インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.10.15

「Project ANIMA」一般WEB投票による二次審査を開始 アニメ『サクガン!!』ヒロイン声優オーディション

Project ANIMA

文化放送が、DeNA・創通・毎日放送の3社と共同で行っているオリジナルアニメ創出プロジェクト「Project ANIMA」。その原案公募コンテストで選出され、テレビアニメ化が決定した作品『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』のヒロイン公開オーディションの一次審査合格者が決定しました。10月15日より、二次審査の一般投票を開始します。


このたびのオーディションでは、2019年8月4日から9月16日までの募集で、プロ・アマ含め約1,400名(プロ:約300名、一般:約1,100名)からの応募がありました。その後、当プロジェクト主催の文化放送・DeNA・創通・毎日放送4社と、関係社のサテライト・東北新社・青二プロダクションによって一次審査を実施。審査を通過した合格者は以下の20名です。

Project ANIMA

1_朝倉天音

2_阿部菜摘子

3_小畑かのん

4_金﨑茉央

5_神木祐希

6_川上七菜

7_白鳥佐奈

8_薛佳奈

9_千歳ゆず

10_辻みらい

11_なな子

12_成田友紀

13_橋本りお

14_はちみちゅえりー

15_堀場美希

16_丸山華

17_宮城琴音

18_羊宮妃那

19_吉田華美

20_渡辺明佳

(五十音順)


そして10月15日より、一般投票によるウェブでの二次審査を開始します。合格者全員の写真・プロフィール・ボイスサンプル音源がアップされた特設ページより、メインヒロイン「メメンプー」役に合った声優に投票するシステムで、誰でも3票まで投票が可能です。投票期間は、10月15日(火)19時00分から2019年10月31日(木)23時59分まで。投票数が多かった順に、上位5名が最終審査に進みます。


(以下2019年8月2日発表済)

最終審査は、特別審査員として、Project ANIMAのアンバサダーである声優・緑川光と、同プロジェクトと連動した文化放送の番組『真夜中のラジオ文芸部』でパーソナリティを務める声優・豊永利行が就任。両者とも『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』への出演が決定しています。このオーディションの最終審査の模様は、2019年12月8日(日)にProject ANIMAが配信するYouTube Live・Periscopeで生配信されます。

アマチュアの応募者が合格した場合は、同時に大手声優事務所・青二プロダクションへの所属が決定し、プロ声優としての道が開けることになります。


記事リンク

【関連記事】
Project ANIMA アニメヒロインの公開声優オーディション開催! 青二プロへの所属も



「Project ANIMA 声優オーディション」概要

■二次審査 投票方法

特設WEBページ(http://www.joqr.co.jp/project_anima_audition/)より投票

■スケジュール

(二次審査期間)10月15日(火)~10月31日(木)23時59分 一般投票

(二次審査結果)11月11日(月)HPにて発表

(最終審査イベント)12月8日(日) ※イベント模様を「YouTube Live」「Periscope」にて生中継



参考資料

◆物語あらすじ

Colony

遠い未来、人類は岩盤に隔てられた『コロニー』で肩を寄せ合い生きていた。

コロニーの外には危険な未開地帯『ラビリンス』が広がり、

命を懸けて『ラビリンス』を開拓する者たちは

未開に印付ける者、すなわち『マーカー』と呼ばれた。

マーカーになりたい少女・メメンプー、マーカーをやめた男・ガガンバー。

そんな凸凹な父娘が今、ラビリンスに挑む!


◆「メメンプー」について

年齢:9歳

一人称:私

趣味:機械いじり


概要:主人公・ガガンバーの娘で9歳。父と二人で地下世界のコロニー「ピンイン」で暮らしながらも、外の世界へ憧れ、「ここは自分のいるべき場所ではない」と感じている。過剰な知的好奇心をもち、機械いじりに長けている。


※オーディション参加者の皆様には原作小説をお読みいただき、そこから役を作っていただけたらと思います。

※通常のオーディション原稿に記載されている、シチュエーションや感情の説明はあえて外しています。

※原作小説「削岩ラビリンスマーカー」 https://estar.jp/novels/25116155


メメンプー
メメンプー
メメンプー

◆「メメンプー」セリフ

オーディション内で、以下の全セリフとCMナレーションをボイスサンプルとして提出


(セリフ①)「マーカーはな、すごいのだ。絶景のコロニーを撮影し続ける女性マーカー、ウロロップは知っているだろう? 彼女の功績は大きい。何せ巨人族が住むガボガガ・コロニーの撮影に成功したのだからな! 巨人たちが住む場所は、最も地上に近いのではないかと言われていて......」


(セリフ②)「なあ、ガガンバ.........その...ありがと」


(セリフ③)「私は......な。ただ悲しくて苛立っているのではないのだ。あんなことがあったのに、ケントたちが死んだのに......私も死ぬかもしれなかったのに......。まだ旅をしたいと思ってしまうのだ。おかしいだろう」


(セリフ④)「ガガンバは嘘つきだ! 覚悟を決めた筈なのに! 見損なったぞ!」


(セリフ⑤)「それに......ガガンバは私を助けてくれた......。昔とは違う。今のガガンバは......今のガガンバが信じるものを貫いた。私には......それで十分だ」


(セリフ⑥)「ふむ、ジャガイモも柔らかくてとろけるようだぞ。うちのチームで使える人間順位三位に昇格だなッ!」


(セリフ⑦)「ガガンバ! これを撃った衝撃も計算しておいてくれ! おおざっぱでも良いから、方向だけは間違えるなッ!」


(セリフ⑧)「ガガンバ、私は何があっても......ガガンバを守る。だから......安心し......て......」


(「Sacks&Guns!!(サクガン!!)」 CMナレーション)

「人類が地下コロニーに住まう世界。その外の世界『ラビリンス』を開拓する者たちは、未開に印(しるし)を付ける者、すなわち『マーカー』と呼ばれた。マーカーになりたい9歳の少女・メメンプー、そしてマーカーをやめた父・ガガンバー。そんな凸凹な父娘(おやこ)が今、ラビリンスに挑む!テレビアニメ『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』は、2021年、放送開始!」



最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 浜祭