岩本勉のプロフィール

2017年12月31日

お知らせ  (トップに表示するため12月31日付けで掲載しています)

spanspanspan
次回放送 5月1日(月)18:00~18:30 元 若の里/西岩親方と 大相撲 夏場所 展望!  横綱・稀勢の里関、気になる回復具合は?   外出中も スマートフォンの radiko で お聴きいただけます♪♪  どうぞお楽しみに ♪♪

  放送500回記念特別公演 『まいど!新選組』
  「まいどG大賞!」ドジ話随時募集中! 詳細
  まいどメンバーのページ  まいどファミリーのページ

****************************

  次回 5月1日 (月) 18:00~18:30

 大相撲 夏場所 展望!
   横綱・稀勢の里関の 心技体

 ゲスト:元 若の里 西岩親方

  span

 大相撲・五月場所(初日=14日)を前に、
 春場所でケガのアクシデントを乗り越え
 二場所連続優勝を成し遂げた
 横綱・稀勢の里の兄弟子
 西岩親方をお招きして、
 稀勢の里のケガの回復具合、メンタルなど
 横綱の素顔に迫るほか、
 五月場所の見どころを伺います。

 span

 どうぞお楽しみに!


 プロ野球相撲に関するご意見、
 ガンちゃん松島八木両アナへの質問など、
 番組へのメールは随時募集しています。

   メールmaido@joqr.net
   FAX03 - 5403 - 1151

投稿者 文化放送スポーツ部 : 00:00

2017年04月24日

神スイングと野球拳!

■4月24日の放送は・・・

 岩本 勉 VS 稲村亜美
  まいど 野球拳!

 この日は当初4月10日に出演予定だった
 稲村亜美さんが満を持して登場!

 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

 span

 10日に ガンちゃん VS 菜緒ちゃん で行った
 「まいど野球拳」をあらためて開催しました。

 さらに「始球式で球速110キロ」実現を目指す
 稲村亜美さんに、ガンちゃん
 元プロ野球選手、日本ハムOBの力を発揮(?)
 ファイターズ鎌ケ谷スタジアムでの投球練習と
 イースタン・リーグ公式戦での
 始球式イベント開催を提案する場面も。

 もし、これが実現し、時速110キロも達成できたら
 ガンちゃんの株も右肩上がり間違いなし!

 span

◆◆ 稲村亜美さん プロフィール ◆◆

 1996年1月生まれ。東京都出身。
 プロ野球では1995年生まれの松井裕樹、森友哉世代。

 2014年、講談社のアイドルオーディション
 「Miss iD 2014」に選出。
 2015年、自動車メーカーのウェブCMで
 豪快なバッティングフォームを披露し
 “神スイング”として注目される。

 その後、バラエティ番組、スポーツ番組、
 グラビア出演などで幅広く活躍。

 文化放送では、毎週月曜21時から生放送の
 『関根勤のスポパラ』のアシスタントとして
 レギュラー出演中。

 プロ野球の始球式に数多く登場され
 12球団のうち9球団の主催試合に登板。
 始球式では最速103キロ。
 シーズンオフのイベントで最速105キロを計測。

 (スポパラ放送時間、始球式登板球団数などはオンエア日時点)

 span

********************

  まいど野球拳

 ♪ や~きゅう~ す~るなら~ ・・・ ♪

 span
span
 1回戦は・・・ガンちゃんの勝利!

 勝者が敗者に対して
 脱がせたい“ベール”を指定しました。

 span

  コンプレックス

稲村 「一番のコンプレックスは声ですね」

 ボビー・オロゴンさん、クレヨンしんちゃんに
 声が似ている――と言われるそうで
 放送ではモノマネも披露
 ・・・しましたが、評価は微妙。

岩本 「今、ラジオの前のかた、
     ズッコケマンボーやと思うで。
     声がコンプレックスと言うよりも、
     モノマネがヘタ・・・(笑)」


稲村 「モノマネは結構、自信持ってやってるんで!
     怖いもの知らずですよね。
     若さゆえの」


 span

 2回戦は・・・再びガンちゃんの勝利!!

 span

  初めてのチュウ

稲村 「うわ~!恥ずかしい!どうしよう?!
     ・・・でも、小鳥キッスです」


 お相手は、中学2~3年生の頃の
 別の野球チームの選手とのこと。

稲村 「ホント恥ずかしくって、ずっと下向いてました」

岩本 「向こうからちゃんとチュウしに来たの?
     じゃあ、その男、
     なかなかいい男やと思うよ」


 ちなみに、その男の子のことは
 “好きだったけど、初めてチュウする相手は
  もっと選びたかった”――とのことでした。

 span

********************

  球速アップの方法

 「110キロ」を目指す稲村亜美さんに対して
 ガンちゃんから球速アップのための
 アドバイスは・・・

 ズバリ!「スパイクを履けばいい」

 稲村さんは先発投手への配慮で
 マウンドを荒らすことはできない――と
 スパイクではなくスニーカーで始球式に臨んでいます。
 そのため、 投球の際、滑るそうです。

岩本 「(マウンドの下の)人工芝からでもいいから
     スパイク
(を履く)だけで
     110
(キロ)普通に出る」


 span

 さらに的確なアドバイスをするには
 一度、亜美さんの投球を
 受けてみなければいけない――とのことで、
 練習する場所として
 鎌ケ谷ファイターズスタジアムを提案。

 せっかくなら、その日に
 イースタン・リーグ公式戦での始球式に登板しては?
 ――と話が盛り上がり・・・

岩本 「まかしといて!
     俺がホントに元野球選手、
     ファイターズOBだったっていうの
     見せつけちゃうから!」


松島 「“顔”で喋ってますね」

 ここぞとばかりにファイターズOBの力を発揮せんと
 熱が入るガンちゃん
 その必死さゆえ、必死の形相になっていました。

岩本 「せやで。何事も全力やねんで」

稲村 「お願いします。
     けっこう
(表情が)
     ゴチャゴチャとしてましたね」


松島 「ガンちゃん、けっこう負けてますよ」

岩本 「やっけられまくりや」

 span

 そのほかにも稲村亜美さんは
 ピッチング同様、トークも直球!
 ガンちゃんの内角をえぐりまくります(?)

 (『まいど野球拳』のタイトルコールを二人で行い・・・)

稲村 「息合いますね」

岩本 「(嬉) 
     勘違いするからね。中年やからね」


稲村 「そうですね。
     40を過ぎた――
(中年)


 span

 (『まいど野球拳』2連敗で・・・)

稲村 「いつもは(ジャンケン)強いんですよ。    
     知らない土地
(番組)に来たんで、
     戸惑ってるんです」


岩本 「(勝ったのは)亜美ちゃんと僕の
     気合の差なんですよ。
     本当に戦場に立ってるつもりで戦ったんです」


松島 「ガンちゃんのベールを脱がしても、ねぇ」

稲村 「誰も聞きたくないですよね」

八木 「よくぞ言った!

 span

 span

 span
 ▲「変化球は投げられる?」という話題から
   チェンジアップの投げ方をガンちゃんに教わる稲村亜美さん

稲村 「今投げられるのはスライダーだけ。
    
(横滑りするスライダーではなく)
     “縦スラ”なんですよ」


 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年04月17日

卓球&クイズ! ピンポンでピンポン!

■4月17日の放送は・・・

 第3回 
  クイズ! ピンポンでピンポン!

 スペシャルウィークのこの日は
 ラジオ的超チャレンジ企画
 「ピンポンでピンポン!」を3年ぶりに開催!

 「ピンポンでピンポン!」は・・・
 スタジオに、縦120cm/横60cm(片面60x60)の
 ミニ卓球台を設置。
 まず、クイズを出題後、
 ピンポン(卓球)対決を制した者が回答権を獲得し、
 正解すると1ポイント獲得。
 不正解2問ごとに相手へ1ポイント。
 1対1の対戦で2ポイント先取で勝利。
 (途中から時間の都合で1ポイント勝負に変更)

 予選リーグを行い、
 成績上位2名による決勝戦を行う。

 つまり、卓球とクイズ両方の実力がなければ
 勝利を手にすることはできません。

 2014年に開催された第1回大会は、ガンちゃん
 第2回大会は、前アシスタント・野口逢里さんが優勝。

 ガンちゃんの2大会ぶり V奪回はなるか?
 まっちゃん(松島アナ)が悲願の初優勝を果たすか?
 菜緒ちゃん(八木アナ)が初出場初優勝か?

 span

  GAME 1 岩本 勉 VS 八木菜緒

 span

 “球技”に自信を持っていたガンちゃんが
 卓球勝負に競り勝ち回答権を得ながら、
 誤答を連発し八木アナにポイントをプレゼント。
 結局、八木が2-1で勝利!

  GAME 2 八木菜緒 VS 松島 茂

 span

  GAME 3 岩本 勉 VS 松島 茂

 span

 生放送による進行の都合上、
 ここから1ポイント勝負となり
 ガンちゃんがあっさり予選敗退。

 この結果、予選リーグ「2勝」のまっちゃん
 「1勝1敗」の菜緒ちゃんがファイナル進出!

  GAME 4 松島 茂 VS 八木菜緒

 span

 ハデなスマッシュが繰り出されることはなく、
 地味にラリーを続けた両者でしたが
 「ピンポンでピンポン!」を制したのは・・・

 span

 前日=4月16日が誕生日の菜緒ちゃん!!

岩本 「アスリート目線で言っていい?
     菜緒ちゃん、動体視力いいわ」


八木 「うれしい!」

岩本 「ズバリ言うわ。ナメてた。
     菜緒ちゃんは動体視力と、
     対応能力に長けてる」


 放送前の八木アナの卓球の練習を見た
 ガンちゃんはすっかり油断。
 勝負は本番前についていた?!

 span

 リスナーの皆さんには「優勝者予想」で
 ご参加いただき、見事的中された方の中から抽選で
 スクラッチ宝くじ
 文化放送専用 おてがるラジオをセットにしてプレゼント!

 予想の人気は
 ガンちゃんまっちゃん菜緒ちゃんの順でしたが
 そうした中で
 ★ 優勝:八木菜緒 と予想した皆さん
 おめでとうございます!

 span

 放送終了後、サプライズ演出で
 バースデーケーキが登場(with 高橋将市アナ)

 span

 span

 菜緒ちゃんダブルでおめでとう!

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年04月10日

ガンちゃん VS 八木菜緒  まいど野球拳!

■4月10日の放送は・・・②

 緊急対決!
 岩本 勉 VS 八木菜緒
  まいど 野球拳!

 この日は当初
 稲村亜美さんをゲストとしてお招きする予定でしたが
 インフルエンザ発祥のため出演は24日に延期。

 稲村亜美さん登場を想定して
 まさかの「野球拳企画」を用意していたのですが
 ここで“ひと肌脱ぎます!”と
 代打として名乗りを上げたのは
 菜緒ちゃん八木菜緒アナウンサー。

  span

 ガンちゃんとのジャンケン勝負で
 もし負けたら・・・

 秘密のベールを脱ぐ
 まいど野球拳 を行いました。

 span

 ♪ や~きゅう~ す~るなら~ ・・・ ♪

 最初の勝負で勝ったのは菜緒ちゃん

 勝者が敗者に対して
 脱がせたい“ベール”を指定しました。

 span

  はじめてのチュウ

岩本 「小学校2年生の時に
     ニノミヤさん、ミヤザキさんに
     羽交い絞めにされて教室で
     唇奪われまくった」


 ニノミヤさん、ミヤザキさんは
 “超 いわもっちゃん大好きコンビ”で
 小学生時代のガンちゃんは、
 なぜか、非常にモテていたそうです。

松島 「自慢話だよね」


 2回戦は、ガンちゃんの勝利。

 菜緒ちゃんが脱いだ“秘密のベール”・・・

 span

  誰にも言ってないこと

八木 「最近・・・
     胸が大きくなりました」

 
岩本 「♪ つまんない! つまんない♪」

 この1年ほど、
 ブラジャーを買い替えてなかったという菜緒ちゃん
 ジムに通い始めて、体が引き締まった結果・・・

岩本 「アンダーがシャープになったっていうこと?」

八木 「YES!」

 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

現役引退表明 岩村明憲選手

■4月10日の放送は・・・①

 福島ホープス 岩村明憲選手
 現役引退を語る!

 プロ野球独立リーグBCリーグ
 福島ホープス
 岩村明憲選手兼監督兼球団代表(以下、選手)が
 今シーズン限りでの現役引退を表明。

 東京都内と福島・郡山市内の2か所で
 現役引退に関する記者会見を行ったこの日、
 『まいどスポーツ』の生放送に
 電話でご登場くださいました。

 span
 ▲2017年2月13日ご出演時の岩村明憲選手

◆◆ 岩村明憲選手 プロフィール ◆◆

 1996年のドラフト2位でヤクルトに入団。
 日本球界(NPB)では ヤクルト、楽天、ヤクルトで14年、
 メジャーリーグでは、レイズ、パイレーツ、アスレチックスで
 4シーズンプレーし、日米通算「1,585安打」を記録。
 2015年から、BCリーグ・福島ホープスで
 選手兼任監督としてプレー。
 今年で現役21年目。

********************

  兼任監督として出場減の2年目

岩村 「きょう・あした
     引退するわけではないので
     最後の最後まで気を引き締めて、
     残り70試合なんですけれども
     最後まで精いっぱいやってみたいな
     という思いです」


 福島ホープスでの1年目(2015年)
 「岩村選手」としての出場は
 10試合(21打席)でしたが
 2年目の昨シーズン(2016年)は
 3試合出場(7打席)に減少。
 選手として第一線から離れたら
 『いつかは・・・』という思いを
 抱いていたという岩村選手。

岩村 「自分の名前があると
     『この岩村、ジャマやな』
     思ったこともあったんですよ」


 BCリーグの選手登録可能人数は
 「27人」。
 周囲からは『監督を外すのはだめですよ』
 と言われることもあったそうですが・・・

岩村 「練習ができてない僕が
     ここにいて、ひと枠潰してしまうのも
     ・・・という思いもありました」


岩本 「それでいて、プレーしながら
     試合に出ながら手本となって
     若い選手にメッセージを送らなきゃいけない
     という立場もあるし」


岩村 「プロとして人前に出て
     しっかりスイングできる状態でなければ
     出る資格はないと思ってますから」


 span
 ▲2017年2月13日ご出演時の岩村明憲選手

 監督の立場としては、
 若い選手にチャンスを与えたい――
 という思いが根底にあるという岩村選手。

岩村 「若い選手と競争をして
     しっかり勝てないと
     打席には立てないなという思いですね」


岩本 「この先もずっと
     いい指導者でいてくれることは
     もう間違いないね」


********************

  栄光は、地道な努力の結果

 これまでの現役生活は
 いいシーズンもあれば、つらいシーズンもあった
 ――と語る岩村選手。

岩村 「つらいときに
     支えてくれたチームメイトは
     生涯の友達だと思いますし、
     そういう部分を少しずつ選手たちに
     伝えていければと思います」


 また、数々の実績を残してきた岩村選手ですが、
 それらの栄光は、
 日々、厳しい練習を積み重ねたことで
 手に入れたこと――として、
 若い選手には、地道な努力の要求。

岩村 「朝起きたら、こういう立場に
     なってたわけじゃないよ。
     何苦楚魂
(なにくそだましい)というのは
     そこにもありますから、
     こういうこと
(努力)をやってた、と。
     そういうものがあったから
     今がある――ということを、
     地道な努力というものをね、
     惜しまずやってほしいなと思いますね」


岩本 「若い選手って目の前『苦労』ばかりじゃん。
     だって、やりたいことをできないから
     練習するのであって、
     そこには『苦難』があり『困難』があり、
     最悪アクシデントという『災難』まであって
     それを乗り越えた時には
     漢字が『有難
(ありがたし)』に
     変わってる、っていう
     アドバイスができると思うんですよ」


********************

  思い出の4試合

 20年の現役生活の中から
 思い出の試合を挙げていただきました。

 1.2001年
   ヤクルトスワローズで日本一になった試合
 2.2005年
   母親が亡くなった日に2本塁打を打った試合
 3.2008年
   レイズ時代、ア・リーグ チャンピオンシップ
   レッドソックス戦のGAME 7(第7戦)


 「負けたら終わりという試合ができたこと、
  その試合に勝ててワールドシリーズに行けたことは
  つながっているんですけど、
  あの『GAME 7』の心境/メンタルは、
  今ではなかなか考えられない
  メンタルをしてたと思います」


 4.2009年
   WBCで連覇をできた決勝の韓国戦


岩村 「ただ、BCリーグとはいえ、
     残り70試合ありますので
     僕は必ずその70試合で、
     思い出に残る試合を
     もう1試合作りたいな、っていうね、
     まだ、精一杯やりたいなと思ってます」


岩本 「今後、講演活動もあると思うんですよ。
     そこでは『思い出に残る試合』にぜひ
     2005年、円山球場での“ガンガン対決”で
     岩本勉からライトスタンドの
     トイレの屋根にぶち当てたホームラン、
     あれも入れたってくださいよ!」


岩村 「あの時の対決はシビレましたよね」

岩本 「打った瞬間、
     それとわかるホームランでしたからね」


********************

  残り70試合へ

 現役最後のシーズン、
 残り70試合に向けて・・・

岩本 「グッときて、思わず涙が
     あふれ出るような野球を
     また味わってほしいですね」


岩村 「でも、好きな野球なので、
     笑顔で終わりたいな、と。
     その中で我慢しきれず涙が出てくるのは
     しょうがないんですけど、
     やっぱり笑顔で終わりたいな、
     っていうのはありますね」


岩本 「ガンちゃんらしいね!」

 福島ホープス岩村明憲選手兼任監督の
 現役ラストイヤーのプレーに注目しましょう!


 span
 ▲2017年2月13日ご出演時の岩村明憲選手

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年04月03日

パ・リーグ開幕3連戦 総括

■4月3日の放送は・・・

 パ・リーグ開幕3連戦 徹底解説!
   生パ・リーグ情報 ナマッパ!

 プロ野球は 2017年シーズンが開幕!
  日本ハム  対  西武 を中心に
 パ・リーグ開幕3カードの戦いを
 ガンちゃんが徹底解説しました。

 span

********************

  FL対決は 西武が勝ち越し!

 日本ハム西武(札幌ドーム)の
 3連戦は2勝1敗で西武が勝ち越し。

 ガンちゃんが注目したポイントは・・・

  第1戦 1回裏 日本ハムの攻め

 日本ハムの開幕投手・有原航平が
 1回表、西武打線を三者凡退に抑え、
 直後の1回裏の攻撃で
 西武先発・菊池雄星から
 先頭打者・西川がヒットで出塁し
 【ノーアウト1塁】とした場面・・・

 2番・田中賢介はヒッティングでショートライナー。
 もし、田中ならば9割は成功するであろう送りバント
 【1アウト2塁】として
 3番・大谷翔平に打席が回れば・・・

岩本 「開幕投手は動揺する。
     心、揺れ動きまくりやん。
     なぜ、菊池にプレッシャーを
     与えなかったのか、と思った」


 結果は、大谷三振、4番・中田ショートゴロで0点。

岩本 「これでもう、
     ライオンズのペースですよ」


 その直後の2回表、ファイターズに守備の乱れもあり
 西武が2点を先制。

 菊池は「7回1失点」で開幕戦初勝利を挙げました。

 span

  西武 3戦 ノーエラー

 昨シーズン、パ・リーグ最多失策を記録した
 西武でしたが、この3連戦はエラー

 ガンちゃんは、セカンドの浅村栄斗
 ルーキーでショートの源田壮亮の守備を高く評価。

 特に、4回ウラ 中田翔が放った
 三遊間深いところへのゴロを
 源田が横っ飛びで捕球後、
 一塁へノーバウンド送球でアウトにしたプレーを絶賛。

岩本 「あのインパクト、強かった!」

  4番の差・・・

 西武が勝ち越したポイントは・・・

岩本 「ズバリ言おうか?
     4番バッターやろうね」


 西武の4番・中村剛也は3試合で4安打を記録。
 唯一負けた【2戦目】の9回表は
 マーティンの前に空振り三振に倒れましたが
 「バットが1センチずれていればホームランか?」
 ――というスイング(ファール)を続け
 日本ハム投手陣にプレッシャーをかけました。

岩本 「3戦目、中村の時
     みんなビビリまくっとったやん。
    
(2戦目9回の打席の)あの姿があったから」


 一方、日本ハムの4番・中田
 3試合で 11打数1安打 打率.091 と振るわず
 存在感で相手にプレッシャーを与える
 4番の立ち居振る舞いができていないと指摘。

岩本 「立ってるだけでプレッシャー与えなきゃ。
     今、存在も、バットも
     大谷に追いつかれてるよ」


 先週の放送
 日本ハムの優勝予想を展開したガンちゃんでしたが
 「このままでは、大丈夫ではないと分析します。

 span

********************

  ソフトバンクが ぶっちぎる?!

 開幕3連勝 ソフトバンク がこのまま
 ペナントレースを独走する可能性もありそうです。

岩本 「ホークス、ぶっちぎるかも」

 また、ホークスへの復帰が決まった
 川﨑宗則選手に対しては
 スタンドを盛り上げ、
 たとえ劣勢でもムードを変える力があると分析。

岩本 「ベンチに座っていても
     監督でもない、コーチでもない、
     彼独特のポジションちゅうのが存在する」
 

 span

 同じく、開幕3連勝の  楽天 
  12打数7安打2HR の活躍を見せた
 “恐怖の2番”新外国人・ペゲーロ
 「2番最強説」を実証する存在となるか?

岩本 「あんな2番、オレ(現役投手だったら)
     イヤや!

 アマダーとともに注目する必要がありそうです。

岩本 「アマダーーー!!

 span
 ▲「アマダー」の体形と名前の語感との
   不思議な一致を指摘する ガンちゃん

********************

 4月から番組は放送12年目に突入。

 これまでスタジオには、数多くの方を
 ゲストとしてお迎えしました。

 そのお一人でもある
 陸上の柏原竜二選手(富士通)がこの日
 現役引退を表明。
 番組では、発表されたコメントを一部ご紹介しました。

岩本 「彼もいろんな経験をして
     いい時もあったでしょう、
     つらい時もあったでしょう。
     そのあたりを彼なりの言葉でしっかり
     後継者の方々に提供してください。
     おつかれさまでした」


 ◆柏原竜二選手の過去のご出演の模様
  2014年12月 1日
  2011年 3月27日

********************

 明日4月4日(火)からは
 楽天ソフトバンクの全勝対決、
 日本ハムロッテと対戦。

 西武はメットライフドームに
 オリックスを迎えホーム開幕戦。

 文化放送ライオンズナイターでは 4日 17:50~
 解説・山崎浩之さん、実況・槙嶋範彦アナウンサーで
 西武対オリックス 実況中継をお送りします。

 リニューアルされた
 ライオンズナイター 公式サイト
 チェックしてください。

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年03月27日

2017年 パ・リーグ開幕展望&順位予想!

■3月27日の放送は・・・

 プロ野球開幕直前スペシャル!
  開幕3連戦展望今シーズン順位予想!
   生パ・リーグ情報 ナマッパ!

 プロ野球はオープン戦全日程を終了。
 いよいよ4日後の3月31日
 2017年シーズンが開幕します。
 そこで、日本ハム 西武を中心に
 パ・リーグ開幕3連戦を展望するとともに
 毎年恒例、出演者による
 パ・リーグ順位予想を披露。

 さらにガンちゃん最新刊
 『日本一よくわかる
  北海道日本ハム 強さの理由』
について
 執筆にいたった経緯や想いなどを
 著者・ガンちゃんが紹介しました。

 span

********************

  開幕対決 日本ハム vs 西武

 日本ハム西武(札幌ドーム)の
 両軍監督が公表した開幕投手は
 有原航平(初)、菊池雄星(2年連続2度目)。

 ガンちゃんは両投手の共通点として
 立ち上がりに大量失点をする可能性を指摘。

 また開幕投手の経験の差については

岩本 「有原は怖いもの知らずで
     マウンドに上がる可能性が高い。
     雄星は、あの緊張感を知っているから、
     慣れているのか――、
     一層、頭でっかちになるのか――、
     どっちかやね」


 span

 打撃陣でカギを握る選手は
 F・大谷翔平

 もし、開幕3連戦で
 【ヒット4~5本、ホームラン2本】程度の
 結果を残したならば・・・

岩本 「そのまま『3冠王』(の可能性も)
     あるからね。あるよ。ある!」


 ピッチャーとしての起用は必要ない――
 という声が出てもおかしくないほど
 現在、バッティングが好調。
 しかし一方で、投手としての調整は
 「全然間に合ってない」状態。
 ファイターズ投手陣の陣容が揃っていることもあり、
 大谷選手はシーズンを通して
 打者に専念する――という判断があっても
 おかしくないと分析。

岩本 「あの若さだったら、
     肩を休めるのが1年間あったと思えば。
     30
(歳)過ぎてたら“ブランク”。
    
(でも今の若さならその概念は)ないもん。
     栗山監督やったら打者中心でいかすかもよ。
     【3割3分、ホームラン45本
      120打点】・・・ほら、三冠王!」


松島 「そこまでいきますか?!」

岩本 「そうさせないために、
     ライオンズのはじめのカードが重要」


松島 「菊池雄星、重要じゃないですか?!」

岩本 「ガラスのハートが
     “防弾ガラス”になるのか
     “ペランペラン”になるのか
     プレッシャーのかかるマウンドやと思うよ」


 span


********************

  2017年 パ・リーグ順位予想

順位 岩本 松島 八木
優勝  F   L   M 
2位  H   H   L 
3位  M   M   F 
4位  E   F   H 
5位  L   E   E 
最下位  Bs   Bs   Bs 


 【岩本 勉】 優勝 日本ハム・・・
  「優勝しない根拠が見つからなかった」
  「3~6位はダンゴ」

 span

 【松島 茂】 優勝 西武・・・
  「オープン戦後半戦、
   しっかり勝ってるのが辻野球」


 span

 【八木菜緒】 優勝 ロッテ・・・
  「西武と言いたいんですけど、ロッテ。
   西武は2位にくるんじゃないかな」

  「1~4位はどうなるかわからない、混戦」

 span

********************

 『日本一よくわかる
     北海道日本ハム 強さの理由』

 2006年の北海道移転後初優勝から去年まで
 11年で5度の優勝を果たした日本ハム
 急激に強くなったそのワケとは・・・
 選手、球団フロント、親会社、
 地元企業・ファンなどが
 “一枚岩”となって人気・実力を伸ばした
 ファイターズの強さの理由について、
 移転当時、選手会役員を務めていたガンちゃん
 北海道内での宣伝活動などを通じて
 見たこと、感じたことを
 初めて本にまとめました。

岩本 「検証を踏まえて、自分が感じたことを
     すべて文字にさせていただき、
     末澤オーナーと対談させてもらったのも
     最終章にビッチリ書かせてもらってます!」


 span

 日本一よくわかる
   北海道日本ハム 強さの理由 

 ■プレジデント社
 ■1,300円+税(2017年3月発売)
 ■詳しくは こちら

 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年03月20日

渡辺俊介投手とWBC決勝ラウンド展望

■3月20日の放送は・・・

 元祖 侍サブマリン 登場!
  渡辺俊介投手と WBCを語る!

 2017 ワールドベースボールクラシック
 先週の放送の時点(日本が2次ラウンド初戦勝利)から
  侍ジャパンがキューバ、イスラエルを連破。
 1次ラウンドから6連勝で、2次ラウンドも1位通過!
 4大会連続決勝ラウンド進出を決めました。

 準決勝・アメリカ戦(日本時間22日10時試合開始)を控え
 この日はゲストに、侍ジャパンV2に貢献した
 渡辺俊介投手をお招きして
 アメリカでプレーした経験や
 WBC公認球に対して有効なボール、
 決勝ラウンドにおける
 侍ジャパン期待の選手などを伺いました。

 span

◆◆ 渡辺俊介投手 プロフィール ◆◆

 1976年、栃木県出身、40歳(放送日時点)

 社会人・新日鐵君津から
 2000年のドラフト4位でロッテに入団。

 アンダースロー投手として活躍し
 NPB通算13シーズンで87勝82敗。

 日本代表入りは
 社会人時代の2000年・シドニーオリンピック、
 2006年、2009年のWBC。

 WBCでは、2大会通算5試合に登板し防御率 1.72。
 第1回大会決勝戦にもリリーフ登板。

 現在は、新日鐵住金かずさマジックのコーチ兼任投手。

 span

********************

  アメリカでの登板

 渡辺俊介投手が出場した
 2006年、2009年の大会(第1回、2回)と、
 前回(2013年)、今大会(第3回、4回)とでは
 日本が戦った2次ラウンドの開催地が異なり
 第1、2回大会はアメリカ
 第3、4回大会は日本で2次ラウンドが行われました。

 前回と今回とで、日本代表にとって
 不安材料を挙げるとすれば
 決勝ラウンドでアメリカに行ってから
 生活環境、気候、時差に慣れる時間が
 ない(短い)こと。

 前回大会にも出場した
 西武・牧田和久投手から聞いた話によると
 第3回大会は、2次ラウンド後に
 渡米したため大変だったそうです。

渡辺 「アメリカに行くのを目標にしてるので、
     一回気持ちがリセットされて、
     もう一回作り直さなきゃいけないんです」


 反対に、第1回、2回大会は
 アメリカで2次ラウンドを勝ちが上がったため
 『気持ち』が出来上がった状態で
 決勝ラウンドに臨めたそうです。

 span

岩本 「世界の舞台はどんなんですか?」

 アメリカの球場は、鳴り物応援のある日本と異なり
 シーンとした状態で、
 「ザワザワしている球場は少ない」そうです。

 ピッチャーが静かな状態でマウンドに立つため

渡辺 「緊張感がいつもと違うんです。
     球場の雰囲気がすごく変わりやすくて
     あれは緊張感 増しますね」


岩本 「幸せやな。それ味わってみたかったな」

********************

  アメリカ宿泊事情

 渡辺俊介投手が参加した第1回大会では期間中、
 宿泊するホテルでハウスキーピングのスタッフが
 部屋を何度も訪問してくるため、
 睡眠を妨げられストレスになったそうです。

渡辺 「どんどん入ってくるんですよ。
     ナイターで、昼まで寝たいのに」


 しかし、それには裏話がありました。

 日本の選手がホテルスタッフに
 間違えて多めにチップを渡していたため
 チップ目当ての従業員が
 入れ替わり立ち替わり
 『水はいらないか?何か必要なものはないか?』
 やってくるようになったそうです。

渡辺 「第1回の時は、
     そのへんの情報がいまいちだったんで」


岩本 「そやね。
     チップ文化の違いはレクチャー要るね」


 span

********************

  WBC公認球への対応

 侍ジャパンは、準決勝に臨むため
 アリゾナ入りし、練習試合を2試合戦いました。

 気温が高いアリゾナと比べて
 準決勝、決勝が行われる
 ロサンゼルス(ドジャースタジアム)は
 気温が低く
 試合(ナイター)では、寒い可能性があります。

 “滑る”といわれるWBC公認球の感触は
 気温や湿度の違いで変わってくるそうです。

渡辺 「(寒いと)嫌ですよ。
     ボールがツルツルツルツルする・・・」


岩本 「あれはアカン!
     想像するだけでゾッとする。
     ツルツルしたボールでマウンドに立ってる
     自分の自信のなさ、
     思い出したくないわ!
     オープン戦の時や。あれ、嫌やな」


 span

 ピッチャーにとって
 ドジャースタジアムでの試合で大切なことは
 「ロジンバッグ(※)と友達になること」

 (※)松脂の粉・炭酸マグネシウムなどを入れた袋で、滑り止めに使う

 乾燥して、ボールが滑るようだと
 スローカーブ、フォークボールなどの
 抜くボールが投げにくく
なり、
 ツーシーム、スライダー(**)
 曲がりが鋭くなり、急に曲がるような変化
をする。

渡辺 「そういうボール(**)
     日本の時よりキレが増すと思うんで、
     そっちを有効に使えるピッチャーは
     そんなに
(乾燥や滑りは)気にならないかな」


岩本 「(ピッチャーにとって)
     手元の数ミリの狂いは、恐ろしいもんね」


 span
 ▲アンダー/サイドスロー談義では、肋骨を折るエピソードも

********************

  侍ジャパンのキーマン

 渡辺俊介投手が挙げる
 決勝ラウンドでカギを握る“侍”は・・・

 ・・・・ 西武・牧田和久 投手

 もつれる試合展開を想定し、鍵を握るのは
 試合終盤に投げるピッチャー――ということから
 アメリカにいないタイプの牧田投手に注目。

渡辺 「自信をもって、インコースと高めを
     思い切って使っていってほしいですね」


岩本 「サブマリンの浮き上がってくるストレートは
    
(投げられる人がいないから)
     練習したくてもできないと思うよ」


 span

 侍ジャパンははたして世界一を奪回できるでしょうか。
 決勝ラウンドの戦いに注目しましょう!


 ※ 準決勝で日本はアメリカに1-2で惜敗しました
   ガンちゃんの感想・解説は27日(月)の番組でご紹介します

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2017年03月13日

激闘!WBC オランダ戦で見せた侍ジャパンの特長

■3月13日の放送は・・・

 4時間46分の死闘制す!
  WBC 2次ラウンド オランダ戦 徹底分析

 2017 ワールドベースボールクラシック
 侍ジャパンは先週6日の放送後、
 WBC 1次ラウンドで
 キューバ、オーストラリア、中国を相手に3連勝。
 プールBの1位通過を決めると、
 3月12日 2次ラウンド・オランダ戦も
 延長戦の末に勝利!

 日本の勝利の立役者、ムードメーカーについて
 ガンちゃんが情熱たっぷりに解説しました。

 span

********************

  リードを許さない粘り

 「オランダ対日本」は
 侍ジャパンが勝ち越せば追い付かれる、しのぎ合いの末、
 タイブレークとなった延長11回、
 日本・中田翔の2点適時打でリードを奪うと
 10回裏から登板の牧田和久がピシャリと抑え
 4時間46分の死闘を制して4連勝を飾りました。

八木 「ずっと見てたんですけど、
     こっちにも緊張感が伝わってくるような、
     アドレナリンが出るような試合でしたよね。
     ホント興奮しました。熱かった!」


岩本 「3回追い付かれてるけど
     “リードされないところ”に
     日本の粘り、侍ジャパンの特長
     って、実はそこに出てる」


 1次ラウンドを通じて、ムードメーカー
 松田宣浩内川聖一のソフトバンク勢。

 松田選手は7日のキューバ戦で
 3ランを放つと、ホームランの後の叫び
 「熱男(あつおー)」を披露。

岩本 「バーッと表に出て
    
(盛り上げ役を)やるのは
     “マッチ”と内川君。
     ホークスの彼らは盛り上げ方がすごく上手で
     筒香、中田の一発屋がそれに乗ったね」


 span

********************

  3戦連発!5打点!決勝打 中田翔! 

 日本の5番・中田 翔はオランダ戦で
 3試合連続HRを決め、5打点をマーク。
 延長11回には、無死2、3塁の場面で
 決勝のレフト前2点適時打!

岩本 「何がすごいかというと
    
(前の打者が)送りバントを決めてくれて
     捨て身になった。
     捨て身になり、つまることを恐れずに、
     しっかり踏み込んだ――。
     自分の持ち味を出す
     バットスイングができた」


 span

 バットの芯より根っこの方で
 ボールを捉え、つまった打球となりましたが
 持ち前のパワーでレフトへ運ぶことに成功。

岩本 「バットにボールが乗ってる時間が長かった。
    
(打球は)右方向じゃないのに」


 span

 『まいどスポーツ』では来週3月20日
 WBC徹底リポート!

 20日はゲストとして
 第1回、第2回大会の世界一連覇に貢献した
 元・ロッテ、
 現・新日鐵住金かずさマジック(コーチ兼任)の
 渡辺俊介投手をお招きします。

 WBCに対するご意見、試合の感想、
 ガンちゃん、20日のゲスト・渡辺俊介投手への
 質問を募集いたします。

   メールmaido@joqr.net
   FAX03 - 5403 - 1151

********************

  ガンちゃんの新刊発売!

 ガンちゃんの最新刊が発売となりました。

 日本一よくわかる
   北海道日本ハム 強さの理由 

 ■プレジデント社
 ■1,300円+税(2017年3月発売)
 ■詳しくは こちら

 span

 2002年、北海道への移転発表時
 選手会長だったガンちゃんだからこそ書けた
 「すごい真相」
 なぜ常勝球団になれたのか――がわかります。


 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

(C) 2005, Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.