2019年2月17日

文化放送 AM1134kHz

  • AMラジオ 番組表
  • デジタルラジオ
  • インターネットラジオ
  • ポッドキャスト
  • スペシャルコンテンツ

文化放送特別番組『スタア伝説・永遠の高倉健』
12/10(水)19時オンエア!「宮本武蔵」から佐々木小次郎役も初蔵出し!
山田洋次監督、武田鉄矢、倍賞千恵子が語る“高倉健”

yoshida-sato

 文化放送は、高倉健さんを追悼する特別番組『スタア伝説・永遠の高倉健』を12月10日(水)19時より放送します。

 番組では、文化放送に残されていたラジオドラマ『中村錦之助アワー連続放送劇「宮本武蔵」』から、巌流島の対決シーンを初蔵出しします。これは映画に先駆け、昭和36年から文化放送で放送されたラジオドラマで、高倉健さんは映画と同じく佐々木小次郎役で登場しています。
 また、山田洋次監督と、武田鉄矢さんが、健さんとの撮影の日々を番組のために語ります。さらに倍賞千恵子さんが過去の出演番組で高倉健さんを語った音源も、特別に放送いたします。

yamada

 番組は3部構成でお送りします。

 第1部は「銀幕のスターと任侠映画」と題し、美空ひばりのマネージャーになるかもしれなかったデビューのエピソードから、江利チエミさんとの結婚、青春活劇から任侠映画への転身、「とめてくれるな おっかさん」などカウンタカルチャーとして社会風俗に影響を与えた健さんなど、東映時代のアーリー・イヤーズをたどります。さらに『錦之助アワー「宮本武蔵」』から、佐々木小次郎役の健さんの貴重な音源を初蔵出しします。



takeda 第2部は「『幸福の黄色いハンカチ』からの飛翔」。山田洋次監督と出会い、『幸福の黄色いハンカチ』で国民的映画俳優に飛躍した健さんについて、山田洋次監督がたっぷりと語ります。また武田鉄矢さんも健さんの人間的な意外なエピソードを話します。さらに、倍賞千恵子さんが高倉健さんについて過去に語った文化放送番組音源も放送します。

 第3部は、「高倉健さんがもたらしてくれたもの」というテーマで、健さん自身の人生にもオーバーラップするような数々の作品を振り返ります。出演数計205本にも及ぶ映画が、私たち日本人に男として生きることの大切な何かを考えさせてくれます。
パーソナリティは、吉田照美と、娯楽映画研究家・佐藤利明。貴重な音源や映画音楽とともに、トークで浮き彫りにしていきます。