インターネットで今すぐ聴くradiko.jp
2020.01.31

『東京喰種トーキョーグール:re』主題歌は原作者が直接オファー!? Cö shu Nieボーカルが登場『DAIV TO MUSIC』

DAIV TO MUSIC

文化放送で放送中のラジオ番組『DAIV TO MUSIC』。パーソナリティは音楽クリエイターのヒャダインさんが務めます。


1月26日の放送では、ゲストにテレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』や『約束のネバーランド』の主題歌で知られるロックバンド「Cö shu Nie(コシュニエ)」のボーカル・中村未来さんが登場しました。


記事リンク

【こちらもおすすめ】
『あな番』劇伴作曲家・林ゆうきが考える、仕事とプライベートを両立するコツ『DAIV TO MUSIC』



『東京喰種トーキョーグール:re』原作者と会合!?

漫画家の石田スイ先生(『東京喰種トーキョーグール:re』原作者)は、中村さんがTwitterにアップした楽曲に「いいね」をくれていたそうで――


中村 バンドの公式ホームページに、編集部の方からメールが来て。「ぜひ東京で会合しませんか」と(※1)。

ヒャダイン ほう。

中村 それで何も知らされずに東京まで行って、ホテルの下のラウンジでお会いして。『東京喰種トーキョーグール』自体好きやったし、「お話できるんやったらきっと楽しいやろな」って思ってたんです。そしたら、「アニメの主題歌をぜひ」って。

ヒャダイン えええー!

中村 もう、ガチガチの関西弁で驚いちゃって(笑)。素に戻りましたね、急に。


そのオファーには即答で「やります」と返事したそうです。中村さんは「すごい思い出深いですね」と語り、ヒャダインさんも「人生、何があるかわからないですね」とコメント。


また、主題歌となった楽曲「asphyxia」のタイトルも石田先生がつけられたそうです。これは、中村さんが楽曲作成後、「名付け親になってほしくて」石田先生へお願いしたということでした。


※1 バンドは大阪を拠点に活動中



バンドができないヒャダイン......「バンドである意味」が知りたい

中村さんは、ボーカルのみならず、作詞や作曲、ギター、キーボード、マニピュレーターまで幅広く担当しているんだとか。そんな中村さんを、ヒャダインさんは「いろんなものを自分でやりたい欲がある人」と表現し――


ヒャダイン 僕も似たようなところあるんですけど、だからバンドができないんですよね。「誰かと一緒にやる」っていうことがほとんどできない。(中村さんが)バンドにこだわる理由っていうのは何なんですか?

中村 やっぱり「刺激的な部分」ですね。偶然性みたいなもの。自分で作り込んでいるのに言うのもなんなんですけど、どこかで想像を超えてほしい。


中村さんいわく「一人よりも、私が素晴らしいと思う人があと二人いたほうが、もっと素晴らしくなる」とのこと。ブース外で見学していたCö shu Nieメンバーは、この発言にピースサインで喜びを表現していました。


DAIV TO MUSIC

放送日:日曜25:30~26:00

出演者:ヒャダイン

今すぐ聴く!
twitter ツイート facebook シェア LINEで送る

最新記事

  • 超A&G
  • きゅうぷらざ
  • BOATRACERADIO