岩本勉のプロフィール

2016年12月31日

お知らせ  (トップに表示するため12月31日付けで掲載しています)

spanspanspan
次回放送 9月26日(月)18:00~ オリンピック「リレー」メダリスト 豪華ダブル出演!! ゲストは リオで銀メダル 山縣亮太選手 & 北京で銅メダル 塚原直貴選手! サイン入り「バトン」プレゼントも!     外出中も スマートフォンの radiko で お聴きいただけます♪♪  どうぞお楽しみに ♪♪
  放送500回記念特別公演 『まいど!新選組』
  「まいどG大賞!」ドジ話随時募集中! 詳細
  まいどメンバーのページ  まいどファミリーのページ

****************************

  次回 9月26日 (月) 18:00~

 五輪「リレー」輪メダリスト 豪華共演!

  リオ 銀メダル 山縣亮太選手
  北京 銅メダル 塚原直貴選手

 ゲストは
 リオデジャネイロオリンピック
 陸上 男子4×100mリレー
 銀メダリスト山縣亮太選手!

 北京オリンピック 同種目
 銅メダリスト 塚原直貴選手!

 五輪で共に第1走者としてメダル獲得を果たした
 山縣亮太選手、塚原直貴選手が豪華ダブル出演!

 日本が導入した「アンダーハンドパス」
  従来の「オーバーハンドパス」の
  メリット・デメリット、
 メダルの裏話、
 2020年 東京大会に向けた想いを伺います。

 ◆◆ リスナープレゼント ◆◆

 山縣亮太選手、塚原直貴選手の
 サイン入り「バトン」
 抽選で1名の方にプレゼントします。

 span

 応募方法は9月26日(月)の番組オープニングで発表!
 
 どうぞお楽しみに!

投稿者 文化放送スポーツ部 : 00:00

2016年09月19日

リレー メダリストW出演!山縣亮太選手&塚原直貴選手

■9月19日の放送は・・・

 世界を驚かせたアンダーハンドパス
  リオ五輪 銀メダル 山縣亮太選手
  北京五輪 銅メダル 塚原直貴選手

 リオデジャネイロ・オリンピックで
 日本中を感動の渦に巻き込んだ 
 陸上・男子4×100mリレーで
 過去最高の銀メダルを獲得した山縣亮太選手、
 同じく、2008年 北京オリンピックで
 銅メダルを獲得した塚原直貴選手、
 オリンピックのリレーでともに第1走者を務めた
 メダリストの豪華ダブル出演が実現しました!

 span

◆◆ 山縣亮太選手 プロフィール ◆◆

 1992年 広島市出身。現在24歳。
 セイコーホールディングス所属。

 小学5年の時に、陸上100mで全国8位。
 修道中学、修道高校を経て、慶應義塾大学に進み、
 大学2年の2012年、ロンドンオリンピック出場。
 「100m」では、準決勝進出。
 「4×100mリレー」では第1走者を務め4位入賞に貢献。

 「100m」の自己ベストは
 リオで記録した「10秒05」(日本歴代5位)

 span

塚原 「あの場で自己ベストが出せることは
     本当に評価できると思います」


◆◆ 塚原直貴選手 プロフィール ◆◆

 1985年 長野県岡谷市出身、現在31歳。富士通所属
 2008年、北京オリンピック「100m」で準決勝進出。
 「4×100mリレー」で第1走者を務め
 当時、男子のトラック種目において
 初のメダル獲得となる銅メダルを獲得。

 「100m」の自己ベストは「10秒09」(日本歴代7位タイ)

 span

 (年齢、記録は放送日時点)

********************

  4×100mリレー 銀メダル!

 第1走者から山縣亮太飯塚翔太桐生祥秀
 そしてアンカーにケンブリッジ飛鳥の布陣で臨んだ
 リオ五輪の「4×100mリレー」。

 日本は予選で「37秒68」のアジア新記録を出し決勝進出。

 「37秒台」は予想の範囲内でしたが
 「37秒6」が出たのは驚いたそうです。

 これは「バトンがスムーズに流れたのが大きな要因」
 あらためて「攻める」ことを確認し合い
 迎えた決勝は・・・
 「37秒60」のタイムで
 再びアジア新記録を更新!

 放送では決勝の実況をお聴きいただきました。

山縣 「あらためて聴くと
     『こんなすごいことしたんだ』
    
(と思います)


塚原 「予選から決勝の中で、
     チャレンジする気持ちが
     形になったんじゃないかな、と」


 span

 山縣亮太選手が決勝直前に考えたことは
 「レースを早く終わらせること」

山縣 「集中して、他のことに
     気持ちを持っていかれないように、
     気づいたら
(レースが)終わってるように
     準備してました」


 北京大会で銅メダルを獲得した塚原直貴選手も
 「誰よりも速く自分の持ち場のレーンを駆けてやろう」
 と考えてレースに臨んだそうです。

塚原 「僕らは『運び屋』。
     いかにバトンが早く
     ゴールを駆けるか、なんで」


岩本 「今、各運送会社の人、グッときてるで!」

span

********************

  アンダーハンドパス 実演!

 日本が採用する「アンダーハンドパス」
 実演を交えて解説していただきました。

 一般的な「オーバーハンドパス」
 手のひらを上に向けて受け取りますが
 「アンダーハンドパス」
 バトンをもらう選手が手のひらを地面に向け、
 渡す側がバトンを下から上に差し込んでパスをします。

 去年からは、以前より受け手と渡し手が互いに腕を伸ばし、
 最大の距離でバトンパスワークをする
 改良型アンダーハンドパスに着手。

 パスの際は「はい!」と声をかけ、
 常に、バトンの根元を持つため
 渡す側・受け取る側の手が触れます。

 span
 ▲従来のアンダーハンドパス

 span
 ▲改良型のアンダーハンドパス

岩本 「魂のつながりがわかりますよ。
     渡したあと、声も出るでしょ?」


山縣 「叫びますね。
     テンション上がりまくって」


 今回、実演に使ったバトンに
 山縣亮太選手、塚原直貴選手が
 直筆サインを入れてくださいました。
 このバトンを番組をお聴きのリスナー1名の方に
 プレゼントいたします。

 応募方法は9月26日の放送でお知らせします。

********************

 span

 年齢差7歳の塚原選手、山縣選手。
 山縣選手は、非日常のラジオ出演とあって
 常に緊張気味でしたが、
 先輩の塚原選手が随所でサポート。

岩本 「塚原選手の、後輩に対するサポートの気遣い、
     素晴らしいと思います」


山縣 「塚原さんってホント優しくて
     面白くて頼りがいのある人です」


塚原 「最初、おっかなかったらしいですから」

山縣 「おっかないと思ったんですけど、
     すごい優しくて面白いです」


 span

 塚原直貴選手、山縣亮太選手は
 次週9月26日もご登場いただきます。


 どうぞお楽しみに!

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

2016年09月12日

リオ・パラリンピック特集!

■9月12日の放送は・・・

  スポーツライター 高樹ミナさん に聞く
  リオデジャネイロパラリンピック!

  パラスポーツの世界と
     4年後 東京大会に向けて・・・

 開催中のリオデジャネイロパラリンピック
 現地で取材中の
 スポーツライター高樹ミナさんと電話をつなぎ
 ここまでの日程で見たこと・感じたこと、
 3連覇がかかる
 車いすテニスの国枝慎吾選手への期待、
 4年後の東京大会に向けたお話を伺いました。

◆◆ 高樹ミナさん プロフィール ◆◆

 フリーアナウンサーを経てスポーツライターに転身。
 競馬、F1、プロ野球などを担当したのち
 2000年 シドニーオリンピック以降、
 アテネ、北京、冬のバンクーバー大会を現地で取材。

 「2016年 オリンピック・パラリンピック招致委員会」の
 メンバーとして招致活動にも携われました。

 span

 この日の放送(現地時間12日 朝6時)の時点で
 リオに入って6日目、
 ラテンのノリにすっかり感化され
 「リオっ子」を名乗るほど馴染んでいるようです。

岩本 「サンバも余裕で踊れる感じですか?」

高樹 「当然じゃないですか」

岩本 「近々スタジオ(出演)よろしくお願いしまーーす!」

********************

  盛り上がった開会式

 開会式を取材して強く印象に残ったことは
 スタンドの熱気あふれる応援――。

高樹 「スポーツのお祭りですから、
     盛り上がった者勝ちだろうと
     思いますね」


岩本 「大阪人の岩本、大好きな言葉です」

高樹 「大阪のかたと相通じるもの
     あるかもしれませんね、ブラジルのかた」


********************

  選手をサポートする人の存在

 大会5日目まで
 日本選手団のメダル獲得は
 金0/銀1/銅4 合計5個

 ガンちゃんが感動したのは
 家族の応援のもとでメダルを獲得した
 柔道 男子60kg級 銀メダルの廣瀬 誠選手。

高樹 「家族の絆を
     純粋に感じさせてくれた
     試合でしたね」


 また、ガンちゃんはパラ・スポーツで
 選手をサポートする人の存在に注目。

高樹 「サポートされてる人の力が大きいので
     そういうところを見ていただいて
     決して“人の手を煩わせる”
     というものじゃないというのが
     伝わっていくといいのかな、と思います」


 span

********************

  日本勢、メダル獲得なるか?!

 今後の日程で、日本選手団のダル獲得を
 期待する競技は・・・

 ◆「ボッチャ・団体」(銀以上はすでに確定)
   ・・・日本時間13日朝に決勝戦
      今大会日本初の金メダルを期待!

 ◆「陸上 男子走り高跳び」(T44)
  鈴木 徹選手
   ・・・2000年シドニー大会以降
      6→6→5→4位と4大会連続入賞
      悲願のメダル獲得を期待!

********************

  3連覇へ!車いすテニス・国枝慎吾選手

 高樹ミナさんがパラリンピックに注目するようになった
 きっかけのひとつが
 車いすテニスの“絶対王者”
 国枝慎吾選手の存在を知ったこと。

 国枝選手は、11歳で車いすテニスを始め、
 2004年アテネ大会「ダブルス」金メダルを獲得。
 その後、世界ランキング1位の座に長年君臨し
 車いすテニスの4大大会制覇となる
 “年間グランドスラム”を5度達成。
 2010年、日本の車いすテニスプレーヤーとして
 初めてプロに転向。

 パラリンピックは、北京、ロンドンで
 「シングルス」2連覇。
 今大会で史上初の男子シングルス3連覇に挑みますが
 今年4月、内視鏡による
 右肘のクリーニング手術を受けたことから
 ケガの回復具合がメダルの行方を左右しそうです。

 明るい材料は、リオ入りの直前に出場した
 カナダの大会でのシングルス優勝

 今大会ここまでは
 初戦(2回戦)で2-0のストレート勝ち。
 3回戦進出を決めています。

高樹 「実際に見ましたけど
     心配ないんじゃないか、と。
     前人未到の3連覇がかかっているので
     ぜひ成し遂げてもらいたいと思いますね」


 国枝選手が実力を高めた背景には
 「周囲のサポート」が大きい
  ――と分析する高樹さん。

高樹 「サポートしてもらえる人物だった
     ということですよね。
     ここが魅力ですね」


 span

********************

  東京大会への期待

高樹 「客席を満員のお客さんで埋める
     ――これが一番の目標かもしれません」


 リオ・パラリンピックの盛り上がりを
 現地で感じた高樹ミナさんが
 4年後の東京大会に期待するのは
 大観衆のもとで競技が行われること。

 また、パラリンピックの成功が刺激となって
 障がいの有無にかかわらず
 “チャレンジ”できる社会の形成が
 進むことにも期待も寄せていらっしゃいます。

 高樹ミナさんには
 9月15日(木) 16日(金)
(いずれも18:00~21:30)
 『文化放送ライオンズナイター SET UP!』の中でも
 パラリンピック情報を伝えていただきます。


 span

********************

 プロ野球では、9月10日
 広島カープがセ・リーグ優勝を決定!

 先発し、勝利投手となった黒田博樹投手が
 カープに入団し直した経緯を思い出し
 感動もひとしおのガンちゃん

岩本 「黒田、カッコいいな。
     背中にチームメイトの手を感じた時に
     涙腺は“破壊”されるんですよ。
     すごい気持ちわかる!」


 span

 一方、パ・リーグ首位攻防の行方は
 先週、日本ハムが首位に立ち
 2位・ソフトバンクに0.5差(9月12日時点)

松島 「最終戦に近いところまで
     行く可能性が高いですね」


岩本 「行くと思うわ。シビレたいね!」

 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

2016年09月05日

西岩親方に聞く 秋場所を15倍楽しく見る方法!

■9月5日の放送は・・・

 稀勢の里 横綱昇進の条件
   元関脇 若の里・西岩親方 登場!

 大相撲秋場所(9月11日~24日)を前に
 元関脇・若の里/西岩親方
 1年ぶりに番組登場!
 弟弟子・稀勢の里が挑む綱とりの話題を中心に
 “秋場所を15倍楽しく見る方法”を伺いました。

 span

********************

  稀勢の里、優勝で横綱へ

 大関・稀勢の里は、春場所13勝(準V)
 綱とりの期待がかかった夏場所は13勝(準V)
 名古屋場所では12勝にとどまりましたが
 秋場所での綱取りに望みをつなぎました。

 西岩親方の見方は・・・・??

西岩 「絶対条件ですね」

 span

 平成以降の横綱誕生は、旭富士以降
 8力士続けて「大関2場所連覇」で昇進。
 最新の鶴竜は「優勝同点⇒優勝」で
 綱取りを果たしています。

 一方「昇進前3場所続けて12勝以上」
 1987年の大乃国以降出ておらず、
 これをクリアし、高い安定感を誇る稀勢の里に
 綱とりの期待がかかります。

 稀勢の里はこれまで優勝経験がありませんが・・・

西岩 「(優勝が)絶対条件ですね」

岩本 「パンチの効いた優勝が一番、
     周りを納得させますよね」


西岩 「私は“二場所連続優勝”で
     横綱になってほしいと思ってますね」


 直前3場所合計38勝の実績から
 秋場所で優勝すれば横綱昇進と見られていますが
 先輩横綱の多くが「連覇」で昇進しているため
 西岩親方はより高いレベルで誰もが納得する
 横綱昇進を期待しています。

 span

 そして最大のポイントに挙げるのは横綱・白鵬戦

西岩 「この壁を超えないといけないですね。
     白鵬を倒さない限りは
     優勝はないと思います」


岩本 「まさに壁ですね」

********************

  「まわし」は何年も使う

 力士が使う「まわし」は何年も同じものを
 使い続け、極力、新調しないそうです。

 これは、新しいまわしは体になじまず、
 古くなればなるほど、使いやすくなるから。

西岩 「僕も一つのまわしを5年とか
     7~8年つけたこともあります。
     古くなった方がいいんですよね」


 まわしは「洗わない」という話は有名ですが
 稽古で使うものは日干し、
 本場所で使うものは
 絹でできている高級品のため
 陰干しをします。

 また、長期間使うと、
 やぶれてくることもありますが
 業者に頼んで補修しながら
 できる限り長く使うのだそうです。

 span

********************

  断髪式

 去年、名古屋場所後に現役を引退した西岩親方は
 今年5月、断髪式が行われました。

 400人の方がハサミを入れる約2時間

西岩 「入門から、いろんなことを
     思い出しましたね」


 断髪式には松島 茂アナウンサーも参加。

松島 「緊張しました。
     土俵に上がる瞬間に緊張して、
     『どれだけ切っていいんだろうか』っていう」


 20160905_maido_Nishiiwa_05_360x270.jpg

 西岩親方の体重は
 現役時代の160キロから
 25キロ減の135キロ。

西岩 「全然違います。楽ですね」

 ダイエット方法は食事の量を減らすことのみで、
 今は普通の人の一人前しか食べないようにし、
 空腹でも我慢するそうです。

西岩 「最終的な目標は二ケタですね」

岩本 「184センチで90キロ台だと
     見た目、僕みたいになります」


西岩 「なりたいです!岩本さんみたいに」

岩本 「まぁまぁ、動きに制限ありますよ(笑)」

 span

********************

  元若の里/西岩親方の著書

 『たたき上げ 若の里自伝
  (大空出版/1,200円+税/2016年5月発売)
  詳しくは こちら

 span

 
◆過去の番組出演の模様
 ・2014年 8月 4日放送 こちら
 ・2014年 8月11日放送 こちら
 ・2015年 9月28日放送 こちら
 ・2015年10月 5日放送 こちら

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

2016年08月22日

リオのドラマティックな あの選手! MDP決定!!

■8月22日の放送は・・・

 リオデジャネイロオリンピック
  MDP 決定!

 この日は閉幕したばかりの
 リオデジャネイロオリンピックの熱戦の中から
 私たちに“ドラマティックな感動”を与えてくれた
 「MDP」
 (まいドラマティックプレーヤー)を決定!
 (Mはもちろん“Most”の意味も)

 ガンちゃん菜緒ちゃんが選ぶMDPのほか
 そしてリスナーの皆さんからも投稿を募りました。

 span

 ◆ 八木菜緒が選ぶMDP!
   陸上 男子4×100mリレー!

 山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の
 日本代表は決勝でアジア新記録の「37秒60」
 2位となり史上最高の銀メダルを獲得しました。

八木 「何回見ても興奮しますね!
     陸上をしている身からすると
     感動しました。
     あれはもう胸に刻まれました」


岩本 「徐々に歓声が大きくなるって
     いうのはエエな!」


 span

********************

◆ ガンちゃんが選ぶMDP!
   女子バドミントン 高松ペア!

 女子バドミントン・ダブルス決勝で、
 高橋礼華・松友美佐紀組が
 一時、16-19と追い込まれながら
 5連続ポイントで大逆転勝利!
 日本バドミントン界に初の金メダルをもたらしました。

岩本 「最後、5連続ポイント、
     抜群やったね!素晴らしい!」


八木 「シビれる試合を
     ありがとうございます」


 span

********************

  松島茂のメダル予想(第3回)

 “ニッポン代表アナウンサー”松島 茂アナが
 日本を発つ前に行った「10日目から最終日まで」の
 日本代表の金メダル予想
 “答え合わせ”を実施!

  松島 茂 金メダル予想
   レスリング 女子で2個
   バドミントン 女子ダブルス
   競歩
   【合計4個】


  実際の金メダル
   レスリング 女子で4個
   バドミントン 女子ダブルス
   【合計5個】


 span

 まっちゃんの予想では「レスリング」で
 吉田沙保里、伊調 馨、登坂絵莉の
 3選手の中から「2個」としていましたが
 吉田沙保里選手が無念の銀メダルで4連覇ならず。
 しかし、それを補って“おつり”がくるほど
 日本勢の金メダルラッシュが実現!

 「競歩」は金メダルこそなりませんでしたが
 「男子50キロ」で
 荒井広宙選手が銅メダルを獲得しました。

 全日程では「予想 14個」
      

岩本 「ええとこついてんねん。
     リオに挑んだ まっちゃんが
     相当、取材してんねん」


********************

 「Rioで叶えろ!」のコーナーでは
 文化放送・吉田涙子記者が生リポート!

 吉田沙保里選手のお母様や
 福原 愛選手を取材した様子を伝えてくれました。

 4連覇がかかりながらも銀メダルに終わった
 吉田沙保里選手――、
 お母様は、決勝戦後しばらく口を閉ざしていたものの
 約2時間後、取材陣に対し
 次のように語ってくださいました。

 『“霊長類最強”と言われても
  私の可愛い娘なんです。人間なんです』
 『負ける時は絶対来るので、
  頑張って素晴らしいことをしてくれたと思います』
 『私の家には金メダルは3つあるけど
  違う色のメダルはないんです。
  “銀色”という違う色のメダルをいただいて
  本当に良かったなと思います』


吉田 「本当にいセリフだなと思いました」

岩本 「『銀でごめんなさい』って
    
(沙保里選手の)言葉ありますけど
     何を言うてますのん!と。
     16年以上、競技に向き合って
     節制し続けるプレッシャーは
     考えられないことですよ」


 卓球の福原 愛選手は、前回大会では
 “ネイル”をオリンピックの柄にしていましたが
 今大会では、可愛らしいデザインにしていました。

 そのわけは
 “オリンピック柄”の爪が視界に入ると
 爪からプレッシャー受ける――ということで
 あえて女の子らしいネイルに変えたそうです。

吉田 「あの愛ちゃんも爪を見るだけで
     プレッシャーを感じるくらいの・・・
     影響を受ける心理状態に
     なるんだなと感じました」


岩本 「普段通りにステージに立ちたい
     という想いでしょうね」


 吉田涙子記者が選んだMDP
 卓球 女子団体で銅メダルを獲得した
 福原 愛選手でした。

********************

 スペシャルウィークのこの日は番組恒例
 スクラッチ宝くじのプレゼントを実施!

  span

 span

 生放送中「あなたが選ぶMDP」を
 送ってくださった方の中から抽選で
 10名の方に「1等賞金1千万円のスクラッチ宝くじ10枚」
 さらに5名の方に
 「松島茂アナウンサーのリオのお土産」
 プレゼントいたしました。
 (お土産の内容は生放送の時点ではわかりませんでした)

 span span

 プレゼントのご応募受付・抽選は終了しました。

 たくさんのご応募、ありがとうございました!


 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:35

(C) 2005, Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.