浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mrs Mie Hama's With agood meal

浜美枝のよい食と共に

2014年4月13日「あらくれポーク」

今回は愛媛県です。今治市のJAおち・いまばり管内しまなみイノシシ活用隊 隊長 渡邉秀典さんとお電話をお繋ぎしました。


◎そちらの特産品を教えて下さい!

イノシシの肉を使ったソーセージ「あらくれポーク」です。


◎イノシシの肉を使っているのは、どうしてですか?

JAおちいまばり管内の大三島は、本州と四国を結ぶ「しまなみ海道」のほぼ中心にあり、愛媛県で最も大きな島で、温州みかんなどの柑橘栽培で知られていますが、近年、イノシシが農産物を荒らすため、被害が深刻なんです。
イノシシの捕獲と新たな活用策のために開発し、島の新たな人気商品として売り出しています。


◎「あらくれポーク」は、どのような工夫がされていますか?

イノシシ肉のほかに豚肉を使用しています。一般的にイノシシの肉は臭みが強く、硬いと言われますが、血抜きや解体の技術を向上させることでクリアし、部位の特性を生かしながらおいしく食べやすいソーセージとなっています。


◎お客さんの反応は、いかがですか?

黒コショウをきかせてあるのでビールのおつまみに合うという声が寄せられています。


◎「あらくれポーク」は、どこで購入できますか?

JAおちいまばりの大型農産物直売所「さいさいきて屋」で販売のほか、さいさいきて屋のホームページでも購入できます。1パック5本入りで税込み515円です。


今回は、愛媛県今治市のしまなみイノシシ活用隊 渡邉秀典さんにお話を伺いました。

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.