インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.02.22

稲垣吾郎主演映画『半世界』阪本順治監督が語る主演の魅力

編集長 稲垣吾郎 編集長 稲垣吾郎

半世界

『半世界』阪本順治監督が稲垣のラジオに登場


先週、稲垣吾郎が主演を務める映画『半世界』が全国で公開された。稲垣のほか長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦らが出演、39歳の男三人の友情を軸にした物語だ。公開直後となる2月20日放送の文化放送「編集長稲垣吾郎」には阪本順治監督が登場し、撮影時の裏話などに花が咲いた。


映画の撮影現場は監督によって撮影手法や雰囲気が全く異なる。阪本監督は撮影した直後にモニターをチェックせず、俳優にもそれを見せないという。今ではモニターチェックを当然だとする俳優もいるが、阪本監督は「見られないことがスリル」だとスタイルを貫いている。一方で、30代の頃に比べると、「丸くなった」のだそうだ。


阪本:昔は、粘ればいいってワケじゃないんだけど、46回NG出したりね。

稲垣:46回も!? 絶対イヤだ...なんでですか?

阪本:リハーサルで見た演技が最高だと、それをもう一度!って思うでしょ?

稲垣:もう出ないですよ、46回やっても(笑)

稲垣:僕は大丈夫でしたか?本当は46回NG出したかったところとか...

阪本:無いよ(笑)



阪本順治監督が語る稲垣吾郎の魅力

阪本順治監督

主演の稲垣吾郎のほか、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦と名優を揃えた阪本監督だが、撮影ではリハーサルを重ねて作りこむのではなく、生のやり取りで生まれてくるものを重視。そこで、阪本監督は稲垣のあるところに魅力を感じたという。


阪本:見直しても稲垣君のリアクションが面白いよ。相手のセリフを聞いてる時とか、チラチラっと見るのがいいね。計算じゃないはず。

稲垣:それは計算じゃない!ライブの感じで出てきたのかな。

阪本:瞬発力だね。それがないとね。


稲垣:僕が印象的なのは「優しすぎる!」って言われて。「もっと武骨に」ってよく言われて、監督の所作を参考にしてた。

阪本:俺は武骨だからね(笑)自分で脚本を書くと自分が出てくる。映画って自分の恥を出すところがあるから。


15分以上にわたってトークを繰り広げた2人。再び仕事をすること、そして阪本監督が「吾郎」と呼ぶことを約束し、コーナーは締めくくられた。稲垣が見せた武骨さをぜひ映画館で確認してほしい。




番組概要

編集長稲垣吾郎.png

■番組名称

『編集長 稲垣吾郎』

■放送時間

毎週水曜 21時30分~22時00分

■メールアドレス

goro@joqr.net

■twitterハッシュタグ

#編集長稲垣吾郎

■Webサイト

http://www.joqr.co.jp/goro/

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 浜祭
  • さかいゆう10th Anniversary Special Live