インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.11.29

「第13回ラジオCMコンテスト」ゲスト審査員に武井壮! 大晦日に特番として放送

takeisou

文化放送がラジオCMクリエイティブの新たな可能性を求めて、2007年にスタートさせたCMコピー公募企画『100万円争奪!ラジオCMコンテスト』は、今回で13回目を迎えます。8月1日から10月31日までの3ヶ月間、郵送・インターネット・携帯サイトを通じてコピー募集を行った結果、合わせて18,883件の応募作品が集まりました。今年は一社あたりの平均応募作品数が、1,716作品となりました。(昨年の総数は19,389件)


当コンテストは、協賛社からの課題に基づき、プロ・アマ問わず一般から20秒のラジオCMコピーを募集し、全ての応募作品の中からグランプリ(賞金100万円)ほか各賞を決定します。


また最終選考の本選(12月13日・文化放送12Fメディアプラスホールにて実施)は公開録音形式で行われ、その場で効果音やBGMで演出され、青二プロの豪華声優たちが1作1作を演じていくという、イベント性・エンターテイメント性の高いものとなっています。


前身の『ラジオCMコピー大会』(1984~2006年)から高い評価をいただき、文化放送のみならずラジオ界の名物企画として、すっかり定着しております。今回、11社からの課題に基づいて応募された全国から集まった18,883作品の中から、事前に選び抜かれた33作品が本選でグランプリを競います。


ゲストの特別審査員は、マルチに活躍する百獣の王、武井壮さんに決定しました。このほか今年の審査も例年お馴染みのCMディレクター中島信也さん、コピーライター谷山雅計さん、コピーライター児島令子さん、作編曲家・プロデューサー近藤浩章さんという超豪華なCMクリエイティブ界の精鋭たちが行います。


なお、審査会の公開録音の模様・受賞作品は12月31日(火)午前11時00分~午後1時00分放送の特別番組『文化放送 第13回100万円争奪!ラジオCMコンテスト』内で発表されます。



「第13回ラジオCMコンテスト」概要

■募集作品

協賛広告主の課題にもとづく20秒のラジオCM用コピー

■応募資格

プロ・アマチュア問わず

■応募期間

2019年8月1日~10月31日

■審査員

中島信也・谷山雅計・児島令子・近藤浩章・武井壮

■賞金

グランプリ(1本)  100万円

審査員賞(5本)    10万円

リスナー大賞(1本)  10万円

ほか優秀賞(4本)   3万円

■審査会

12月13日(金)午後3時~文化放送12階メディアプラスホール

※現在、一般観覧募集中(https://form.run/@joqr-8169

■発表

文化放送特別番組『文化放送 第13回100万円争奪!ラジオCMコンテスト』

2019年12月31日(火) 午前11時00分~午後1時00分放送

■Webサイト

http://www.joqr.co.jp/2019copy/


放送後から聴取可能 radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO