文化放送
  • twitter
  • facebook

番組概要

70歳を迎えた適当男・高田純次さんと日本を代表する漫画家・浦沢直樹さんが
異色タッグを組んだラジオ番組をやっちゃいます!
仕事にも趣味にもこだわりを持った「かっこいいオトナ」なトップランナー2人が、
仕事や音楽、映画など、お互いの近況や趣味の話を自由気ままにトークしますよ!
2人の近況報告のほか、映画・漫画・歌など夢中になっていたものを持ち寄るコーナーもお送りしています。
番組ではメッセージを募集中!
2人に話してほしいことやお悩み相談は「愛ってなんだ」のコーナーまで、
そして、願望・妄想・標語にしたいこと・美しい景色を詠んだ一句・・・などなど、
とにかく何か面白いことを思いついたら「今週のツブヤイター」までお送りください。
たくさんのメッセージ、お待ちしております!

  • 10月15日の放送後記

    2017/10/16 00:00

    ガソリンスタンド、セルフって使いますか?
    浦沢「やるたびにドキドキする。
       注ぎ続けて止まらなかったらどうしようって考える」

    まるでビートたけしさんのコントみたい。


    【カルチャー年表】
    1992年に発刊された、宮部みゆきさんのベストセラー「火車」
    高田さんが好きな本のひとつです。

    高田「読み始めたら止まらなくって、もう朝まで。」

    カード破産問題を背景に、人の人生を乗っ取る話ですが、
    アンジェリーナ・ジョリーの「テイキングライブス」のように、
    高田さんは人生乗っ取り話が好きなようで。

    高田「俺も人生を乗っ取る役とかやりたいな」
    浦沢「すぐバレるからダメでしょ(笑)」

    一度読んだ本を読み返すかどうか、読書家でも分かれるところですが、
    高田さんは後者。「火車」も何度も読み返しているそうです。

    ちなみに、高田さんはスタッフが用意した文庫本の
    「火車」を借りて行ったのでした。
    高田「1日につき500円って言われたんだけど。」

    【今週のツブヤイター】
    1週間、この言葉を胸に過ごしてほしいという言葉を募集。
    今週の優秀作品は...

    「さっきからオマエがマスターって声掛けてる人、この店のママだぜ」
    (RN日々是腰痛)

    それ以上に話題に上ったのは、
    67歳のわたるさんがハガキにものすごい達筆で書き記した問題作!
    「蟋蟀の 鎌を研ぐ手に 飛び跳ねて」

    浦沢「周りがあまりにアレだから輝いて見える」
    高田「"蟋蟀"(こおろぎ)を漢字で書いてるからOK!」
    ということで、特別にピックを贈呈しちゃいます!

    「今週のツブヤイター!」、
    願望、妄想、標語にしたい事、美しい景色を読んだ一句、など
    思いつくままに、五七五でも何でもOKです!
    これまで以上に自由に、
    なんか面白い事を思いついたら、どんどん投稿してください。

    【今週のひとコマ】

    浦沢「高田さん、KISSって知ってます?」
    高田「仕方?舌短いから苦手なんだ」

    そっちかよ!
    ちなみにオンエアしたのは「LOVE GUN」でした。

    twtter facebook
  • 10月 8日の放送後記

    2017/10/09 00:00

    最近、お酒でハメを外し過ぎたという高田さん。
    仕事関係の人とのカラオケにて・・・。
    「トイレに行って、隣の部屋を見たら女の子2人でいたから、
     エンジンかかっちゃって。
     「どう?」って部屋に入ってつい歌ってきちゃった。
     まあ、2人ともいい身体してたんだけどね」

    酔っぱらっててもちゃんと見るとこは見ている適当男。

    【カルチャー年表】
    今回は、去年の4月に57歳の若さで急逝した
    アメリカのトップミュージシャン、プリンス。
    大好きな浦沢さんにとって、プリンスの死は
    かなりショックだったそうです。

    基本、ライブは全て参戦していたものの、
    唯一行けなかったのが1986年9月、横浜での初来日公演。
    この場でザ・レヴォリューションの解散を発表したのでした。
    prince.JPG
    オンエアしたのは名曲のうちの一つ、「KISS」。
    この曲、ベースが入っていません。
    プリンスには、いくつか「ベースレス」楽曲が存在します。

    浦沢「ベーシストに気を遣う必要がない」
      「全部自分でやるから、ベースいらないか!って。」
    高田「俺の一人カラオケみたいなもんだな」

    プリンスと肩を並べる、高田さんの一人カラオケ。
    近いような遠いような。

    【今週のツブヤイター】
    1週間、この言葉を胸に過ごしてほしいという言葉を募集。
    今週の優秀作品は...

    「『これでもかっ!』と、小便小僧が 見栄を張る」
    (RNハトポッポ)

    なんか元気で楽しい!と高評価。

    「今週のツブヤイター!」、
    願望、妄想、標語にしたい事、美しい景色を読んだ一句、など
    思いつくままに、五七五でも何でもOKです!
    これまで以上に自由に、
    なんか面白い事を思いついたら、どんどん投稿してください。

    【今週のひとコマ】
    浦沢さんは1980年代~90年代にかけて、海外での取材が多く、
    レコード屋さんに行ってはプリンスを買いあさっていました。
    今もお宝レコードがたくさん家にあるそうです。

    高田「浦沢さんの家に行くときは、
       どういうバッグを持っていくのがいいかな...」

    持って帰る気だ...!!

    twtter facebook
  • 10月 1日の編集後記

    2017/10/02 00:00

    最近、焼きそばパンにハマっている浦沢さん。
    「たぶん、昔に比べて焼きそばの比率が変わったと思う」
    「パンが焼きそばの受け皿になっていて美味しい」

    ちなみに高田さんはコンビニに行くと
    焼きそばパンとコロッケパンをよく買うそうです。
    「ハムカツパンがあったら買うんだけどな」
    商品開発の方ー!ぜひご検討を!

    「無人島にひとつだけ持っていくとしたら」という定番のお題。
    高田「若い女の子。腰痛いからしっぷ。
       めっちゃ難しい本かめっちゃスケベな本。」

    高田「意味もなくコンドーム持っていくの。着けて歩いたり。
           鹿とかいたら使えそう」

    浦沢「何しようとしてるの(笑)」

    最終的には、ロビンソン・クルーソーを参考に、
    オウムという結論になりました。

    【カルチャー年表】
    今回は1959年公開の映画、「避暑地の出来事」。
    高田さんが、トロイ・ドナヒューきっかけで20歳ころに観た映画。
    海沿いのシーンで流れる、
    パーシー・フェイス「夏の日の恋」がたまらない!

    高田「イチャイチャしたいモヤモヤした気持ちを払拭してくれる」

    ちなみに、当時はリゾートへの憧れがありました。
    高田さんは茅ヶ崎のパシフィックホテルのプールが夢だったとか。
    「田舎者の俺が行ったら海パンふくらみっぱなしだよ」


    【今週の標語】
    1週間、この言葉を胸に過ごしてほしいという言葉を募集。
    今週の優秀作品は...

    「トイレの落書きに書かれた携帯番号に電話をしたら
     実家の父親につながりました」
    (RNポンプ屋のポン)

    これはすごい!と2人も大絶賛!!


    ちなみに、「今週の標語」は、
    次回から「今週のツブヤイター!」に変更となります。
    願望、妄想、思いつき、標語にしたい事、
    美しい景色を読んだ一句、
    など思いつくままに、五七五でも何でもOKです!
    これまで以上に自由に、
    なんか面白い事を思いついたら、どんどん投稿してください。


    【今週のひとコマ】
    ロバート・パーマーの「Addicted to love」をオンエア!

    浦沢「PVでボディコンのオネーチャンが
       ギター持って腰をくねらせてるのがいい」
    高田「俺の後ろでは、5人くらいが全裸で弾いてて欲しいなぁ!」
    浦沢「『高田純次と全裸ーズ』!!今度作りましょう」

    「高田純次と全裸ーズ」、これは見たい!

    twtter facebook
  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4
  •   
© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.
ページのトップへスッ radiko
メールはこちらから
Twitterはこちら

最新記事

月刊アーカイブ

radikoで聴く