インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2020.12.25

女性が輝く社会とは #2『浜松町Innovation Culture Cafe』


日本で就業している女性は海外と比べても少ない、といったことはありませんが、管理職についている女性は海外と比べると少ないと、これまでのデータ等では分かります。


日本の女性で昇進を自ら望む人はそれほど多いわけでは無いようで、昇進を望まない理由として「仕事と家庭の両立が困難」、「周りに同性の管理職が居ないから不安」という点がある様です。日本では欧米と比べれば昇進時期が遅く、昇進できるタイミングが女性の子育て期に当たることも問題として取り上げられるケースは少なからずあります。


海外などでは正規雇用の状態であっても労働時間を調整することが出来るなど、女性の働きやすさにより意識が置かれているようです。


日本では女性は家庭に居るものといったイメージや子育てに尽力するものといった考え方がありますが、しかし、そういったことをやりたいか、向いているか、は全く考慮されていないものです。ただ、そうあるものという概念が邪魔をし、周囲から圧力を感じるかもしれません。しかし、実際は男性に向き不向きがある様に女性も同様です。女性は、そういった圧力などから可能性を諦めてしまうことが多いのでは無いかと感じます。徐々に女性起業家も増えてきている印象は受けられますが、それでも女性が表立った活動をされていることは多くはありません。


女性はライフステージの変遷が男性よりも多く、仕事にだけ集中できる期間も少ないことが原因もあるかもしれません。現在では働く女性にむけたサービスなども多く展開されています。そういったサービスを活用することや自身のライフステージを見極めて周囲を頼ることで女性の働きやすさを改善できるかもしれません。


ただ、女性だけが意識すれば変化が訪れるというわけではありません。男性優位社会などと言われる様に男性側も、どの様になれば女性が働きやすいのかを考慮する必要があります。様々なサービスがある現代において、便利なサービスを知っている、活用できる、といった面も大きな作用になってくるのでは無いかと思います。


女性が働きやすくなり、社会に多く進出することで社会はより躍進できます。多様性が求められている現状、様々な個性が社会に貢献できる可能性を秘めています。女性には女性の強みとなる知見がありますし、女性だから、で諦める理由にはならない社会を目指していきたいですね。




2020年12月14日の放送では、引き続き日経WOMAN編集長の藤川明日香さんと、ビザスク代表取締役CEOの端羽英子さんにご参加いただき「ウーマン・オブ・ザ・イヤーの価値」から「女性が輝くには」について熱いトークが繰り広げられました。


「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」の価値

藤川 社会に埋もれがちな女性のロールモデルを発掘するというコンセプトがあります。昔は男性ばかりの企業で役員になった方々が受賞されたりはしていましたが、今では起業家が増えてきました。圧倒的な成果を出した方や時代にあった起業であるなど、ロールモデルがどんどんと変わって多様になっておりハードルも上がってきています。


入山 本当に日本で頑張っている方々を見つけるのが上手ですよね。毎回感動しますね。


女性が輝くには

端羽 子供ができた頃に女性だから成功率が低いと言われることがあり、そんなことがあるのか、と驚きがありましたね。様々なライフイベントによって女性は自身にプレッシャーをかけすぎてしまうことでポテンシャルを活かせていないと思います。思い込みの様なものがあって、子供は母親の手で育てるもの等いいますが、アウトソーシングに頼っても良いかとは思います。仕事と家庭という両方の負荷をもっと減らしていくべきだと思いますね。


藤川 男性にも呪縛があるという話題がありますね。それが向かない人もいますし、女性と同じで別のプレッシャーがあるんですよね。出世しないといけない、家庭を支えないといけないというプレッシャーがありますよね。


端羽 女性が輝き出すことで、それは男性にもメリットがあって、そういったプレッシャーを打ち消していけるんですよね。互いが互いを尊重しあっていけると思います。お互いの長所を活かしていくことが社会のためでもあると思いますね。女性にも知見はあるので、それをしっかりと認識して強みとして活かして頂きたいですね。


浜松町Innovation Culture Cafe

放送日:月曜 19:00~19:30

出演者:入山章栄

メール:innovation@joqr.net

過去回:Podcast


毎週月曜日、午後7時から放送している『浜松町Innovation Culture Cafe』。パーソナリティは早稲田大学ビジネススクール教授の入山章栄さんが担当します。

当番組はさまざまなジャンルのクリエーターや専門家・起業家たちが社会問題や未来予想図などをテーマに話す番組です。自身の経験や考え、意見をぶつけて、問題解決や未来へのヒントを探ります。

twitter ツイート facebook シェア LINEで送る

最新記事

  • 補助金広告
  • ラジオCM2020
  • 超A&G
  • YouTube
  • 文化放送Twitter
  • ASMRTwitter
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO