1年9か月ぶり!文芸あねもねRの生放送!

12月2日(水)22時~文化放送の超!A&G+にて
【文化放送モバイルPlus  presents文芸あねもねRの生放送!
 ~3人でうふふ♪ガールズトーク~】
が放送されましたー!

終始笑いが絶えず、ほんわかパーソナリティーきっこさん&あつこさんと
しっかり者ゲスト浅野さんの構図が最高でした(笑)

番組内でもありましたが、改めましてあねもねR情報です!

現在、ショップQRでは文芸あねもねRの朗読CDを好評販売中!
是非チェックしてくださいね♪


=ラインナップ=








そして!オーディブック配信サイト『FeBe』さんにて
番組放送の12月2日に新作配信が開始されました!!!わーー!パチパチ!!
FeBeさんいつもありがとうございます!!

現在配信中の作品はホームページの左側一覧をご覧くださいね♪
←←←←←←←←←←←←←←←←

新作『子供おばさん』はコチラ


=================

タイトル:子供おばさん

著  者:山本文緒

朗  読:大塚明夫

あらすじ:私は子供だな、おばさんなのに子供だな、
             子供おばさんだなと駅の階段を上りながら思った。
             今はもういない祖母が、飼っていた猫を撫でながら、
             おまえは赤ん坊を産んでないから
             いつまでたっても子供だねえと目を細めてよく言っていた。
             あれの可愛くない版だ。
             大人になりきれなくて可愛いねえなどと、
             誰が人間のおばさんの頭を撫でるだろうか。
             友人の美和が、四十七歳で亡くなった。
             もう七年も会っていなかった私に、美和はなぜか形見を遺していた。
             それは、リリーという名の、雌のゴールデンレトリバーだった。
             突然のことに困惑した私だったが――。
             大人なりきれないまま中年になった女性に降りかかる、
             ささやかな転機を描く物語。

=================


携帯サイト「文化放送モバイルplus」では
生放送された『文芸あねもねRの生放送!』終了直後に収録したアフタートークを
12月9日(水)正午より配信開始!

~3人でうふふ♪ガールズトーク~のタイトルの通り
聴いているスタッフがドキドキしてしまう内容!
お聴き逃しのないように♡

詳しくはガラケー・スマホで「文化放送モバイルplus」を検索してくださいね!


15_1203あねもね特番_小.jpg
最後にゲストの浅野さんと♡



新作配信も始まり益々盛り上がっていく文芸あねもねR!
これからもよろしくお願いします♡



文芸あねもねR制作委員会

最新作「子供おばさん」配信開始!

文芸あねもねR最新作『子供おばさん』の配信が開始致しました!
ダウンロードはコチラ

配信タイトル-子供おばさん小.jpg




今回全編朗読して頂きましたのは大塚明夫さん!
05_大塚明夫_小.jpg



今回もオーディオブック配信サイトFeBeさんで配信して頂いております!
ぜひダウンロードして聴いて下さいね♪

【タイトル】
子供おばさん

【著者】
山本文緒先生

【あらすじ】
私は子供だな、おばさんなのに子供だな、
子供おばさんだなと駅の階段を上りながら思った。
今はもういない祖母が、飼っていた猫を撫でながら、
おまえは赤ん坊を産んでないから
いつまでたっても子供だねえと目を細めてよく言っていた。あれの可愛くない版だ。
大人になりきれなくて可愛いねえなどと、
誰が人間のおばさんの頭を撫でるだろうか。
友人の美和が、四十七歳で亡くなった。
もう七年も会っていなかった私に、美和はなぜか形見を遺していた。
それは、リリーという名の、雌のゴールデンレトリバーだった。
突然のことに困惑した私だったが――。
大人なりきれないまま中年になった女性に降りかかる、
ささやかな転機を描く物語。


【配信】
オーディオブック配信サイト『FeBe』(フィービー)

これまでの配信一覧はコチラ ※文芸あねもねR特設サイト


以前文化放送で行われた収録の様子はコチラ


少しでも多くの方々に聴いてもらえたらなと思います♪
よろしくお願いします!


文芸あねもねR制作委員会


文芸あねもねとは

文庫版
新潮文庫から出版されている「文芸あねもね」は、2013年3月に刊行された「チャリティー書籍」です。
「女による女のためのR-18文学賞」に由縁のある10名の女性作家たちがチャリティーのために作品を書き上げ、書籍の印税は、東日本大震災の復興支援のために寄付されています。

ご意見・ご感想

ご意見・ご感想はanemone-r@joqr.netまでお願いします。