インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.10.31

私立恵比寿中学に18歳のクリエイターMega Shinnosukeが楽曲提供した経緯とは? 『トレンディエンジェルのPePePeラジオ』

トレンディエンジェルのPePePeラジオ

文化放送で毎週土曜日11時から放送中の『トレンディエンジェルのPePePeラジオ』。パーソナリティはお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司さんとたかしさん、文化放送の舘谷春香アナウンサーが務めます。


10月26日(土)の放送では、2000年生まれの音楽クリエイター・Mega Shinnosuke(メガ シンノスケ)さんをゲストに迎え、自身の音楽活動や人気アイドル私立恵比寿中学(通称:エビ中)への楽曲提供について語っていただきました。

音楽制作以前にハマっていた音楽は?

高校2年生のころに楽曲制作を始めたMega Shinnosukeさん。楽曲制作を始めてからわずか1年で、1st EP『momo』をリリースしていますが、当初は音楽系の専門学校に進学して地道に音楽に励みたいと考えていたそうです。しかし、試しにインターネットに自身の楽曲を公開してみたところ、日本全国で話題になり、現在の音楽活動に繋がったと語ります。


斎藤さんが、音楽活動を始める以前にハマっていたアーティストをたずねると、「実は(音楽活動を始める前は)CDを買ったことがなくて。あまりライブにも行ったことがなかったんです。だからハマっていたアーティストは、正直ないですね」と、意外な返答が。現在は幅広いジャンルの音楽を聴くようになったそうですが、きっかけは高校2年生のときに音楽ストリーミングサービス「Spotify」を利用し始めたことだったといいます。



私立恵比寿中学へ楽曲提供した経緯とは?

Mega Shinnosukeさんは、楽曲制作を始めてから2年ほど。しかし、すでに人気アイドルグループ・私立恵比寿中学(通称:エビ中)に楽曲提供(「踊るロクデナシ」)までしています。一体どんな経緯で楽曲提供することになったのでしょうか?


斎藤 楽曲を作り始めて1、2年しか経っていない時期に、なんでエビ中に楽曲を提供するっていう話になったの?

Mega Shinnosuke エビ中のディレクターさんの弟が、僕の「桃源郷とタクシー」がすごく好きだったらしくて、ディレクターさんと共有していたらしいんですよ。で、僕のほうに(楽曲提供の)話が、Twitterのダイレクトメッセージで来たんです。しかもその日が、僕の18歳の誕生日で。友達からの「誕生日おめでとう!」っていう祝福のメッセージのなかに、「曲を作ってくれませんか?」っていうメッセージが紛れ込んでたんですよ

斎藤 凄いな!(笑) びっくりしなかった?

Mega Shinnosuke びっくりしましたよ。でもそのころって、すでに東京の"大人の方々"から結構メールが来ていたので(笑)。明らかに大人のメッセージっていう感じで、普段してる高校生同士のやりとりに比べると、「長いな(笑)」って思いましたね(笑)


きっかけはTwitterのダイレクトメッセージだったと明かしたMega Shinnosukeさん。最後に、斎藤さんからこれからの野望を聞かれると、「前に自分がやっていたこととは違うことをやりたいと思っていて、"変わり続けたい"。それだけですね」と、さらなる活躍を感じさせました。



番組概要

■番組名称

『トレンディエンジェルのPePePeラジオ』

■放送日時

毎週土曜日11時~13時

■パーソナリティ

トレンディエンジェル

舘谷春香(文化放送アナウンサー)

バイク川崎バイク(準レギュラー)

■メールアドレス

pe@joqr.net


今すぐ聴く! radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 浜祭