インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.05.29

神谷浩史が物語シリーズ10周年イベントについて熱く語る『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜』

20161003211742-R7B1N.png
音声配信は終了しました radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

文化放送で毎週土曜日25時から放送中、人気声優二人がお送りする『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』。5月25日(土)の放送では、神谷さんが出演した物語シリーズ10周年イベントの感想メールが届き、詳細な内容が語られました。物語シリーズとしてはほとんど初めてのイベントということですが、一体どういった内容だったのでしょうか?


■関連記事
【放送レポ】青二は"ぶっちぎりのやっべぇ事務所"!? 『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜』



お便りの内容
一言で言ってしまえば、完璧な公演でした。

10年続いている物語シリーズでも、初の生朗読が実現するということで、始まる前から大変期待しておりました。実際始まってみると、一本の大きなストーリーの中に歌も自然に混ぜてあって、出演者も最後までキャラクターとしてだけ存在していて、本当に感動しました。

私は羽川さんが好きなのですが、羽川さんの「さようなら、私の初恋の人」、暦の「さようなら、僕の初恋じゃない人」というセリフから、チョコレートインソムニアを歌う流れが切なくて号泣してしまいました。キャストもほとんど揃っていて本当に豪華で、生バンドでの歌唱......。特別な公演だったのですが、でも、いつもの物語シリーズを見ているような不思議な気持ちでした。本当に夢物語でした。



142068508.gif

【好評発売中】
神谷浩史+小野大輔「SPEEDILLUSION」



猛烈なる"赤字"イベント?

『物語』シリーズ アニメ化10周年記念ということで開催された今回のイベント。その内容は驚きの豪華さだったようで──


神谷「西尾維新先生原作のですね、物語シリーズという原作がありまして。そちらの方はアニメ化させて頂いて10年になるんですけれども、僕はその主人公の阿良々木暦という役をずっとやらせていただいている中で、今回イベントをやりたいと。基本的に物語シリーズって今までほとんどイベントを打ったことがなかったんですよ。なので、ほとんど初めてのイベントで。内容としてはオープニングがほとんどキャラソンなので(中略)それを披露しつつ、西尾維新先生書き下ろしの朗読をやるというもので、それを全部生演奏で披露するという」


小野「えぇ~、豪華」


神谷「なおかつ『映像収録はしません』『1回限りです』というような、"猛烈なる赤字イベント"だったんですよ」


小野「(笑) なるほどね(笑)」



キャストとスタッフ全員で創り上げたイベント

西尾維新先生書き下ろしの朗読をステージで披露したという神谷さん。魅力的でありながら難解な文章を、"生"で"映像つき"でお送りした舞台裏を熱く語っていきます。


神谷「お届けするこちらにしてみるとやっぱりこう、なんて言うんですかね。西尾先生の文章を、生で皆さんにお届けするって結構大変なんです。文章自体がとても魅力的ではあるんですけど、難解なので。で、やっぱりテンポもありますから。そういうものをアニメーションでやるぶんには、スタジオでやるぶんには、やっぱりリテイクだったりとかしながら一番いいテイクをつないでいって、映像に当てはめていってお届けできるので」


小野「そうだね」


神谷「まあ自信を持ってやれるんですけれども、それを生で、なおかつ映像チームも実は我々のセリフに合わせて、どんどん映像切り替えていってるので、まぁほんとアニメーションを見るかのような形で、皆さんにお届けできていたんだと思うんですよね」


小野「うんうんうん」


神谷「だから映像チーム、演技部、音楽チーム、とにかく全てのスタッフが自分の仕事を十二分にしたからこそ、たどり着いたというか、皆さんにその満足をお届けできたイベントだったんだと思います」


小野「うーん」


神谷「ま、こちらとしてみたらやっぱ相当ハードルが高かったんですけれども、本当に無事に終了することができてよかったですよ」



あの沢城みゆきさんが○○○に!?

総勢12名の『物語』シリーズ声優が出演した今回のイベント。とはいえ、スケジュール都合で出演できなかった方もいたようです。沢城さんもその一人だったそうですが、どうしても出たかった彼女が驚くべき行動を!?


神谷「残念ながらステージには立つことがなかったキャラクターもいたりとかして、まぁ、手紙という形で、朗読という形で、参加してる櫻井孝宏だったりとか。ま、"電話と会話している"というような形で参加してる沢城みゆきだったりとかっていうのがあったんですけど。まぁ~これがまた、みゆきがですね。『なんでアタシは出られないんだ』と」


小野「あぁ......」


神谷「『ねぇ兄(にぃ)、今週末あるじゃん』って話をされて『おお、どうしたどうした』って言って。『なんでアタシは出られないの......?』っていうことをあいつ喋ってるうちに──」




その後も、神谷さんは「全ての総合力が集結して、一番いい形でお届けできていたと思う」と語り、「引き続きお付き合いいただけたら」と締めました。『Dear Girl~Stories~』では、引き続き神谷さんと小野さんの、ラジオ以外の声優としての活動についてもご紹介していきます。



番組概要

■タイトル

『神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜』

■パーソナリティ

神谷浩史

小野大輔

■放送時間

毎週土曜日 25時00分~25時30分

■メールアドレス

dgs@joqr.net

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO