毎週日曜日17:00~17:27 文化放送AM1134

みのもんたのニッポンdiscover again

12月14日のアーカイブ音源

↓↓↓ こちらでお聴き頂けます!


放送を聴く

みのもんたのニッポンdiscover again2014年12月15日(月) 20:00

12月21日の放送告知

12月14日の「みのもんたのニッポン discover again」


倉本聰さんのお話は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


12月15日(月)20時から12月22日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます。


さて、次回のゲストも、倉本聰さんです。


もうすぐ80歳になる倉本さん。でも、〇〇歳になると、体の芯に力が無くなるとか。そして、髪の毛にも〇〇〇(漢字三文字)が無くなるとのこと。


いやいや、そんなことを感じさせないほど、お元気でした。


今度は富良野の話を中心に、倉本さんが富良野にいる理由、需要と供給の話、経済優先主義への警鐘、日本人が忘れたものなど、私たちがもう一度考えなくてはならない話題が続々と出てきます。


そして富良野塾の起草文は、是非、一度、読んでみてください。


後世に語り継ぎたい名文です。


富良野塾のホームページからご覧になれます。


次回の放送もお聴き逃しなく!


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年12月14日(日) 20:04

12月14日の放送告知

12月7日の「みのもんたのニッポン discover again」


真田幸村の兄・信之を先祖に持つ、眞田家14代当主、眞田幸俊さんのお話(2週目)は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


12月8日(月)20時から12月15日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます。


さて、次回のゲストは、倉本聰さんです。


IMGP1244 倉本さん.jpg


倉本さんは、1935年生まれ。


東大文学部を卒業後、ニッポン放送へ。


その後、脚本家に転身し、富良野塾を主宰しています。


代表作は「北の国から」、「前略おふくろ様」、「昨日、悲別で」など、数えきれません。


収録時、素敵なステッキを片手にスタジオに入った倉本さん。


これまで福島第一原発で故郷を失ったの人々の叫びに耳を傾け、何度も福島を訪れ、心を寄せてきました。


と同時に、あの原発事故の記憶が風化していることに、激しい憤りと悲しみを感じています。


「原発事故が起きた時、人はどのような行動をとるのか・・・」


そう語る倉本さんが描きたかった作品が、来年1月10日から18日まで、富良野演劇工場で行われる、富良野GROUP公演「ノクターン 夜想曲」です。


地震、津波、原発事故・・・ふるさとを捨てて行く男の悲しみ、ふるさとを追われた人々の姿とは・・・


「ノクターン 夜想曲」は、その後、北海道、岩手、福島・南相馬でも上演。


2月4日から8日までは東京・新国立劇場・小ホール(初台)で行われ、その後、全国ツアーが展開されます。


今回は、倉本さんに福島への思いや「ノクターン 夜想曲」の作品づくりについて伺いました。


倉本さんの言葉に、じっくりと耳を傾けてみてください。


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年12月 7日(日) 21:19

緊急告知!みのさん、生涯初の書店サイン会を開催!!

いつも番組をお聴き頂き、ありがとうございます。


この度、みのさんが本を出します!!12月10日水曜日発売。


タイトルは・・・「敗者の報道」

「敗者の報道」カバー.jpg


本の刊行を記念して、みのさんが生涯初の書店サイン会を開催することになりました。


本の発売日の12月10日水曜日、JR有楽町駅・駅前にある東京交通会館1階の三省堂書店・有楽町店で、
「敗者の報道」を購入頂いた方、先着100名に整理券を配布します。


サイン会の会場は、三省堂書店・有楽町店と同じビルにある東京交通会館12階のカトレアサロン。


18時開場です。


当日は公開記者会見も開催されます。


皆様のお越しをお待ちしております!


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年12月 2日(火) 19:57

12月7日の放送告知

11月30日の「みのもんたのニッポン discover again」


真田幸村の兄・信之を先祖に持つ、眞田家14代当主、眞田幸俊さんのお話は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


12月1日(月)20時から12月8日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます。


さて、次回のゲストも、慶應大学理工学部教授の眞田幸俊さんです。


眞田さんは学生時代、大学で数学の授業を受けていたら、授業の後でその数学教授から声をかけられたとか。


「君は、何か眞田家と関係があるの?」


「14代当主です」と答えた眞田さん。


その教授の先祖は、かつての眞田家の家臣!眞田さんを見て、とてもビックリしていたそうです。


時を超えて、こうした出会いがあるんですねぇ。


ちなみに、再来年(2016年)のNHK大河ドラマは「真田丸」です。


真田幸村の生涯を描く大作として期待されていますが、そのお兄さんの信之を先祖に持つ、眞田幸俊さんは、「将来は、もっと眞田家のことを研究したい」と語っていました。


次の放送では、学習院時代の同級生、帰国子女だった奥様のこと、2人のお子さんのこと、大学で教える電子工学などについての話題が出てきます。


どうぞお楽しみに!!


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年11月30日(日) 17:30
番組へのお便り
〒105-8002 
文化放送「みのもんたの
ニッポンdiscover again」係
パーソナリティ

みのもんた

番組概要

歴史・文化・芸能・スポーツなどに造詣が深いみのもんたが【東京】【日本】【時代】【人間】をテーマに、各界の著名人をゲストに迎え、対談を通じて、日本の伝統・文化、日本人の生き方など様々な事象を掘り下げ、「再発見」し、未来につながる理想の日本、そして日本人の姿を描き出します。

ページTOPへ戻る