石巻遠征レポート

4月18日(土)、19日(日)に、
宮城県石巻市にあります『石ノ森萬画館』にて喜久子さん、敦子さん、
そして文芸あねもねRにもご協力頂いております大塚明夫さんによる
チャリティーイベントが開催されました!

初日は、大塚さんと敦子さんによるアフレコ体験教室が行われました!
トークコーナーは日常生活の事から業界裏話(?)までと非常に幅広く、
参加された受講者の皆さんは目をキラキラさせながら
お2人の話を聞いていらっしゃいました!

1.jpg


そしてアフレコ体験コーナーでは、
女性は大塚さんと、男性は敦子さんとペアになり
アニメのワンシーンを演じました!
皆さん緊張しながらものびのびとお芝居してましたよ~!
そして最後にお2人で...

2.jpg

終わった後は拍手喝采!迫力の演技でした!

こうしてアフレコ体験教室は無事終了致しました!
始まった時は緊張で声が小さかった受講生の皆さんですが、
最後には大きな声で元気に挨拶するまでになりました。
『この中から将来、声優になる子が出てきたら嬉しいです。』と
主催者の方は仰っていました。本当にその通りですね♪
このイベントが未来の声優さんが生まれる第1歩になっていればいいな♪と思います。

3.jpg
このイベントの司会をしてくださった福島央俐音さんと一緒に♪

 

石巻2日目は喜久子さんも合流してのチャリティー朗読会です!
主に地元の方々をご招待してのイベントになりました。

 

会場は満員御礼!始まる前の皆さんのワクワク感が
私達スタッフにも伝わってきました!

まず始めにこのイベントの主催である
ウォーターオリオン福島央俐音さんによる朗読『天つ風の音』です。
迫力満点の朗読でした!

4.jpg

続きまして喜久子さんの『おおきな木』の朗読です。
優しい木や、少年、青年、ご老人まで幅広く演られ、会場からは驚きの声が...!

5.jpg
3つ目は敦子さん、大塚さんによる朗読『演技者』です。
喜久子さんの時とはガラリと変わり、ピンと張りつめた緊張感ある演目でした!

6.jpg

そして最後は、今回のイベントをスタッフとして
お手伝いしていた新人声優さんや舞台役者さんも含め、
みんなで『よだかの星』を演じました!

7.jpg
続いて大塚さん、喜久子さん、敦子さんによるトークコーナーでは
お客さんからの質問にもどんどん答えていきます!

8.jpg

さすが仲良しのお3方!息もぴったり!会場内は終始笑いに包まれていました(^^)


イベントの最後に文芸あねもねRから、
先日行われたアニメジャパンの売上金とそれまでの積立金を合わせた
合計1,000,000円を石巻市菅原副市長に直接手渡し致しました。

9.jpg


今回のイベントで
あねもねRメンバーのほとんどは初めて東北を訪れ、
津波の爪痕もしっかり見てきました。
発生当時から随分と復旧が進んだとはいえ、
まだまだこれからも力を合わせて取り組んでいかなければならないと、
さら地になってしまった地域を見て改めて思いました。

東北の皆さんの、
『過去のことを忘れずそれでいて前向きに歩いていこうとする姿勢』に
こちらが元気を貰ってしまいました。
震災後すぐはなかなかそうもいかない部分が多かったと思います。
ここまで来るのはほんとうに大変だったと思います。
文芸あねもねRはこれからも、
ゆっくり少しでも長くお手伝いができればと思っています。


このイベントでお世話になった石巻市菅原副市長、石ノ森萬画館の皆さん、
そしてイベントにお越し頂きました皆さん、本当にありがとうございました!
これからもよろしくお願いします!

 

最後に...
石巻市は本当に良いところです。町の方々は優しいですし、
ご飯はとってもおいしいです!
機会があればこのブログを読んで下さってる皆さんも
ぜひ一度訪れてみて頂きたいなと思います♪

 

♡オマケ♡

2日目の朗読イベント終了後、石ノ森萬画館さんを見学させて頂きました!
喜久子さん、敦子さんは、ななななんと!
サイボーグ009のフランソワーズ姿で館内を見て回りました!!

10.jpg

喜久子さんは普段萬画館のスタッフさんが着用している赤Ver、
敦子さんは特別な時に着用している青Ver、大塚さんは...私服です!
私服でこのコスチュームに負けないカッコ良さと存在感...さすがです!


そして2階では現在、マクロス展が開催されております!
11.jpg


12.jpg
...あれ?フランソワーズ達?それはマクロスのバルキリー...作品が違ってr
...いいえ!これは夢のコラボです!

最後に萬画館のスタッフさん&フランソワーズさん達と

13.jpg

もう一度言わせてください...大塚さんは...私服です!
どうみても作中のラスボスですね!

 

また来たいなぁと思ったあねもねR一同でした♪ありがとうございました!

文芸あねもねとは

文庫版
新潮文庫から出版されている「文芸あねもね」は、2013年3月に刊行された「チャリティー書籍」です。
「女による女のためのR-18文学賞」に由縁のある10名の女性作家たちがチャリティーのために作品を書き上げ、書籍の印税は、東日本大震災の復興支援のために寄付されています。

最近のブログ記事

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想はanemone-r@joqr.netまでお願いします。