インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2020.07.21

『文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ』

文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ

2001年8月の「隠蔽放送所」発掘作業

文化放送は、8月10日(祝・月)から15日(土)までの6日間、「文化放送 戦後75年ウィーク」と題して、特別番組および特集を放送します。8月15日(土)午後6時00分からは、特別番組『文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ』を放送します。


文化放送では今年3月より、戦後75年という長い時間の中で埋もれ、誰も語り継がない史実としての戦争「封印された真実」を発掘していくシリーズ企画『封印された真実』をお届けしており、8月15日(土)に放送するこの『文化放送戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ』は、シリーズ2作目となります。


パーソナリティを務めるのは、今回もアメリカ人の詩人アーサー・ビナード氏で、2015年に戦後70年企画として放送した番組『アーサー・ビナード 探しています』のパーソナリティも務めました。


文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ

(左)柿沼久雄さん(元NHK技術者)(右)アーサー・ビナード

第2回目となる今回は、戦時中、軍属的にラジオが果たしたプロパガンダ放送と防圧放送をテーマに放送します。太平洋戦争中、米軍は日本に向け、日本は米軍に向けたプロパガンダ放送を展開します。プロパガンダ放送を国民に聴かせたくない日本政府は、各地で「防圧放送」と呼ばれる妨害電波の放送を行っていました。さらに、現在の文化放送のAM(中波)地上波送信所(埼玉県川口市)は、かつて日本放送協会(現NHK)の放送施設だった関係で、地下にその「隠蔽放送所」が建設されたことが発掘調査により明らかになっています。


文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ

(右)山本武利さん(早稲田大学・一橋大学 名誉教授)

番組では、サイパンから米国が日本に向けて放送したAM(中波)によるプロパガンダ放送の第1回放送を当時の貴重な原稿をもとに再現します。また様々な記録と証言から日本が終戦年に行った「防圧放送」の音声も再現してお届けします。


戦時におけるラジオ放送は、敵国に対する「兵器化」し、メディアとして本来の使命と真逆の役割を担ってしまいました。そうした「負の事実」と向き合いながら戦後75年の今、封印された真実を解き明かしていきます。


文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ

(左)川崎隆章さん(放送史家)


文化放送 戦後75年スペシャル 封印された真実~軍属ラジオ

放送日時:2020年8月15日(土)18:00~18:57

パーソナリティ:アーサー・ビナード(詩人)

アシスタント:鈴木純子(文化放送アナウンサー)

放送後より聴取可能

twitter ツイート facebook シェア LINEで送る

最新記事

  • 補助金広告
  • ラジオCM2020
  • 超A&G
  • YouTube
  • 文化放送Twitter
  • ASMRTwitter
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO