インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.11.18

高田純次と浦沢直樹が語る森進一の音楽性「もはや『はっぴいえんど』」「人間を超えている」『純次と直樹』

純次と直樹

歌手・森進一とは

「おふくろさん」「襟裳岬」などのヒット曲で知られる演歌歌手、森進一。彼は1965年、チャーリー石黒に才能を見出されたが、「売れるためには声をつぶして演歌を歌うべき」と説得されて今の独特の声になったという。


高田 もとは普通の声だったんだ

浦沢 当時はアメリカにロッド・スチュワートもいましたね


かすれ声という個性は、世界的にも共通しているようだ。



2人が選んだ森進一の楽曲

11月17日放送の文化放送「純次と直樹」では、高田純次と浦沢直樹が森進一の楽曲の名から1曲ずつ選んでオンエア。浦沢のチョイスは1983年リリースの「冬のリヴィエラ」。作詞・松本隆、作曲・大瀧詠一である。


浦沢 森進一さんにはいろんなジャンルの楽曲提供者がいますよね

高田 吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆......すごいね!

浦沢 (「冬のリヴィエラ」も)はっぴいえんどファミリーの作品ですよ、(メンバーの)半分入ってますから

高田 松本隆がバツグンだね。松本隆の歌詞は人間を超えちゃってる。この歌詞は出てこないよ

浦沢 人間を超えちゃってる(笑)


一方、高田が選んだ曲は1984年、「冬のリヴィエラ」の次のリリースとなった「紐育物語」。

こちらは作詞・松本隆、作曲・細野晴臣、編曲・細野晴臣&坂本龍一。


高田 これで、ひもいく(紐育)がニューヨークって読めるようになったよね

浦沢 やっぱりはっぴいえんどなんですよ。しかも編曲に坂本龍一さんが入っているからもはやYMOですよ(笑)

高田 音楽もちょっと近代的っていうかナウいよね

浦沢 演奏がYMOですよね


歌唱力はもちろんのこと、制作陣の豪華さにも注目して聴くと新たな発見があるかもしれない。


高田 はっぴいえんどのメンバーって、あとは......吉田............

浦沢 鈴木茂さんですね

高田 吉田茂さんじゃ首相になっちゃうね(笑)


さすがに総理大臣からの楽曲提供は......無いよね。



番組概要

■タイトル

『純次と直樹』

■放送時間

毎週日曜 17時00分~17時30分

■パーソナリティ

高田純次、浦沢直樹

■メールアドレス

jn@joqr.net

■Webサイト

http://www.joqr.co.jp/junji_naoki/


放送後から聴取可能 radiko.jp ※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。 ※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 駅伝ポータル