インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.07.10

ONIGAWARAが語る「昆虫食の未来」とは? 『QR→NEXT ONIGAWARAのこんな感じ』

QR→NEXT QR→NEXT

次世代パーソナリティ発掘を目的に配信している『文化放送 QR→NEXT』。第3弾となる今回は、スーパーJ-POPユニットのONIGAWARA」による『ONIGAWARAのこんな感じ』を配信中です。


#01では、ONIGAWARAである斉藤伸也さんと竹内サティフォさんのプロフィールや経歴などを紹介していく中で、昆虫食のお話に。なんでも、斉藤さんは昆虫を食べた経験が多いようです。


昆虫食はアジアや南北アメリカ、アフリカなど100に迫る数の国で食べられています。食用される昆虫は、豊富なタンパク質やミネラルを含み、生態学・経済学の観点からみても非常に効率の良い食料です。また、近年では各方面から注目されており、「地域固有の食文化として積極的に見直される」、「宇宙食としての研究がされる」、「国際連合食料農業期間(FAO)によって食糧難対策として評価される」など、将来性が高い分野と言えるでしょう。


そして、今回の『QR→NEXT ONIGAWARAのこんな感じ』#02でも冒頭から昆虫食の話題が飛び出しました。



斉藤伸也は本当に虫を食べられるのか?

昆虫食は、注目の高い食文化とはいえ、忌避感がある方がいるのもまた事実です。オープニングトークでは、そんな話題から。


竹内 昨日ライブだったじゃないですか

斉藤 そうだね

竹内 昨日、お客さんに「斉藤さんは虫食べれるんですか?」って(笑)

斉藤 ああ。めちゃくちゃ心配されたよね

竹内 めっちゃ(笑)。「あの、やりたくてやってますか?」って(笑)

斉藤 「嫌だったら、嫌って言ってくださいね」って

斉藤&竹内 (笑)

竹内 結構ね、ガチ目なトーンで言われた

斉藤 (ガチ目なトーンで)言われたから、こっちがなんか不安になっちゃった(笑)

竹内 (笑)


その後、「僕たちフリーでやってるんで、やりたくないことはやりたくないって言えるんですよ」「俺たちもトライしてみたいって気持ちがあったから」とファンを安心させるような発言もありました。



昆虫食には未来がある

昆虫食という新たな食文化をつくるべく、毎週昆虫を実際に食べておいしいかジャッジする「今週の虫」のコーナー。各機関で注目のジャンルということもあり、「非常にアカデミックなコーナー」と紹介された当コーナーの初回は、おたより紹介から始まりました。


◆おたより

斉藤さん、サティフォさん。

ぜひ、カブトムシを食べてみてほしいです。

なんでも、オスとメスで味が違うらしいです。

よかったら食べ比べてもらって、感想をお聞きしたいです。


竹内 カブトムシですよ......

斉藤 やっぱりね、あんまゲテモノみたいな感じで扱いたくないよね

竹内 そうだね

斉藤 そう。これからの食の未来というか

竹内 うん

斉藤 みんなはやっぱり虫って抵抗あると思うんですけど

竹内 うん

斉藤 ここに新しい食料の未来があるよと

竹内 そういうことですよ

斉藤 そういうことをね、俺ら示していけるかなーっていう感じなんですけど

竹内 なにがあるかわかりませんからね、本当に

斉藤 まあ......すげえびびってますね

斉藤&竹内 (笑)



昆虫を食べておいしいかジャッジ

そして、実際に用意されたカブトムシは「熱風でカラカラに乾かしたタイプ」でした。こうした処理を施すことによって雑菌などの心配がなくなり、食品として摂取する準備が整います。「どうですか?」と聞く竹内さんに、斉藤さんは「そのものですね!」「団地の階段の横にあるよね?(笑)」とのコメント。未来の一翼を担う昆虫食、果たしてどういった味なのでしょうか?


斉藤 なんかエスニック味みたいのついてるのかなーって、ちょっとそういう優しさみたいの期待したんですよ

竹内 味付けがね

(スタッフがオフマイクで発言)

斉藤 あ、塩味ついてんのね!

竹内 塩味で素材のよさを

斉藤 あー、なるほど

竹内 熱風でカラッカラにやってますから(笑)。油でじゃないですよ、熱風でいってますから

斉藤 油の勢いでいけるとか、そういうことではないんですね

竹内 そうじゃないと本来の味殺しちゃうんで

斉藤 あー......。本来の味知ってんのかよ、ほんとに?

竹内 知らないですよ(笑)


今回はメスしか用意できなかったようです。また、まずは香りを確かめることに。斉藤さんからは「部屋で嗅いだことある」「俺の布団とかこういうにおいだよ」とのレポート。

onigawara

そして、ついに実食へ。噛むたびに香ばしい音がしており、竹内さんからは思わず「すごいいい音がしてますね」とのコメントが。斉藤さんの感想はどうでしょうか?


斉藤 あっ、おいしいよ、これ! おいしいおいしい!

竹内 おいしい......

斉藤 おいしかぁねぇな

竹内 (笑)。どっち(笑)。2個目いく!?

斉藤 うん、全然食える

竹内 まじ? え、ちょっと待って。どんな味?

斉藤 ......なんだろうね、これ? 今まで食べたことない味であることは

竹内 苦い?

斉藤 ......苦くない

竹内 甘い?

斉藤 ......甘くない

竹内 (笑)

斉藤 なんだろう、これ......


結局、斉藤さんは3個のカブトムシを食しました。何度も「なんだろう?」と自問し、「筆舌に尽くしがたい。未経験」と言う場面もありましたが、最終的には「そら豆のフライ的な感じがある」と鋭い目で語り、「スナック菓子の味がついたら結構おいしいと思う」と評しました。



当番組では、新しい食文化をともに切り開く仲間を募集しています。下記のメールアドレスから、斉藤さんに食べてほしい昆虫食をお送りください


また、『QR→NEXT ONIGAWARAのこんな感じ』は他にも様々なジャンルについて語らっています。こちらにもご注目ください。



番組概要

■番組名

文化放送 QR→NEXT ONIGAWARAのこんな感じ

■パーソナリティ

ONIGAWARA(斉藤伸也、竹内サティフォ)

■メールアドレス

next@joqr.net

■Twitter

https://twitter.com/QRNEXT

■配信場所

YouTube 文化放送チャンネル

https://www.youtube.com/user/fukumimi1134/playlists

最新記事

  • 超A&G
  • 文化放送SNS
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • Animelo Summer Live 2019 -STORY-
  • 浜祭