究者の方などをゲストにお迎えし、時代のキーワードをテーマにお送りする対談番組で、不定期に特別番組として放送しています。

聞き手を務めるのは、事業創造大学院大学客員教授で経営者インタビューの経験も豊富な伊藤聡子

primevoice201806_guest.jpg3回目となる今回は「《線虫》が変える『がん検診』の未来」をテーマに、ゲストとして株式会社HIROTSUバイオサイエンス代表取締役で理学博士の広津崇亮(ひろつ・たかあき)氏をお迎えします。

このたび行われた収録では、ベンチャー企業を立ち上げ、線虫の嗅覚を利用した「がん検査システム」の開発と実用化に取り組む広津氏に、じっくりとお話を伺いました。

番組では、経済学と人工知能の関係を研究する第一人者として知られる井上氏ならではの言葉が次々と語られていきます。

広津氏「線虫は人間由来のものが嫌い。でも、がん患者の尿だけは寄っていく」
番組では、広津氏の研究者としてのこれまでの歩みに加え、体長1ミリほどの線虫が「がん患者の尿の匂い」に反応することを発見した経緯などが語られていきます。

広津氏は線虫の反応を発見した当時を振り返り、「線虫は人間由来のものがだいたい嫌いなんです。尿だけじゃなくて唾液などに対しても逃げるので、線虫はどうも人間が嫌いなんだな、と。でも、がん患者の尿だけは寄っていくんです。(中略)健常者の尿とがん患者の尿では明らかに(実験結果に)差が出るので、毎日興奮しながら(実験を)やっていました」とコメント。さらに、「生物の嗅覚がいかにすごいかということです。(機械と比べて)精度も高いし、コストも安い。シンプルな発想の転換ほど世の中を変える可能性があるのではないかと思います」と、意義を語りました。

このほかにも番組では、「そもそも線虫とはどんな生物?」「線虫によるがん検査システムの仕組みは?」「この検査方法が実用化された場合のメリットとは?」など、次世代のがん検査システムがもたらす社会的影響について、さまざまな角度から広津氏が分かりやすく解説。聴きごたえのある1時間の対談となっています。


『文化放送ライオンズナイタースペシャル 伊藤聡子のPrime Voice』
【放送日時】
2018年6月21日(木) 午後8時30分~9時30分
【出演】
伊藤聡子(事業創造大学院大学客員教授)
【ゲスト】
広津崇亮氏(株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役)