毎週日曜日16:00~16:30 文化放送AM1134

みのもんたのニッポンdiscover again

8月17日のアーカイブ音源

↓↓↓ こちらでお聴き頂けます!


放送を聴く

みのもんたのニッポンdiscover again2014年8月18日(月) 20:00

8月24日の放送告知

8月17日の「みのもんたのニッポン discover again」


作家・半藤一利さん(2週目)のお話は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


8月18日(月)20時から8月25日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます!


さて、次週のゲストも、「昭和史の研究」がライフワークの作家、半藤一利(はんどう・かずとし)さんです。


「戦争を始めるのはたやすいが、終わらせるのは難しい」という半藤さん。


日本の歴史の中で、「活かせる教訓」は何か?


「日本の進路」を決めるリーダーがすべきことは何か?


そして、私たち国民が考えるべきことは何か?


示唆に富んだ 半藤さんとみのさんとの対談 お聴き逃しのないように。


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年8月18日(月) 08:08

8月17日の放送告知

8月10日の「みのもんたのニッポン discover again」


作家・半藤一利さんのお話は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


8月11日(月)20時から8月18日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます!


さて、次週のゲストも、「昭和史の研究」がライフワークの作家、半藤一利(はんどう・かずとし)さんです。


昭和20年8月15日、「終戦の日」を15歳で迎えた半藤さんには、悲惨な「戦時体験」があります。


それゆえに、戦争をテーマにした昭和史の研究を続けていらっしゃいますが、


8月17日の放送では「ポツダム宣言受諾の経緯」 や 「戦後の遺骨収集の問題点」など、


学校で習わなかった日本の近現代史をうかがいます。


お聴き逃しのないように!


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年8月11日(月) 05:51

8月10日の放送告知

8月3日の「みのもんたのニッポン discover again」


萩本欽一さんのお話(3週目)は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


8月4日(月)20時から8月11日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます!


さて、次週のゲストは、「昭和史の研究」がライフワークの作家、半藤一利(はんどう・かずとし)さんです。


IMGP1117  hando.jpg


1930年(昭和5年)、東京・向島に生まれた半藤さんは、中学生の時に「東京大空襲」を経験し、九死に一生を得ました。


疎開先の軍需工場で終戦を迎えた半藤さんは、その後「東京大学」に進み卒業。


1953年、「文芸春秋」に入社。「週刊文春」、月刊誌「文藝春秋」の編集長を経て、専務取締役、同社顧問を歴任。


著書に「ノモンハンの夏」、「昭和史」、「あの戦争と日本人」など昭和を記録した作品を数多く発表しています。


半藤さんだからこそ伝えられるお話、お聴き逃しのないように!


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年8月 4日(月) 15:15

8月3日の放送告知

7月27日の「みのもんたのニッポン discover again」


萩本欽一さんのお話(2週目)は、いかがでしたか?


放送を聴き逃してしまったという、あなた!!


7月28日(月)20時から8月4日(月)17時まで、こちらのブログ内で、アーカイブ音源をお聴き頂けます!


さて、次週のゲストも、萩本欽一さんです。


コメディアンとして一世を風靡した萩本さんは、かつてない「素人いじり」で天才ぶりを発揮し、
新たな境地を拓くとともに、有名人の隠れた魅力を引き出す術にも長けていました。

人の魅力を引き出す"欽ちゃんマジック"はどのように生まれたのか?


その秘密は、今週の放送で明かされます。


じっくりとお楽しみください。


スタッフ一同

みのもんたのニッポンdiscover again2014年7月28日(月) 05:38
番組へのお便り
〒105-8002 
文化放送「みのもんたの
ニッポンdiscover again」係
パーソナリティ

みのもんた

番組概要

歴史・文化・芸能・スポーツなどに造詣が深いみのもんたが【東京】【日本】【時代】【人間】をテーマに、各界の著名人をゲストに迎え、対談を通じて、日本の伝統・文化、日本人の生き方など様々な事象を掘り下げ、「再発見」し、未来につながる理想の日本、そして日本人の姿を描き出します。

ページTOPへ戻る