インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2020.06.29

雲を愛でたい田村淳、雲研究者から雲を楽しむポイントを学ぶ『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』

ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB

文化放送で放送中の『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』。パーソナリティは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと、砂山圭大郎アナウンサーです。


6月27日(土)のゲストは、雲研究者の荒木健太郎さん。雲の話題で盛り上がりました。

雲研究者、雲を見るときのポイントを解説

荒木さんは、雲の種類について「大きく分けると10種類」と話します。


荒木 これは10種雲形(うんけい)と呼ばれているんですけど。その10種雲形がさらに細かく「種」とか「変種」とかに分類されて、100種類以上は余裕であります。


田村さんは「巻雲(けんうん)が好き」と言います。巻雲は「絹のように白く光り、羽根状の形をした雲」なのだとか。これを聞いた荒木さんは「雲を見るときのポイント」について話します。


荒木 (小さい子が描く雲のような)モクモクしてる雲って、だいたい水でできているんです。

田村 あれ、水なんですか!?

荒木 はい。一方で淳さんが仰られた巻雲みたいにもやっとしてる雲は、だいたい全部氷でできているんです。

田村 あれ、氷なんだ!

砂山 なるほど。

荒木 氷なので、上空の風に流されて、ふわっとしたような形になってるんですね。

田村 氷のほうが流されやすいんですか。

荒木 そうです。一方で、モクモクしている雲は中に上昇流があって。上昇流を持っている雲って、雲の中の水がなかなか凍れないんです。

田村 俺たちが飛行機の中から雲を見るじゃないですか。あれも、水か氷かなんですか?

荒木 水か氷かですね。雲は小さい水滴とか氷の粒が集まって、見えているものなので。

田村 そうなんだ。(中略)雲ひとつない快晴のときは、水分がまったくない状況なんですか?

荒木 まったくないわけではないですね。雲ができるために必要な量の水蒸気がないって感じです。


荒木さんの話を聞いた田村さんは、「なるほど」と納得していました。


記事リンク

【こちらもおすすめ】
テレワークのメリハリは「目標作り」で解決を


田村淳、雲の愛で方を教わる

田村さんは「雲を愛でたい」のだそう。荒木さんに、好きな巻雲の「どこをどう見れば楽しいか」を質問します。


荒木 巻雲は上空の風に流されてああいう形をしているので。まさに、上空の風を可視化しているものなんですよ。

田村 うん、うん。

荒木 なので、巻雲の姿を見て、風がどんなふうに流れているのかを見たりとか。

砂山 あー。

田村 なるほど! 「あそこでこういう風が流れているから、あの巻雲はこういう形になってるんだ」だ!

荒木 そういう楽しみ方ができますね。


続けて「巻層雲(けんそううん)」の楽しみ方についても聞きます。巻層雲は「高い空を覆うように広がる雲。薄雲とも呼ばれる、氷でできた雲」なのだとか。


荒木 巻層雲が出ているときは必ず、ハロ(※1)という光の輪っかが太陽の周りにできているんです。

田村 はいはいはい。

荒木 それを探すとか。あと、昨日メディアで話題になっていた環水平アーク(※2)ってあるじゃないですか。

砂山 あー。

田村 はいはい、虹色の雲。

荒木 あれも氷でできる大気光学現象のひとつでして。巻層雲が出ているときは、環水平アーク以外にも雲が虹色になる現象が楽しめるので。これはぜひ見つけてほしいですね。


※1 ハロ......太陽や月に薄雲がかかった際、その周囲に光の輪が現れる大気現象

※2 環水平アーク...... 雲に虹色の光の帯が見える大気現象


ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB

放送日:土曜 13:00~14:55 生放送

出演者:田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、砂山圭大郎アナウンサー

今すぐ聴く!

twitter ツイート facebook シェア LINEで送る

最新記事

  • 補助金広告
  • ラジオCM2020
  • 超A&G
  • YouTube
  • 文化放送Twitter
  • ASMRTwitter
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO