インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2019.06.08

特集「令和もガンバレルーヤ!」

大竹まこと ゴールデンラジオ! 大竹まこと ゴールデンラジオ!
ガンバレルーヤ

今回のインタビューは、『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で月曜レポーターを担当しているガンバレルーヤのお二人。これまでの番組出演の思い出や、新時代・令和を迎えての抱負などをうかがいました。


※こちらは文化放送の月刊フリーマガジン「フクミミ」2019年6月号に掲載されたインタビューです。


■関連記事(フクミミ5月号)

特集「はじめまして、日向坂46の加藤史帆です。」


エレベーターで出会った二人

── まず、お二人それぞれに相方さんがどんな人物なのか紹介していただけますか。

よしこ まーちゃん(まひる)は、見た目も子供っぽいですけど、家でもかわいらしい感じですね。鳥取県出身だからなのか喋りもゆったりしていて、ほんわかした空気感があります。その反面、学生時代はソフトボール部でキャッチャー兼キャプテンだったように、実は考え方がしっかりしていて"切れ者"なところがあります。


── 「家でも」とおっしゃいましたが、今でも一緒に暮らしてらっしゃるんですか。

よしこ はい、今でも一緒に暮らしています。

まひる もう7年ぐらいになりますね。


──  そもそもお二人が出会ったシチュエーションが独特なものだったらしいですね。

よしこ そうなんです。鳥取県(まひる)と愛知県(よしこ)から大阪のお笑い養成所に入るために引っ越してきたマンションがたまたま一緒だったんですけど、そこのエレベーターの中で出会ったんです。

まひる 私が便秘気味でお腹が痛くてうずくまっていたら、よっちゃん(よしこ)がたまたま入ってきて、「大丈夫ですか?」って声をかけてくれたんです。しかも、そのあと私の部屋にきんぴらごぼうを作って持ってきてくれて。めちゃくちゃ優しい人なんです。

よしこ そう言ってもらえるのはありがたいんですけど、まーちゃんは私を紹介するときにいつも「優しい」しか言わないんですよ(笑)。他には何かないの?

まひる そうですね、よっちゃんは外見は強そうに見えて、意外と繊細なんです。自分に厳しくて、「全然ダメだよ、向いてないよ」って毎回落ち込むんですよ。でも単純だから、「よっちゃん、今日はここがこういうふうに良かったから大丈夫だよ」って言うと、「ほんと!? がんばる!」って復活するんですけど(笑)

よしこ たしかにそうですね(笑)

まひる あと、自分に厳しすぎる反動なのか、すぐ何かに憧れるんです。「いいなあ、あの人の才能が欲しい!」とか。(尼神インターの)渚さんに憧れてるときは、ずっとヒョウ柄の服を着てましたね。あと、アメリカにハマって星条旗の服しか着ない時期もありました(笑)。わかりやすいというか、そういうところがかわいいなと思います。



番組レポーターとしてリピーター続出中

ガンバレルーヤ

── 2018年1月から『ゴールデンラジオ!』の月曜レポーターに就任して約1年半が経ちました。

よしこ いつも放送前に共演者のみなさんと雑談させていただく時間があるんですけど、毎回、大竹(まこと)さんが私たちのことをイジってくださるんです。

まひる 「太ったなー、お前」とか。

よしこ 毎週毎週「太ったな」と。そんなに着実に増えてるのかなというぐらい(笑)。そういうやりとりがすごく楽しくて。しかも、毎回そこで話したことをベースにして本番で話を振ってくださるんです。そもそも大竹さんに会えるということ自体が貴重な経験なのに、そのうえこんなに良くしていただいて、めちゃくちゃありがたいですね。


── レポーターとして一般の方からお話を聞くわけですが、印象的だったことはありますか。

よしこ お子さん連れのご家族が、休日にわざわざ来てくださることがあるんです。

まひる 振替休日とかで月曜が休みになると、お子さんがたくさん来てくださるんです。一度来てくださったご家族が、また次の休みのときに来てくださったり。それがどんどん増えてるんです。

よしこ リピーターが増えていくというか。運転手の仕事をしていて、普段は月曜が休日でも働いているお父さんとそのご家族が来てくれたことがあったんです。「いつも仕事の車で『ゴールデンラジオ!』を聴いてて、せっかく子供も休みなので、私も休みを取って会いに来ました」と言ってくださって。

まひる すごくうれしかったですね。



新時代・令和にがんばりたいこと

tiny_0001_sns_DSC4945 tiny_0000_sns_DSC4964

── 「新時代・令和にがんばりたいこと」というテーマで書道をお願いしましたが、「冠」とお書きになりました。

よしこ まだ地上波で冠番組をいただいたことがないので、いつかラジオで冠番組が持てるようにがんばりたいと思いまして。


── 文化放送で番組を持つとしたらどんな番組にしたいですか。

まひる 深夜番組をやらせていただけたらうれしいですね。

よしこ 何を言ってもいいような時間帯。やってみたいですね。

まひる もともとラジオが大好きなんです。移動中もずっとラジオを聴いてますし。だから、リスナーさんからのおたよりを読んだり、コーナー企画をやったり。憧れますね。


── 最後に「相方さんにがんばってほしいこと」があれば教えていただけますか。

まひる さっきの話にもつながるんですけど、もっと自信を持ってほしいですね。

よしこ (笑)

まひる 自信がないから「自分はダメだ」って落ち込むし、落ち込むと肌にも吹き出物が出ちゃうし。

よしこ そこは交互というか。肌が荒れてるから自信が持てないという部分もありますし、自信がなくなると肌も荒れてくるというか。無限ループなんですよね。あと、これは余談なんですけど、コントで歯が黄色い人を演じるときに、まーちゃんが「油性ペンで塗ればいいじゃん」って。一時期それで塗ってたんです。でも、調べてみたら油性ペンで塗ると歯にものすごく悪いらしくて(笑)。......そうだ。だから令和は、まーちゃんも体を張ってほしい!

まひる ごめん(笑)。ただ、よっちゃんがやったほうが面白いので。

よしこ ほら、こういうふうにやらせようとするんですよ。「よっちゃんが塗ったほうが面白いから」って。あんたが塗ったって面白いでしょうよ!(笑)


●ガンバレルーヤ プロフィール

tiny_0001_sns_DSC4945 tiny_0000_sns_DSC4964

よしこ(写真左)、1990年生まれ、愛知県出身。まひる(写真右)、1993年生まれ、鳥取県出身。2012年、コンビ結成。二人が演じる独特なキャラクターのコントで人気を博す。




大竹まこと ゴールデンラジオ!

■放送時間

月~金曜日 午後1時00分~3時30分 生放送

■パーソナリティ

大竹まこと

※ガンバレルーヤは月曜レポーターとして中継コーナー(午後1時40分~1時50分頃)に出演中

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO
  • 浜祭
  • さかいゆう10th Anniversary Special Live