2017年11月25日

文化放送 AM1134kHz

  • AMラジオ 番組表
  • デジタルラジオ
  • インターネットラジオ
  • ポッドキャスト
  • スペシャルコンテンツ

文化放送の衆院選特番キャスターはみのもんた
『みのもんたの総選挙開票スペシャル』
12月14日(日)19時50分〜24時30分オンエア

mino
 文化放送では、12月14日(日)の衆議院解散総選挙の投開票日当日、19時50分から24時30分までの4時間40分、特別番組を編成します。安倍政権が発足し約2年。アベノミクスだけでなく、「安倍政治」そのものが問われる師走決戦の開票特別番組を、みのもんたをキャスターに据えてお送りします。

 自民・公明の与党で衆議院の3分の2を占めているにもかかわらず解散に踏み切った安倍総理大臣。そのこと自体に有権者はどう反応するのか、また、景気、消費税、集団的自衛権、原発再稼働、TPP、中韓との関係など、安倍「1強」時代が続いてきた2年間にどんな審判が下るのか。

 文化放送では、『みのもんたの総選挙開票スペシャル』と題し、各政党、注目の選挙区に記者・リポーターを配して、刻々と判明する獲得議席の状況や、みのと各政党幹部のやりとりなどをお伝えします。

この選挙を前に、みのもんたは
「いろいろな特番がありますが、選挙、しかも総選挙の開票特番が持つ意義は格段に大きいと思います。ふだんから政治についていろいろな事を言う人は多いですが、『まずはきちんと政治家を選べ』と言いたいですね。文化放送の選挙特番への出演、燃えていますよ!」
と番組への意気込みをみせています。

 リスナーからも、メール(iken@joqr.net)、FAXで意見を募集し、番組に反映させていきます。