文化放送
  • twitter
  • facebook

番組概要

70歳を迎えた適当男・高田純次さんと日本を代表する漫画家・浦沢直樹さんが
異色タッグを組んだラジオ番組をやっちゃいます!
仕事にも趣味にもこだわりを持った「かっこいいオトナ」なトップランナー2人が、
仕事や音楽、映画など、お互いの近況や趣味の話を自由気ままにトークしますよ!
2人の近況報告のほか、映画・漫画・歌など夢中になっていたものを持ち寄るコーナーもお送りしています。
番組ではメッセージを募集中!
2人に話してほしいことやお悩み相談は「愛ってなんだ」のコーナーまで、
そして、願望・妄想・標語にしたいこと・美しい景色を詠んだ一句・・・などなど、
とにかく何か面白いことを思いついたら「今週のツブヤイター」までお送りください。
たくさんのメッセージ、お待ちしております!

  • 5月31日の放送後記

    2020/06/01 00:00


    今週も感染症予防対策のため収録はお休み。
    総集編でお楽しみください!
    今回はお二人の「ミュージシャン」としての側面を取り上げた録音カットを集めてお届けします。


    浦沢「これ休みの時に描いたいたずら描きなんですよ(笑)」

    素敵なジャケットの浦沢さんのセカンドアルバム『漫音』。

    浦沢「曲順を全部決めてから録るんですよ」
    高田「曲順は難しいよね」
    浦沢「全体のアレンジ決められないと思うんです」

    そうして始まったレコーディング。

    浦沢「この曲はとりあえず一発録ってみようってやって」

    テイク0だったという『僕の姉さんUFOにさらわれて』を聞いていただきました。

    高田「ギターと漫画、どっちが始めたの早いですか?」
    浦沢「漫画は4、5歳くらいで、ギターが13歳くらいです」
    高田「よくギターの合間に漫画描けますね」
    浦沢「漫画はご飯食べるようなものです(笑)」


    そんな趣味に没頭した浦沢さんの10代。
    なんと中学時代は陸上部に入りそうなところで辞めたそう(笑)

    浦沢「どこかの部活に入らなきゃいけないから、ギター持ってたから軽音部だったんです」

    大学ではその後有名になるバンドのメンバーなどと一緒に音楽をやりながら過ごした浦沢さん。リードギターをたっぷりお聞きいただける『車輪の上』をお届けしました。


    高田「私CDリリース15枚あるそうなんですよ」
    続いてはミュージシャン・高田さん。

    浦沢「ベストアルバム作りましょうよ」
    高田「1000円札をつけて1500円で売りたいくらい」


    浦沢「高田さん歌ってましたっけ?」
    高田「キツいこと聞きますねえ(笑)」

    9割9分をギター演奏に頼んで、ワンフレーズのみを言う「ジュンちゃんのブラボーダンス」からミュージシャンのキャリアをスタートした高田さん。


    高田「『老人と子供のポルカ』っていう曲があるんだけど、それをパクった『適当男のポルカ』とか(笑)」
    浦沢「すべてが適当ですね(笑)」

    そんないわくつきの曲を聞いていただきました。


    高田「上沼恵美子さんとか河合美智子さんとか、上手い人とのデュエットが多いのよ」

    1992年にはついにブルース歌手の近藤房之助さんとの曲をリリース。

    そんな『白いブランコ』を聞きながらお別れです。

    来週はあの超人気企画の総集編をお届けします!

    twtter facebook
  • 5月24日の放送後記

    2020/05/25 00:00


    感染症予防対策のため、収録はいったんお休み。
    今週も総集編でお楽しみいただきます!


    浦沢「高田さんのリモートがネックなんですよ(笑)」
    高田「1から教えてもらわないとならないんで(笑)」
    浦沢「下手にリモートを教えるとスタジオに来なくなっちゃうから(笑)」


    まずは本当の答えがないものをゆるく語り合う「愛ってなんだ」。
    二人のモテ期についてのお便りです。


    高田「『元気が出るテレビ』ぐらいの頃、40過ぎたあたりから入れ食い状態でしたね(笑)」
    浦沢「今もじゃないんですか(笑)」
    高田「今はもう腰が追い付かないね(笑)」


    高田「浦沢さんはもうモテまくりでしょう」
    浦沢「高校生くらいで、異常にモテた時期がありましたね(笑)」
    高田「漫画描くようになってからは?」
    浦沢「その頃は引きこもりでしたから(笑)」


    続いては「高田さんこの曲どうすか?」。


    浦沢「デヴィッド・ボウイご存知ですか」
    高田「あんまりお付き合いはないけどねえ」

    今回はデヴィッド・ボウイが1987年にリリースしたアルバムとその表題曲「ネヴァー・レット・ミー・ダウン」。


    浦沢「一番酷評されている作品で、晩年まで『音が悪い』と嘆いていたそうです」


    80年代に特徴的な、過剰な音作りが合ってなかったと自己分析されていたそう。
    これを受けて、2018年に作り直されたものがあります。

    ネヴァー・レット・ミー・ダウン2018、そして元のネヴァー・レット・ミー・ダウンも続けてお聞きいただきました。


    高田「俺はこれでも充分いいと思うけどなぁ」
    浦沢「天国のデヴィッド・ボウイはどう思ったんでしょうね」
    さて、続けては「今週の標語」。
    最後の回と、リニューアル後の「今週のツブヤイター」最初の回をお聞きいただきました。


    このとき選ばれたのは、
    「トイレの落書きに書かれた携帯番号に電話をしたら
     実家の父親につながりました」
    RNポンプ屋のポン

    この回の収録前に「ツブヤイター」という名称が決まりました。
    高田「つぶやきシローでもゴローでもどうぞ」

    標語よりも自由に!というコンセプトのもとお送りした「ツブヤイター」初回。


    「『これでもかっ!』と、小便小僧が 見栄を張る」
    RNハトポッポ


    皆さん、これからもたくさんの投稿をお待ちしております!


    twtter facebook
  • 5月17日の放送後記

    2020/05/18 00:00

    感染症予防対策のため、収録はいったんお休みになりました・・・!

    今週からしばらく、過去の放送、そして未放送カットから厳選した内容でお送りする総集編、お楽しみください!

    浦沢「高田さんかなりアブないこと言ってますからね(笑)」
    高田「それは流さないとまずいね」


    昨年7月にコーナー化した「溺れる者は純次をもつかむ」第一回と第二回をお聞きいただきます!

    これまで様々な悩める方々を適当に、けれどズバッと解決してきた二人。
    後日談をお伺いしたいところです・・・!

    週に5回にわたる妻の夜の「要求」を減らしたいというRNレイジーブルーさん。

    浦沢「ご夫婦で走ってみるってのはどうですか?」
    高田「ヘロヘロになるまでね(笑)」
    浦沢「鍛えられてスペックが上がったらまた別かもしれないですが(笑)」

    高田『運動』


    RNケイン大きすぎさんは、『健康診断で3ケタを切る寸前までいってしまいました』

    浦沢「妙な言い方ですね(笑)」

    デブキャラとしての個性をどうするか悩んでいるそう。

    高田「渡辺直美ちゃん」
    浦沢「ゆりやんレトリィバァさん」
    高田「食って、食って、寝て、海外進出を目指してください。」

    高田「『ケイン小さすぎ』にならないように」

    浦沢「3ケタで健康的な人もいますからね」


    続いてブリーフ人気を上げたいRNまこっちゃん。

    俄然カクパン派の高田さんは
    高田「自分のイチモツが太ももにあたると『生きてる』って!(笑)」
    浦沢「ローハイドみたいに(笑)」


    高田「ノーパン、もしくはTフロント、紐一本で支えるなんて気持ちいいですよ」


    「息子が自分の料理を「マズい」と言うようになりました」RNぬりえ大好き。

    浦沢「他人の母親が握ったおにぎりを食べられない人もいますよね」
    高田「俺も口の空いてる水は飲めないね」
    浦沢「それは普通飲まないですね(笑)」

    高田「母親が唯一の安心の賜物」

    浦沢「良い話になりましたね(笑)」


    RNちゃみさんは腰に巻いたコルセットが空港の金属探知機に引っかかって恥ずかしい思いをしたとのこと。

    高田「俺はね、お尻を出してるときだけ恥ずかしくないのよ。それ以外は恥ずかしい生活してますから」
    浦沢「深いですね、全部出しちゃえば恥ずかしいことはない」


    そんなこんなで高田さん2015年リリースの『純愛』聞いていただきました。

    慈愛の込められたお悩み相談、引き続きメールをお待ちしております!


    そして番組は来週も総集編でお楽しみいただきます!


    twtter facebook
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4
  •   
© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.
ページのトップへスッ radiko
メールはこちらから
Twitterはこちら

最新記事

月刊アーカイブ

radikoで聴く