浜美枝のいつかあなたと

毎週日曜日
 10時30分〜11時00分
Mr Naomasa Terashima Today Picture Diary

寺島尚正 今日の絵日記

2020年1月20日 初場所の幟かすめて花粉かな

この2,3年、「大寒」近くになると、
目の周りが赤くなり目尻がヒリヒリするようになった。
鏡を見ると、「赤パンダ」などという愛嬌はなく
徹夜でもしたかのような不気味な顔になっている。
花粉なのか、ハウスダストなのか
なるべく早くに眼科を受診しよう。
ところで私の周りでは、鼻が詰まると嘆く知人が増えてきた。
早くも花粉の時期がやって来たのである。
花粉症は、日本人の約4人に1人が発症しているといわれ、
国民病となっている。
花粉症の発症を避けることは難しいが、
花粉症による影響をできるだけ小さくするために対処することは可能だ。
気になる花粉の飛散量は・・。
東京都はことしの春に都内で飛散する花粉の予測を発表した。
それによると、都内で春に飛散するスギやヒノキの花粉は、
去年や過去10年の平均と比べるとおよそ6割程度と、
やや少なくなる見通しだ。
花粉が飛び始める時期は、
例年並みの2月14日から18日ごろとみられ、
花粉の量が多い日は都内の平均で29日と、
過去10年の平均の33日より少なくなる見通し。
花粉は、最高気温が比較的高い日や、
晴れて風が強く乾燥した日に多く飛散し、
飛散量のピークは例年3月中旬ごろとみられている。
風邪を引いたり、
お酒の飲み過ぎや喫煙で症状が悪化すると聞いたことがある。
体調管理とともに、マスクやメガネの着用で症状を抑えねばならない。
東京都は、20日正午から都のホームページで
東京都の花粉情報を発表していくという。
いずれにしても、憂鬱な時期がやって来た。
初場所の幟かすめて花粉かな
初場所の幟かすめて花粉かな

  • twitter
  • facebook
  • radiko
  • twitter
  • facebook
  • pagetop
Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All right reserved.