浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mrs Mie Hama's With agood meal

浜美枝のよい食と共に

2009年12月27日  野菜の種子(タネ)

昔ながらの伝統野菜を残していくことはとても意義のある
ことですが、今日は、野菜の種子(タネ)を保存し、
あとの世代に継承しよう!という活動をご紹介します。

広島県 東広島市「財団法人 広島県農林振興センター」
「農業ジーンバンク」の船越建明さんにお話をお伺いします。

◎農業ジーンバンクとは、どのような施設なのでしょうか?

 ジーンバンクの「ジーン」は、遺伝子の意味。
 種子の保存を目的とした施設で、1989年に設立されました。
 野菜だけでおよそ2,550品種、稲、麦などを含めると
 国内外18,500種余もの品種を保存しています。
 国の機関で農林水産省が管理している施設はあるが、
 県レベルで取り組んでいるのは大変珍しいんです。

◎この取り組みをはじめたきっかけを教えて下さい。

 全国各地を回っているうちに、昔ながらの種子を集めて
 みようという話になったのがきっかけです。

◎どのような方法で、種を集めるのでしょうか?

 伝統野菜を残している県や、各県の大学などに呼び掛けをします。
 大学では、種子を研究用に所持している場合が多く、そこに相談を持ちかけ、譲り受けています。

◎膨大な数の種を集められているわけですが、どうやって保存しているのでしょうか?

 大きな冷蔵庫があり、2つにわけて保管しています。
 1つはよく種子を出し入れする冷蔵庫で、マイナス1度 湿度20?30%に保っています。
 2つ目は、マイナス10度で入れっぱなしにしています。
 こちらは、永久保存を目的として、ほとんど出すことはないんです。

◎集めた種は、その後、どうするのでしょうか?

 栽培を希望する県内の農家にタネを無償で配布し、
 県外の希望者には、その地方の伝統野菜の種子と物々交換しています。

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.