浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mr Naomasa Terashima Today Picture Diary

寺島尚正 今日の絵日記

2019年6月24日 夏のザキング

先日起きた山形沖地震、
新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱の強い揺れだった。
震源は山形県沖の深さ14キロ、マグニチュード6.7。
日本海東縁部ひずみ集中帯と呼ばれるところだ。
今回の地震は、私たちにとって対岸の火事ではないことを記しておこう。
先ず起きたのが18日午後10時22分頃。
一部では停電となり真っ暗。
気象庁は、山形県から石川県にかけての沿岸に一時津波注意報を発表し、
新潟県の新潟港で10センチの津波を観測したほか、
山形県の酒田港、石川県の輪島港などで微弱な津波を観測した。
真っ暗の中の避難もありうるということだ。
加えて一部ではあるが、液状化現象もみられた。
平常ではいられない気持ちの中で避難する際、
液状化で足元にも危険が潜んでいることもありうる。
地震は明るい時とは限らない。
さて、今回の地震、新潟県内ケガ人は重軽傷者合わせて5人、
山形県では、23人がケガをしたと発表されている。
震度6強や弱という強い揺れだが死者が出なかったのは幸いだった。
その理由は「揺れの周期」が関係しているという。
周期とは、揺れが1往復するのにかかる時間のこと。
この周期の長短で影響を受ける場所が変わってくる。
今回の山形沖地震の周期は「0.2~0.5秒」の極短周期。
これは屋根瓦・墓石・ブロック塀が崩れやすいという。
人体感覚も短周期の方が「恐怖」を感じるようだ。
今回は、家屋が概ね倒壊しなかったのだ。
一方で、家屋の損傷を起こしやすい周期は「1~2秒」のやや短周期。
つまり、被害の度合いは「周期の長短」によるもので
「震度6強でも家が壊れなかった!」と一概に安心するのは早いようだ。
一般に古い木造家屋は、震度6弱程度の極短周期地震動に対しては
影響が少ないが、同じ震度のやや短周期地震動に対しては
倒壊する可能性が格段と高くなる。
これは、古い木造住宅の固有周期(最も揺れやすい))が
やや短周期地震動域にあるためで、
1995年阪神淡路大震災での木造住宅の倒壊被害がこれに相当する。
また、3年前の熊本地震もこの周期が活断層真上で起き、
このために多くの木造住宅が壊れたとされる。
さて、超高層建物は、極短周期、やや短周期に対して
問題は少ないが、やや長周期(2~5秒)には、
一般の建物はほとんど被害が無いにも係わらず、
超高層建物では激しく揺れる。
体感的には「グ~ラ、グ~ラ」と揺れるのだ。
東日本大震災の際、震源から200km以上離れた東京は震度5強。
新宿の超高層ビル群が10分以上も大きくゆっくりと揺れた。

2011年3月の東日本大震災で、大地震の原因となる
プレートの「ひずみ」は、一時的に解放されたと言われていたが
それがまた溜まってきていると指摘する専門家もいる。
大地震が起こりやすい状況に入っているというのだ。
首都直下地震、南海トラフ地震・・
太平洋側と日本海側、震源にもよるが
津波の到達時間も全く違う。
日本のどこでも地震は起こる。
近くの災害の歴史を知っておくのも大切だ。
備蓄品に加えて
自分達が暮らす街のどこに、液状化などの危険があるのか
避難経路を含めて確認しておきたい。
夏のザキング
夏のザキング

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.