本日は「文芸あねもねR」のトークショー後初めての収録でした。

収録したのは、宮木あや子先生作『水流と砂金』です。
こちらの作品には
釘宮理恵さん、佐藤聡美さん、ささきのぞみさん、田中敦子さんに
参加して頂き、井上喜久子さんには音響監督を御願いしました。


釘宮理恵さん
kugimiya.jpg

佐藤聡美さん
satou.jpg

ささきのぞみさん
sasaki.jpg

釘宮理恵さん、作者の宮木あや子先生、田中敦子さん

syuugou.jpg

そして・・・音響監督中の井上喜久子さん

kikuko.jpg

配信は5月上旬を予定しております。
オーディオブック配信サイト「FeBe」での配信になります。
もう少々お待ちくださいませ。


【タイトル】
水流と砂金

【著者】
宮木あや子

【キャスト】
朗読・さくら・・・釘宮理恵
瑞樹・・・佐藤聡美
実・・・ささきのぞみ
ハル・・・田中敦子

【あらすじ】
「実」(みのる)
 私は名前を呼び、鍵盤の上に所在無く置かれた実の手に自分の手を重ねた。   
 微かに痙攣する滑らかな手の甲を、指に力を入れて圧する。不協和音が響板を滑り、全ての音が絨毯敷きの床に転がり落ちたあと、私はたまらなくなりもう片方の手で実の頬を耳ごと掴んだ。
「さく......」
 ら、という音は私の唇の端で、水の音になって溶けた。
 拒まれるわけがない。拒むわけがない。だって実はそういう人だから。生まれて初めてのくちづけは、思っていたよりもあっけないものだった。
 新学期、突如学園に現れた天使のように美しい外部生、矢咲実(やざきみのる)。黒川さくらは一目で実に心を奪われる。彼女ならきっと、私をとりまく運命から、私を引きはがしてくれるはず―--。
 愛する人とどこかへ逃げていきたい。少女たちが抱く、甘美なまでの絶望と夢の物語。

【出版】
新潮文庫

【制作】
文芸あねもねR制作委員会

 

文芸あねもねRスタッフより

イベントが無事終了いたしました

3月3日(日)は耳の日ということで、
オーディオブックの日でもありましたが
「文芸あねもねR」初めてのイベントが文化放送メディアプラスホールで
行われました。


出演者の皆様で集合写真をパチリ。
左から、井上喜久子さん・ささきのぞみさん・山寺宏一さん・大塚明夫さん・小山力也さん・田中敦子さんです。
IMG_3188.jpg

山寺さん、小山さん、そしてささきさんは飛び入りスペシャルゲストということで
お忙しいところ急遽ご出演頂きました。本当にありがとうございます!


詳しいイベントレポートは、オトバンクさんが運営している
「新刊JP」に掲載される予定ですので、こちらもチェックしてください。

これからも、楽しい朗読、そしてイベントを
作って参りますので、今後とも文芸あねもねRをどうぞ宜しくお願い致します。

 

文芸あねもねRスタッフより

23センチ.jpg

【タイトル】
二十三センチの祝福
ダウンロードはコチラ

【著者】
彩瀬まる

【キャスト】
加納・・・小山力也
天海ルルコ・・・田中理恵
芽衣子・・・田中敦子
美月・・・藤川茜

【あらすじ】
お葬式をしました、でその手紙ははじまった。
あなたにもらった靴の、お葬式をしました。二回、かかとの修理に出し、三回、自分で色を塗り直しました。だいじにだいじに履きました。加納達夫(かのうたつお)は遠い土地から送られてきた手紙を丹念に読み直し、便せんの最後に綴られた差出人の名前を眺めた。天海(あまみ)ルルコ。もうこの世には存在しない女からの手紙だった。四つ折りにして机の引き出しへしまい、コンビニに祝いのケーキを買いに行った。
家具店に務める加納は、古い木造アパートに暮らしている。靴の修理を趣味とする加納は、同じアパートに住むすり切れた靴を履いた若い女に、思わず声をかけてしまう。「そちらの靴、直しましょうか」。その後加納は、女が売れないグラビアアイドルだと知る―--。
深い後悔を抱えて生きる男におとずれた、かすかな希望を描き出す一編。

【出版】
新潮文庫

【制作】
文芸あねもねR制作委員会

少女病.jpg

【タイトル】
少女病 近親者 ユキ
ダウンロードはコチラ

【著者】
吉川トリコ

【キャスト】
朗読・ユキ・・・小野大輔
織子・・・井上喜久子
香苗・・・田中敦子
ミカの兄・・・坂巻学 
司・・・石黒千尋
紫・・・藤川茜
ミカ・・・椎葉マリエ

【あらすじ】
きょうだい同然に育ったいとしい女が、だれか知らない男のところへ、今日いってしまう。みいちゃん、とかすれた声でその女の名を呼ぶ。こんな白を都に着せるのは、二十年以上も寄り添ってきた自分ではなく、ぽっと出の眼鏡野郎なのだ。言葉になんねえ----できねえよ、こんなの。俺ばかだから、いまの気持ち、なんて言っていいかわかんねえ。だからせめて名前を呼ぶ。みいちゃん、みいちゃん、みいちゃん。これまで何度呼んだかわからぬ名前を、くりかえし胸のうちだけで。
少女のような母、織子(おるこ)と、三人の娘たちが暮らす洋館。今日は三姉妹の長女、都(みやこ)の結婚式だ。そのせいか、従兄弟のユキはしばらく前から荒れていて―--。風変わりな女系家族の特別な一日と、それを見つめる従兄弟の思い。あたたかくて、ちょっと切ない一編。

【出版】
新潮文庫

【制作】
文芸あねもねR制作委員会

文芸あねもねとは

文庫版
新潮文庫から出版されている「文芸あねもね」は、2013年3月に刊行された「チャリティー書籍」です。
「女による女のためのR-18文学賞」に由縁のある10名の女性作家たちがチャリティーのために作品を書き上げ、書籍の印税は、東日本大震災の復興支援のために寄付されています。

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想はanemone-r@joqr.netまでお願いします。