インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2020.05.27

MASOCHISTIC ONO BAND、インターネットにアップした動画「Like a FAKE(remote recording ver.)」の裏話!『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』

神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~

文化放送で放送中のラジオ番組『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』。

5月23日の放送では、番組発のエアバンドMASOCHISTIC ONO BANDの新曲「Like a FAKE」の動画について語られました。

リモート収録した動画「Like a FAKE」の撮影は地獄絵図だった?

「Like a FAKE(remote recording ver.)」


番組から生まれたエアバンド、MASOCHISTIC ONO BAND 。先日、新曲「Like a FAKE」の動画がYouTubeニコニコ動画で突如公開されました。

MASOCHISTIC ONO BAND(MOB)とは

ボーカル : ONO-D、HIRO-C、ギター : 3M、ベース : DO-S、キーボード : YAGI84、ドラム : CHANKOの6人によるエアバンド。

2013年に日本武道館でデビューを果たし、映画の主題歌を担当した他、さいたまスーパーアリーナなどでライブを行う。現在、デビュー6.9周年を迎えて6月9日にミニアルバム「6.9」をリリース予定。

神谷さんと小野さんは、それぞれHIRO-CとONO-Dから聞いたという動画撮影の裏話を披露。今回は、Web会議サービス「Zoom」を使用して制作されたそうです。しかし、不慣れなリモート収録環境で一苦労あったのだとか


神谷 いっせのーせで音を各自で出すのではなくて、DO-Sのところから聞こえてくる音を頼りに、彼らは歌っていたらしいんですよね。

小野 だから他の五人はミュート(消音)してね。

神谷 そうそうそう。なぜかと言うと、ミュートにしておかないと、他の音が入ってDO-Sの音が遠くなって聞こえなくなっちゃうわけ。


そんなミュートしながらの動画撮影だったため――


神谷 動画の最後で、Stay Home Stay Rock!

小野 メッセージね!

神谷 強いメッセージを言うわけですよ。Stay HomeはHIRO-C、Stay Rockはリーダー(ONO-D)が言うわけじゃないですか。カッコイイなと思って。

小野 決まってたよ!

神谷 ただ、それまではミュートにしてるわけじゃないですか。だから、歌の流れの中で最後にミュートを解除して(声が聞こえるようにしてから)Stay Home Stay Rockで決める。ところが本番、「Stay Home......パクパクパク!」(笑)

小野 そうね、やったよね(笑)

神谷 みんなして「リーダー、おい!」とか「あーあ、やっぱりやったよ(笑)」ってなって(笑)

小野 そうね、それがファーストテイクだね(笑)

神谷 ファーストテイク非常に良かったんですよ(笑)。でもその後、やればやるほどミスをするっていうスパイラルに陥っていきましたね(笑)


「Stay Home Stay Rock」を言う直前に、HIRO-CさんとONO-Dさんはそれぞれミュートを解除しなければならなかったそうです。しかし、リーダーのONO-Dさんは歌うパフォーマンスに集中した結果、ミュート解除を忘れたままメッセージを言ってしまい、肝心のメッセージが収録されなかったのだとか。

計4テイクを重ねたそうですが、バンドメンバーはファーストテイクで全力出し切ってしまっていたため、ファーストテイクが一番良かったのではと裏側を話します。


最後に神谷さん、小野さんはリスナーへ「(収録が)地獄絵図だった甲斐があり、いい作品となってみなさんのところに届いたと思うので、まだ観ていない方は是非見てください」と呼びかけました。


記事リンク

【こちらもおすすめ】
人気テレビ番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター藤村D、嬉野Dがゲスト参戦! 意外なコラボの裏話を語る

MASOCHISTIC ONO BAND(マゾヒスティック・オノ・バンド)

6.9周年記念ミニアルバム「6.9」(ロック・テンキュー)

ボーカル : ONO-D、HIRO-C、ギター : 3M、ベース : DO-S、キーボード : YAGI84、ドラム : CHANKOの6人によるエアバンド。
2013年に日本武道館で鮮烈なデビューを果たし、インディーズでリリースした1stシングル『Ace of Asia』は2014年2月に公開された映画「Dear Girl~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA」の主題歌となった。
その後、「Masochistic Over Beat」でメジャーデビューを果たし、幕張メッセ、神戸ワールド記念ホール、さいたまスーパーアリーナでライブを行う。
2019年11月にデビュー6.9周年を迎え、メモリアルイヤーに突入、今年6月9日に各メンバーがプロデュースした新曲6.9曲を収めた6.9周年記念ミニアルバム「6.9」(ロック・テンキュー)をリリース。
その中に収録される「Like a FAKE」(HIRO-Cプロデュース曲)、「Forever Notes」(ONO-Dプロデュース曲)は、それぞれ『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』2020年4月からのオープニング&エンディング主題歌となっている。


「Like a FAKE」が収録された6.9周年記念ミニアルバム『6.9(ロック・テンキュー)』の詳細はこちらから


『6.9』の予約、購入は下記より可能です。

アニメイト店頭&アニメイト通販
 特典:B2ポスター
文化放送A&Gショップ
 特典:特製L判ブロマイド
Amazon.co.jp
 特典:なし

神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~

放送日:土曜 深夜1:00~1:30

出演者:神谷浩史、小野大輔

今すぐ聴く!

twitter ツイート facebook シェア LINEで送る

最新記事

  • ラジオCM2020
  • 超A&G
  • YouTube
  • 文化放送Twitter
  • ASMRTwitter
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO