株式会社VOLTAGE 文化放送
畠中祐 柿原徹也 radiko ボルラジツイッター ボルラジメール
ボクらが君を幸せにするラジオ radiko ボルラジtwitter
ボルラジメール

2021/01/04

第157回

『柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ』第157回放送!
 
2021年最初の放送ということで、新年のご挨拶から始まりました!
 
みなさま、あけましておめでとうございます!
 
IMG_5151.jpeg
 
しかし収録日的にはまだまだ2020年だったので
 
想像の年末年始の過ごし方を話していました。
 
実際はどう過ごしていたのか気になりますね。
 
 
そして今月の耳キュンドラマシアターは来週から新たに始まるということで、今回はお休みです!
 
ぜひ来週の、また雰囲気がガラリと変わる耳キュンドラマをお楽しみに!
 
 
 
そしてそして今夜お届けしたのは、お久しぶりかつ新年一発目の「ふつおたSP」!
 
いつもトークで尺を使いすぎてしまいなかなかおたよりを読めないので、、、
定期的に開催されるおたより回です。
 
おハガキやメールを送ってきてくださるボル子・ボル男の皆さん、
いつもありがとうございます!今年も引き続きよろしくお願いします!!
 
 
と言いつつ、今回のは早め早めに収録していたため(年末進行というやつですね)
 
柿原さんがお望みの年賀状はありませんでしたが、、、
 
柿原さんのライブに行ったボル子からの感想がたくさん届きました!
 
 
最後には新年メールかと思いきや、先月の柿原さんのお誕生日をお祝いする素敵なおたよりも。
 
(お誕生日回では時間がなく読めなかったので...すみません...!)
 
 
そんなこんなで今回もお時間に。
 
 
引き続き、みなさんからのふつおたやコーナー宛のおたよりをたくさんお待ちしております!
 

メールのあて先は、
 
volradi@joqr.net です!
 
 

ではでは来週も乞うご期待!
  
 

【第157回】

「新年明けましておめでとう♡
 なんか2021年が始まってしまったようだから、今年もよろしくね♡」(柿原徹也)
 
「祝!2021年!
 あけましておめでとうございます!猛突進していく年にしようぜ!
 今年もよろしくお願いします!」(畠中祐)
 
 

2020/12/28

第156回

『柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ』第156回放送!
 
放送日的には誕生日を迎えた柿原さんをお祝いするつもりが、
 
なぜかおじさんトークに...?
 
とはいえ、いつもよりテンション高めにお届けします!
 
IMG_5097.jpeg
 
 
そんなお祝い回の今回お送りしたのは、もちろん特別企画!
「柿原徹也バースデー&アルバム発売記念!ボルラジクイズグランプリ!!」
 
こちらは、番組が用意した難易度の異なるいくつかのクイズやチャレンジに挑戦してもらい、
 
クリアできればその難易度に応じたプレゼントを獲得できるというもの!
 
IMG_5042.jpeg
 
(番組スタッフお手製のパネルです)
 
 
easy・normal・hardで、難易度が上がるとご褒美も豪華に? なっていくということで、
 
「easyなんていらないじゃん」との発言もありましたが、
 
そこは手堅い柿原さん。
 
基準を知るために(そして番組のことを考えてくれた結果)、
 
まずは【東京】のeasyから挑戦し、難なく正解!
 
気になるプレゼントの内容は、「営業の原さんの連絡先をゲット」でした。
 
 
このプレゼントで何かを察した柿原さん。。。
 
続いては、【Laughing】のnormalに挑戦!
 
 
こちらはお笑いに疎い畠中さんが実演して、見事正解に!!
 
プレゼントは受け取ってもらえませんでしたが、
内容は「畠中さんと作家・生方が"HAPPY BIRTHDAY"を歌う」でした。
 
 
そして3つめは【TOP】のhardに挑戦です!
 
なぜか代打ディレクターがブースの外でチャレンジを(本当に)行い、クリア。
 
プレゼントは「作家・生方から高級アイス券を贈呈」でした。
 
 
そんなわけで、前半戦はひとまずここまで!
 
 
合間に『耳キュンドラマシアター』第1弾の最終回をお送りしましたよ。
 
ツイッターの投票で選ばれた「田上の後を追う」ルートの最後をお聴きいただきましたが、
 
今回選ばれなかった馳ルートも何かしらの形で皆さんにお届けできるように
 
検討中ですので、詳細が決まったらお知らせいたします!!
 
ぜひ楽しみにお待ちください♪
 
 
 
ではでは改めて特別企画の後半戦ですが、
 
プレゼント(物)欲しさに【東京】のhardを選択!
 
hardらしくなかなかに難しい問題でしたが、なんと正解でした!
 
そして気になるご褒美は「吉野Pおすすめのお酒をプレゼント」で、
 
これには柿原さんも嬉しそうでしたよ。(ようやく...!)
 
 
お次は【Laughing】のhardで、こちらは畠中さんが回答!
 
残念ながら不正解でした・・・!
 
 
最後は、hardがもう残っていないため【東京】のnormalでしたが、
 
意外にも難しい問題? でこちらも残念ながら不正解に!
 
 

ということで、紆余曲折を経て(?)結果的に柿原さんがゲットしたのは
 
お酒のみでした!
 
 
しかし、なんと畠中さんも個人的にプレゼントを用意していたらしく、
 
そちらを渡す一幕も。(いい関係性ですね)
 
 
柿原さん、本当にお誕生日おめでとうございました!
 
 
というわけで、盛りだくさんな年内最後の放送はおしまいです!
 
それでは来週も乞うご期待!
 
 
みなさま、よいお年をお過ごしくださいね!
 
 
【第156回】
 
「ホント、メリークリスマス、ハッピーバースデー
 ありがとう、イルミネーション、
 ありがとう、世界」(柿原徹也)
 
「徹也さん!誕生日おめでとうございます!
 徹也さんらしい生き方、そばにいて本当に刺激的です!
 このまま徹也さんらしくこの1年も最高の年にしてください!
 本当におめでとうございます!」(畠中祐)
 
 

2020/12/21

第155回

『柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ』第155回放送!
 
「ダーッ」という独特のご挨拶から始まったかと思いきや、
 
徹也さん呼びがいっこうに浸透しない畠中さんに
 
柿原さんが不満をこぼしながら始まりました。(台本には"徹也さん"と書いているんですが...)
 
volradi1219.jpg
 
 
そして畠中さんの写真集の話をたっぷりしたところで、オープニングトークは終わり、
 
今回のおたよりパートでは、この番組での宣伝をきっかけに
 
"あや恋"を始めたボル子からの
 
「おふたりはまんまと宣伝に引っかかったことはありますか?」という
 
鋭い角度の質問が!(笑)
 
 
そこから柿原さんと畠中さんの広告クリックトークに。
 
深夜の男子トークらしい盛り上がり方をしていたため、詳細は伏せておきます。。。笑
 
 
そんなこんなで盛り上がったおたよりパートは終了です!
 
引き続き、皆さんからのたくさんのおたよりをお待ちしております!
 
 
 
そして今回は耳キュンドラマシアターの第3話をお届けしました!
 
第2話でまさかの再会を果たしたヒロイン"笹野彩"と"馳"。
数日後、休みの日に偶然遭遇した2人は、馳の誘いによりカフェで話すことに......。
彩が心の奥で忘れられずにいた過去の恋愛の傷を作った張本人からの謝罪と、
当時の理由を説明された彩は、馳を許すことに。
そんな彩に馳は―...
 
というような内容でした!
 
 
 
さてここでなんと、馳と田上のルート分岐点が!!
 
番組公式Twitterにて、ヒロインの笹野彩が次に起こすアクションを決める投票アンケートを実施中です!
 
ぜひ皆さま、聴きたいストーリーへご投票ください!
 
 
 
ということで今回の放送もエンディングのお時間に。
 
 
 
耳キュンドラマシアター第1弾のストーリーに動きが出てきましたね!
 
ぜひ今後の耳キュンもお楽しみに!
 
それでは次週も乞うご期待!
 
 
 
【第155回】
「広告の力は偉大だよねー!
 ついクリックしちゃうよね〜(笑)」(柿原徹也)
 
「いやぁ〜いろいろバレた。
 でもほら、間違えて開くこともあるからさ!」(畠中祐)
 
 
 

2020/12/14

第154回

『柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ』第154回放送!
 
これまで150回以上もこのご挨拶をやっていきているにも関わらず、
 
なぜかオープニングのご挨拶を2人で一緒に言いそうになり、
 
終始わちゃわちゃしながら始まりました!(仲いいなー)
 
 
volradi2.jpeg
 
 
おたよりでは、さっそく前回からスタートした耳キュンドラマ企画への感想が!!
 
 
そうなんです。
 
みなさまの期待をいい意味で裏切る、真面目な耳キュン企画なんです!!!!
 
(Twitterでの実況でも好評なようで...! ありがとうございます!)
 
 
今夜放送した第2話では、主人公(笹野彩)が上司(田上亮太)に、
 
取引先の相手(馳祐樹)が学生時代の元カレなこと、
 
そこでの出来事が原因で恋愛に消極的になってしまったことを伝えました。
 
 
予期せぬ再会に動揺しつつも、主人公が少しずつ前に進んでいく様子が見られます。
 
はたしてその原動力とは? そして元カレに対しての思いは...?
 
 
ぜひ第3話もお楽しみに!
 
 
 
さてさて、本編に戻りまして
 
今回お送りするのはこちらのコーナー!
 
 
「女子心クイズ」!!
 
 
 
前回募集したアンケートは「好きな人が落ち込んでいたら?」でした。
 
そして選択肢は、
 
1.何も聞かずにご飯に誘う
2.その場で話を聞く
3.どうにかして笑わせる
4.そっと様子を見る
 
の4つ。
 
前回予想したのは柿原さんで、
 
「1.何も聞かずにご飯に誘う」を選択していました。
 
 
はたして気になる投票の結果は・・・
 
 
「2.その場で話を聞く」でした!
 
 
しかし0.6%というかなりの僅差だったことから、
 
柿原さんからの抗議が!
 
 
それでも、畠中さんの言う通り、
 
その分の投票してくれた方々がいますからね!
 
柿原さんの結果は残念ながら不正解です!
 
 
(せっかく送っていただいた
 貶しメールに対する反応が子どもですみません・・・;)
 
 
 
そして、次回募集しているアンケートは
 
「1番キレイにしておきたいのは?」
 
1.髪の毛
2.肌
3.爪
4.歯
 
です。
 
 
ということで畠中さんの予想は、
「4.歯」でしたが・・・
 
いったい結果はどうなるのでしょうか!?
 

 
 
ぜひ番組ツイッターから
みなさんの参加&リプライにて理由をお願いします!
 
そして「女子心クイズ」用の柿原さんを褒めるメール・けなすメール、
畠中さんを褒めるメール・けなすメールも引き続き募集していますので、
volradi@joqr.netまでお送りください!
 
 
 

 
それでは次回も乞うご期待!
 

 
 
 
【第154回】
「今日もありがとうな!
 明日も盛り上がろうぜ!」(柿原徹也)
 
「徹也さん手強いぞやなぎさん!
 勝てない!!勝てないぞ!」(畠中祐)
 

2020/12/07

第153回

『柿原徹也・畠中祐 ボクらが君を幸せにするラジオ』第153回放送!
 
"冬といえば何の曲?"という、
 
まるで音楽番組かと思うようなテーマで進んでいきました。
 
 
しかしさすがの畠中ワールド。
 
永遠に正解が出てこない迷宮に入りこんで、柿原さんのツボを突き続けます。
 
 
volradi1.jpeg
 
 
さてさてオープニングを開けて、
 
なんと今回から新・耳キュン企画がスタートしました!
 
 
題して!「耳キュンドラマシアター」!!
 
 
 
こちらは柿原さんと畠中さんの2人が
 
キャラクターを演じるオリジナルドラマの音声を、
 
毎回の放送で1話ずつオンエアしていきます!
 
 
 

なのでリスナーのボル子・ボル男たちは、
 
ヒロインの視点から贅沢にお楽しみいただける形式です!
 
 
 
 
そして今後毎月1つのストーリーを、
 
各週に分けてお届けしていく予定なので
 
ぜひ毎回忘れずにお聴きください!!(その方が、よりお楽しみいただけます!)
 
 
 

しかし、放送を聞き逃してしまったよーという方や、
 
どんなストーリーか思い出せない...! という方もご安心を!
 
 
その場合はぜひ、radikoのタイムフリー機能を使って内容を確認していただけます♪
 
 
 
そんなこんなでお送りした第1話、いかがでしたか?
 
 
学生時代の恋愛がきっかけで恋に消極的になってしまった主人公(笹野彩)は、
 
いったいぜんたいどうなっていくのでしょうか!
 
 
ぜひぜひ、今後の展開をお楽しみに!!
 
 
 
 
 
 
それではここからは、今回お送りした企画、
 
「神様、こんな○○ってどうですか?」の振り返りです。
 
 
まさかの登場から「トイレに行きたい神様」と化している神原さん。。。
 
それを受け、なんだかいつもより気持ち早めに進行する畠中さんです。
 
 
 
1つめのおたよりの内容は
 
『天然扱いをされて、LINEでのキャラとのギャップに引かれてしまう』
 
というお話でしたが・・・
 
 
 
「文字だけでなく、普段の会話でもツッコミはしてるのかな?」と
 
トイレに行きたすぎて普通に考えていく神原さん。
 
 
 
「でも文字でのセンスがいい方が俺は好き。そういうのに笑う」と
 
神原さんのご意見もいただけたところで・・・
 
 
あっという間に今回の放送もエンディングに!
 
 
今回神原さんから判決は下しませんでしたが、きちんと相談に乗っていたように思います。
 
 
 
ということで引き続き、各コーナー宛のおたよりもお待ちしておりますよー!
 
volradi@joqr.netまでお送りください!
 
 
 
それでは来週も乞うご期待!
 
 
 
【第153回】
「今日はトイレの神様が...
 頼むよ、ホントに。(笑)」(柿原徹也)
 
「柿原さん本当に早いとこトイレしてきてもらいたい。
 今目の前でコメント書いてるけど。早く行ってもらいたい」(畠中祐)
 

 

ページ上部へページトップへ