インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.04.02

平成から令和へ 4月30日(火)は6時間特別編成

お知らせ お知らせ

文化放送は、4月30日(火)午後3時30分から9時30分まで6時間にわたり「平成」をテーマにした特別編成でお送りします。

■目次

□午後3時30分~5時50分
文化放送報道スペシャル 平成とは

□午後5時57分~7時00分
膝をついて、手を握る ~天皇陛下が皇后さまと歩いた被災地

□午後7時00分~9時30分
君は覚えているか? 平成スポーツ 声の遺産



文化放送報道スペシャル 平成とは

heisei1

左から養老孟司、石田純一、鈴木敏夫、石川真紀(敬称略)


午後3時30分から5時50分は、今上天皇による「退位礼正殿の儀」を含む特別番組『文化放送報道スペシャル 平成とは』を放送します。


当番組では、平成の時代をリスナーの皆様と振り返ります。熱に浮かされたようなバブルが終焉を迎え、代わって訪れたのはインターネット空間における少し冷ややかな新しい社会の形。国内では凶悪事件や大規模災害が相次ぎ、世界では冷戦終結が新たな戦禍とテロの連鎖を生んできました。振り返れば、やはり平成は激動の時代。記録的ベストセラー「バカの壁」の著者として知られる医学博士の養老孟司氏と、テレビでは「平成の色男」を演じつつも、素顔では社会の在り方に真摯に一石を投じてきた石田純一氏の二人をコメンテーターに迎え、文化放送のアーカイブに残されてきた貴重なニュース音声とともに時代を振り返っていきます。


途中、今上天皇による「退位礼正殿の儀」の模様も宮内庁から生中継。さらに小泉純一郎氏(元首相)、鳩山由紀夫氏(元首相)、原晋氏(青学陸上部監督)ら、政界、スポーツ界、芸能界など様々な分野の著名人たちが「平成」について振り返ったインタビューもお送りします。


特番概要

■番組名

『文化放送報道スペシャル 平成とは』

■放送日時

2019年4月30日(火)午後3時30分~5時50分(生放送)

※途中、午後4時30分から5時30分までは全国ネット特番(生放送)
STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、ラジオ福島、新潟放送、山梨放送、北陸放送、福井放送、静岡放送、東海ラジオ放送、京都放送、ラジオ大阪、和歌山放送、山陽放送、中国放送、山口放送、四国放送、西日本放送、南海放送、高知放送、九州朝日放送、長崎放送、ラジオ沖縄

■進行役

鈴木敏夫(文化放送報道部長)

石川真紀(文化放送アナウンサー)

■ゲスト出演

養老孟司氏(医学博士 東大名誉教授)

石田純一氏(俳優 タレント)

■収録コメント

小泉純一郎氏(元首相)

鳩山由紀夫氏(元首相)

村尾信尚氏(キャスター)

原晋(青学陸上部監督) ほか




膝をついて、手を握る ~天皇陛下が皇后さまと歩いた被災地

heisei2

文化放送は、4月30日(火)午後3時30分から9時30分まで6時間にわたり「平成」をテーマにした特別編成でお送りします。午後5時57分から7時00分は、特別番組『膝をついて、手を握る ~天皇陛下が皇后さまと歩いた被災地』を放送します。


平成は大災害が相次いだ時代でした。1995年に発生した阪神淡路大震災の10年の追悼式典で、天皇陛下に渡されたのは一粒のひまわりの種。犠牲者のひとりで当時小学6年生だった加藤はるかさんの自宅の跡地に咲いた「ひまわり」の種でした。この種を御所の一角に植えた天皇・皇后両陛下は14年間に渡って大事に育ててきました。

今年1月16日、「歌会始の儀」。天皇陛下が詠んだ歌は「ひまわり」でした。


「贈られし、ひまはりの種は生え揃ひ、葉を広げゆく初夏の光に」


お二人は、平成の31年間、どのような思いで、戦禍に散った人々の生きた証を目に焼き付け、被災地に向かい靴を脱いで膝をつき、背中をさすり、目を見つめがら、温かいまなざしと言葉を添えてきたのでしょうか。

番組では、加藤はるかさんの姉、いつかさんに「はるかのひまわり」を大切に育てられた両陛下への想いを伺います。

また東日本大震災で大きな被害が出た宮城県南三陸町では、避難所となった中学校の体育館で、どんなに勧めてもスリッパを履かず、膝を床について手を握り被災者をいたわられた両陛下とのエピソードを佐藤仁町長が語ります。

このほか、津波被害から再建した工場で両陛下の視察を受けた宮城県女川町の水産会社の社長や、視察のために宿泊された両陛下との再会を待ち望む岩手県大槌町のホテル経営者らにお話を伺います。

被災地で両陛下と触れ合った人々の証言から、陛下の言葉「国民の安寧と幸せを祈る」にこめられた意味に思いをめぐらせます。


特番概要

■番組名

『膝をついて、手を握る ~天皇陛下が皇后さまと歩いた被災地』

■放送日時

2019年4月30日(火)午後5時57分~7時00分(録音) 

■ナレーション

鈴木純子(文化放送アナウンサー)

■出演

佐藤仁さん(南三陸町町長)

山本丈晴さん(女川町の水産会社社長)

千代川茂さん(三陸花ホテルはまぎく社長) ほか




君は覚えているか? 平成スポーツ 声の遺産

heisei3

左から荻原次晴、生島淳(敬称略)


文化放送は、4月30日(火)午後3時30分から9時30分まで6時間にわたり「平成」をテーマにした特別編成でお送りします。午後7時00分から9時30分は、スポーツ特番『君は覚えているか? 平成スポーツ 声の遺産』を放送します。


メインパーソナリティは、スキーノルディック複合の長野オリンピック日本代表で、荻原兄弟の弟、荻原次晴。文化放送では、日曜日の『スポスタ☆MIX ZONE』などで活躍中です。ジャンルを超えた話題の広さとトーク力で、オリンピックを中心に平成のスポーツを楽しく振り返ります。


ゲストには、「箱根駅伝ナイン・ストーリーズ」など数多くのスポーツ関連の著書で知られ、TⅤラジオでも活躍するスポーツジャーナリストの生島淳氏、進行役は、平成元年に入社し30年に渡ってスポーツ中継を担当してきた長谷川太アナウンサーと平成生まれの舘谷春香アナウンサーが務め、平成の時代の終わりを見つめながら、時代を彩ったスポーツ名場面を、アスリートたちの懐かしいインタビューを中心に振り返ります。

音だけで聴くアスリート達の声からは、そこに隠された心の機微が浮かび上ってくるはずです。


【予定コーナー】

・君は覚えているか? 平成、あの場面 あの声

・ベタでごめんね~あの名場面といえばこの音楽でしょ


特番概要

■番組名

『文化放送ライオンズナイタースペシャル 君は覚えているか? 平成スポーツ 声の遺産』

■放送日時

2019年4月30日(火)午後7時00分~9時30分(生放送) 

■出演

荻原次晴(スポーツキャスター、元ノルディックスキー複合日本代表)

生島 淳(スポーツジャーナリスト)

長谷川太(文化放送アナウンサー)

舘谷春香(文化放送アナウンサー)

最新記事

  • 超A&G
  • 文化放送SNS
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • Animelo Summer Live 2019 -STORY-
  • 浜祭
  • さかいゆう10th Anniversary Special Live