箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 東海大学・両角速監督

2021.01.02

―往路5位という結果について

3区終了まで良い流れだったので、残念です。1区の塩沢はあそこまで行ったので区間賞を取って欲しかったが、良い流れはつくってくれた。2区名取も走りやすい位置だったでしょうし、名取の力も出せたと思う。3区の石原も走りやすい状況でもらえたと思う。そこまでは良かったのですが、ちょっと4区の佐伯が想定をはるかに下回る走りになってしまった。

―佐伯君は、コンデションに何か問題があったのか

あそこまでタイムが悪いと何かアクシデントがあったのかな。それを見抜けなかった。アクシデントだったのかという事も含めて、まだはっきりとは分からない。練習で非常に良い感じで、他の選手よりも往路で使える手応えがあったが、元々トラックタイプ。全日本は1区だったが、それ以上の距離での試合経験がなかった。練習はカバーしていたので、行けるかなと思ったが。

―得意の山登りで西田君の区間7位というのは

そうですね。西田も不発でしたね。最後のチャンスを西田にかけたのだが、まあ、2週間くらい前に肉離れっぽいことをやって、1週間ほど練習を休んだ。症状は改善されたが、トレーニング不足の影響がでてしまい、最後の詰めの部分でうまくいかなかった。

―石原君は素晴らしかった。

ルーキーの当たり年と言われたが、意外と他のルーキーが苦しんだなか、しっかり走れた。この調子でチームを牽引する選手になって欲しい。

―青学の低迷、創価の優勝という予想外の往路になった。

うん、まあ、それは皆さん一緒だと思います。今日は寒さとか、4区以降風が強くなったところもあったし、そういう中で。少し・・・。何だろう。トラックでは皆、良い記録を出していたが、泥臭い練習や箱根に向けての準備という点に関しては、どこまでやれたのかな。ウチを含めて。ウチは比較的そういう準備はしていたつもりだが、ミスがあったので。

―新型コロナウイルスの影響があったのか

ロードレースがことごとく中止になり、トラック中心になってしまった。ならざるを得なかったのだが、箱根に関しては、高速化の中で創価さんは5時間28分ですかね。去年は23分とかを連発していた。それを思うとトラックで出したタイムほどには、出ていなかったなと。

―トップまで3分27秒。復路で逆転優勝をどう目指す?

レース前の構想は往路で勝って、その流れでうまくつないで行くしか、勝つ(総合優勝)方法はないと思っていた。ただ、レースは何が起こるか分からないと思うので。

―復路は誰に期待する

皆に期待しているが、良いスタートを切って欲しい。総合優勝? 厳しいでしょう。

―東洋大学か駒澤大学がライバルとなりますか

そうですね。駒澤大学の方にチャンスがあるんじゃないですかね。

―そうなるとタイム差は1分ちょっとしかない

まあ、まあ(笑)

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.