浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mr Naomasa Terashima Today Picture Diary

寺島尚正 今日の絵日記

2019年4月8日 お花見列車

八王子のソメイヨシノは花びらが風に背中を押され
旅立つ時期を迎えている。
桜前線は北上し福島や仙台まで進む。
桜の蕾よりも一足早く
宮城県気仙沼市と離島の大島を結ぶ
「気仙沼大島大橋」が開通した。
全長356メートルの「気仙沼大島大橋」は、
周辺の道路も合わせて、7年かけて整備された。
気仙沼湾にある大島ではおよそ2500人が暮らしていて、
これまでは気仙沼市の中心部に行く際、フェリーなどを利用していたが、
台風などで海が荒れると出港できなかった。
8年前の東日本大震災の時、大島は孤立した。
気仙沼と結ぶ3隻のフェリーは壊れ、本州との交通網連絡網が断たれた。
島民の足 車も流された。
電気や水道が止まり、人の往来や物資の搬入も困難な状況が続いた。
死者・行方不明者は33人に上ったが島に火葬場はなく、
被災地で最も早く土葬に踏み切った。
さらに島では山火事が発生。退路のない炎上となった。
メディアも救援隊も入れなかった。
そんな大島に3日後救援に上陸したのは米軍の兵士だったのをご存知だろうか。
アメリカ第7艦隊「ともだち作戦」、日本の救援隊よりも早かったのだ。
ブルドーザーやシャベルカーなど重機で、
ガレキをのけて、通行できるようにしてくれたという。
「米兵の頑張りと親切に涙が出た」と先年話を聞いたことが思い出される。
そんな東日本大震災、復興のシンボルとして、大島や気仙沼市の振興に
なればと願う。
南からは、早くも「海開き」があった。
沖縄県宮古島、7日は正午の気温が26度3分と、
参加者は水しぶきをあげて初泳ぎを楽しんだ。
季節は進んでいく。
お花見列車
お花見列車
花盛り
花盛り
玉川上水
玉川上水

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.