インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.04.17

高田純次 & 浦沢直樹が語るバイト伝説!「劇団時代はアルバイトを50種類ほど......」

純次と直樹 純次と直樹
高田純次 & 浦沢直樹

アルバイト、何やってる?

去年春に首都圏の私立大学に入学した下宿生への平均仕送り額が、前の年度に比べて3,000円減り、月額8万3,100円となったことが明らかになった。4月から生活スタイルが変わり、新たにアルバイトを始めた人もいることだろう。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は4月14日放送の番組内で、お互いのアルバイトエピソードを赤裸々に語った

今すぐ聴く!(配信終了) radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

まさかの再会...!

浦沢の学生時代のアルバイトは、地元である府中の忠実屋の屋上遊園地。子どもたちを相手に、観覧車や新幹線のおもちゃなどを動かしていたという。


浦沢 「お金使うのもったない」って言って、鬼ごっことかしてたんですよ。だから、子どもたちが「おーい、うらさわー!!」って声かけてくる。で、月日が流れて、僕が50歳くらいの時かな、新宿でライブをやったんですけど、楽屋裏に40歳くらいの男が来て、「忠実屋の屋上で遊んでもらっていた者です」って。お前は誰だ! ってびっくりした(笑)「うらさわー」って言ってたのに妙に礼儀正しくなりやがってね。


その男性にとっては、良い思い出になっているのだろう。



池袋のキャバレーで......

一方、劇団時代は生活費を稼ぐため、アルバイトを50種類ほどやっていた高田。


高田 稽古場が近かったから、池袋のキャバレーで働いてたのよ。20歳くらいのボーイのヘッドに「おい、高田! あの席行ってこい!」って指示されるのよ。だから「はいッ! はいッ!」って。俺は30歳くらいだったんだけど。


浦沢 高田さん30歳で、20歳のヤツが司令塔なの?!


高田 そうそう。「高田、あそこ空いてるぞ!」って。


浦沢 20歳のやつに高田呼ばわり! ひでーなー(笑)


高田 だから女の子が飲み残したビールとか隠れて飲みまくってましたよ。


2人のアルバイトの伝説的なエピソードはまだまだあるようだ。第2弾を期待しよう。

今すぐ聴く!(配信終了) radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

番組概要

純次と直樹ロゴ.png

■タイトル

『純次と直樹』

■放送時間

毎週日曜 17時00分~17時30分

■パーソナリティ

高田純次、浦沢直樹

■メールアドレス

jn@joqr.net

■Webサイト

http://www.joqr.co.jp/junji_naoki/

■twitter

https://twitter.com/junji_naoki
※twitterハッシュタグ:#純次と直樹

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 浜祭
  • さかいゆう10th Anniversary Special Live
  • アナウンサーの音声と動画による心理学実験の会場調査モニター募集!