岩本勉のプロフィール

2020年12月31日

お知らせ  (トップに表示するため12月31日付けで掲載しています)

spanspan
 次回放送 11月23日(月)17:55~ 18:30    ガンちゃんが 日本シリーズ ジャイアンツ VS ホークス 序盤の大阪決戦を 徹底解説する 生パ・リーグ情報・・・略して 『ナマッパ』 を お送りします!   外出中も スマートフォンの radiko で お聴きいただけます♪♪  どうぞお楽しみに ♪♪

  【動画】 TRF SAMさん ダレデモダンス(2019年)
  【動画】 TRF SAMさん ダンスレッスン(2018年)
  放送600回記念 ラジオドラマ 『まいドキュメンタリー 岩本勉』
  放送500回記念特別公演 『まいど!新選組』
  「まいどG大賞!」ドジ話随時募集中! 詳細
  まいどメンバーのページ  まいどファミリーのページ
****************************

  次回 11月23日(月) 17:55~18:30

  日本シリーズ 1、2戦 徹底解説!

 11月21日に京セラドーム大阪で開幕する
 ジャイアンツ VS ホークス
 日本シリーズ“大坂 冬の陣”を
 ガンちゃんが徹底解説します。

 span

  ♪ ラジコで 聴く ♪
 ※ 11月23日17時55分 配信開始

****************************

  前回 11月16日(月) 放送分

   パ・リーグ CS徹底解説!
    生パ・リーグ情報 ナマッパ!!

 福岡ソフトバンクホークスが連勝で勝ち上がった
 パ・リーグ クライマックスシリーズ
 ホークス VS マリーンズ
 1、2戦の戦いを
 ガンちゃんが徹底解説しました。

 span
 「山田くん、髪切った?」

 ラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

投稿者 文化放送スポーツ部 : 00:00

2020年11月16日

パ・リーグ CS ホークスの勝因

 11月16日放送
 『岩本勉のまいどスポーツ』
 福岡ソフトバンクホークスが優勝した
 パ・リーグ クライマックスシリーズ
 1、2戦目の戦いを徹底解説する
 生パ・リーグ情報「ナマッパ」をお送りしました。

 span

 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

 パ・リーグ優勝のホークス
 11月14日開幕のクライマックスシリーズで
 マリーンズに連勝。
 CSを勝ち上がり、日本シリーズ進出を決めました。

 CSで勝敗を分けたポイント、
 さらに日本シリーズ・ジャイアンツ戦のポイントを
 ガンちゃんが情熱たっぷりに解説しました。

******************

  第1戦 6回の継投

 ホークスは2点を追う6回裏、
 マリーンズの守備の乱れを突いて同点とすると
 8回、2死満塁から甲斐の適時内野安打で勝ち越し。
 4-3で先勝。(アドバンテージの1勝を含め2勝0敗)

 6回裏、一死2、3塁(打者デスパイネ)で
 マリーンズは先発・美馬 学から東條に交代。

 6回途中(5回1/3)で降板した先発・美馬の投球内容は
 82球、7安打、3失点(自責点2)。

岩本 「横滑りのスライダーがしっかり効く
     東條をマウンドに上げた。
     美馬とはタイプが違うんですよ。
     美馬はゴロを打たせる――。
    
(井口監督は)“三振”が欲しかった」


 デスパイネは
 ショートへのタイムリー内野安打 ⇒ M 3-

 降板後、ベンチに下がった美馬投手の表情から
 “まだ投げたかった”――という
 思いを読み取ったガンちゃん

岩本 「マリーンズに移籍して
     エースと呼ばれる存在になって
     シリーズの一発
(一戦)目に
     マウンドに上がってるわけでしょ。
     彼の使命感は燃えまくってた。
     井口監督は“ピッチャー心とは・・・”
     というのを改めて知ったと思う」


 span

 今季、ホークス戦5勝の美馬投手の降板は、
 ホークスナインに“風向きが変わるかもしれない”と
 感じさせたかもしれません。

岩本 「なかには(美馬の降板を)
     『よかった』と思った選手も
     いたんじゃないかな」


 直後の一死1、3塁(打者・牧原)の場面では唐川に交代。

 牧原のセカンドゴロは、捕球した中村奨吾が
 1塁走者デスパイネにタッチ(タッグ)後
 ファーストに送球したものの井上晴哉が落球。
 3塁走者グラシアルがホームに生還し 3-3 同点

 8回裏 ホークスは2死満塁から
 甲斐がショート内野安打で H 4-3 M

 span

******************

  第2戦 リリーフ陣

 ホークスは0-3から
 中村 晃が2回裏に2ランホームラン
 4回裏にも2ランホームランを放ち逆転
 続く松田宣浩もホームラン ⇒ H -3 M

 ホークス投手陣は
 逆転した直後の5回表に
 先発・東浜から松本に交代。(1回無失点)
 6回、岩嵜(1回無失点)
 7回、嘉弥真→高橋 礼→モイネロとリレー。
 (嘉弥真が許した走者が内野ゴロの間の生還)⇒ H 5-

 7回裏、周東タイムリースリーベースヒット
 ⇒ H -4 M

 8回は、回をまたいで続投モイネロが無失点。
 9回、森 唯斗が無失点。H 6-4 M

岩本 「ポイントは、モイネロを回またぎで使えて
     結果を出したところ」


山田 「レギュラーシーズン、
     一回もないらしいですね」


岩本 「ちゃんと(抑えの)森に
     ステージを用意したから
     森は
(9回に)ランナー抱えても
     それをどうにか凌ぐことができたんやわ」
   

山田 「モイネロが2試合とも
     勝ち投手なんですよね」


岩本 「(嘉弥真が)ランナー抱えて、
     でも次のピッチャー
(高橋 礼、モイネロ)
     それをどうにか拭いながら
     ちゃんと抑えのピッチャーに
     “綺麗なマウンド”与えたからね」


 span

 span

 2打席連続ホームラン中村 晃については
 今シリーズ2試合とも
 引っ張るバッティングをしている点に注目。

岩本 「“決め打ち”なんやろうね。
     懐にきた球を強振して
     右方向にガンガン打つんだ――と。
     迷いなく“決め事”を作って
     バッターボックス立ったところに
     この結果がついてきたんだと思うで」


 span

******************

  来年が楽しみなマリーンズ

 敗れたマリーンズについては
 清田育宏選手の不調に言及。

岩本 「このシリーズ、清田がブレーキやった」

山田 「レギュラーシーズン最後
     右肩上がりで“清田ここにあり!”の
     活躍を見せた清田選手がCSでは・・・」


岩本 「バントも決められなかった。
     珍しくバットが出ずに三振したシーンがあった。
     逆に
(ホークスは)中村晃が“ラッキーボーイ”で
     出てきたでしょ。
     そういったあたりも勝敗のアヤに
     なってくるんじゃないかと思うよ」


 span

 マリーンズはCSで敗れたものの
 来シーズンが「メチャメチャ楽しみ」と分析。

岩本 「安田、藤原の二人の台頭というのは
     来年のマリーンズの打線の活性化には
     すごいパンチ効いてると思うよ。
     角中ももう一発気合い入れて練習すると思うし」


山田 「荻野選手が上位打線にいて、
     藤原――。
     それから和田が出てきたりしたら、
     和田、藤原、荻野――1、2、3番で
     安田が4番打ったりとか」


岩本 「その時点で、点は入りそうでしょ」

山田 「怖いですね。足も使えて。
     中村奨吾もいますし、
     福田も本調子を取り戻せば」


 span

******************

  日本シリーズのポイントは“脚力”

 11月21日に開幕する日本シリーズ
 ホークス 対 ジャイアンツで
 勝敗のカギとなる要素について
 ガンちゃん“脚力”と予想。

 福岡 PayPayドームは
 「ホームランテラス」があっても
 センターの広さがあり、
 そこを打球が抜けた際、
 ランナーがいかに積極的に
 先の塁を奪うことができるか――。

岩本 「どんどん前の塁を取って
     次の1点を取っていかないと。
     脚力のあるランナーが
     一つでも前に進めてるかどうかが
     ポイントやと思う」


山田 「柳田の前に、周東とか牧原とかが
     単打をツーベースに・・・」


岩本 「足を見せるシーンが
     守備も走者も
     目立つんじゃないかと思ってんねん」


 span


 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

投稿者 文化放送スポーツ部 : 20:02

2020年11月09日

長谷川滋利さんの “メジャー級” 投球術&英会話術

 11月9日放送
 『岩本勉のまいどスポーツ』
 元メジャーリーガー
 長谷川滋利さんがリモートでご登場。

 メジャーリーグ時代の秘蔵エピソードや
 最新の本『気持ちが伝わる! 好かれる英会話』から
 私たちでも使えそうな
 英会話のフレーズを教えていただきました。

 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

  span

◆◆ 長谷川滋利さん プロフィール ◆◆

 1968年生まれ。兵庫県出身。52歳。(放送日時点)

 東洋大姫路高校時代
 春夏合わせて三度、甲子園大会に出場。
 立命館大学を経て
 1990年のドラフト1位で
 オリックス・ブルーウェーブに入団。
 前身の阪急ブレーブスの大エース
 山田久志さんが背負った背番号「17」を継承。
 プロ1年目に12勝を挙げパ・リーグ新人王。

 日本でプレーした6年間で二けた勝利を4度記録。
 1997年、金銭トレードで
 メジャーリーグ、エンゼルスに移籍。

 メジャー1年目には、当時ドジャースの野茂英雄さんと、
 史上初となる日本人の投手同士による投げ合いも実現。

 メジャー在籍9年間(エンゼルス5年、マリナーズ4年)
 主にリリーフで活躍し
 通算45勝、33セーブ、61ホールドを記録。

 登板試合数は、日本人メジャーリーガートップの 517試合

 2005年、現役引退。
 2016年、
 オリックス・バファローズのシニアアドバイザー就任。

 去年2019年からはアメリカでプロゴルファーとしても活動。

 著書も多く、来週11月16日には
 『気持ちが伝わる! 好かれる英会話』
 日経BP社より発売される。

******************

  脱力投法・・・とは言わないで

 ガンちゃんは現役時代、
 コントロールが良かった長谷川さんの
 投球フォームをマネしたこともあったそうです。

 現役時代の投球術についてお聞きしました。 

岩本 「いわゆる“脱力投法”――。
     インパクトは強い、
     インパクトまでがシラ~っと動くの。
     相手バッターは不気味やったと思う。
     こだわり、あったんですか?」


長谷川 「勝手に“脱力投法”って言うの
      やめてくれるかな(笑)
      ゆるいカーブを投げたかったんですよ。
      それがどうしても
      フォームがゆるんじゃうんで、
      だったら、真っすぐとスライダーも
      ゆるめちゃおう
――ということで
      脱力したような
      フォームになっちゃったんですよね」


岩本 「スーパー脱力で
     肩の力、抜きまくってたから」


長谷川 「嬉しないよ、そんな言われても(笑)」

岩本 「“インパクト”がすごくて」

 span

******************

  衝撃メジャー級! 秘蔵エピソード

 メジャーリーグ時代の
 “衝撃メジャー級”の思い出を伺いました。

 「パーソナリティーがガンちゃんなんで、
  まともなこと言いたくないんで」

 と前置きして語ってくださったエピソードは・・・

 遠征でプライベートジェットを使用する際、
 選手・チーム関係者を乗せたバス
 空港の滑走路にまで入り、
 飛行機に横付けするそうですが
 ある日、バスが飛行機の翼に接触!

 バスのフロントガラスは割れたそうですが
 翼は無事で、飛行機は予定通り飛んだとのこと。

長谷川 「これが一番の思い出ですね。
      “メジャー級”ですね」


 プライベートジェットの“怖い話”をもう一つ――。

 シアトル・マリナーズは
 NBAのポートランド・トレイルブレイザーズ、
 NFLのシアトル・シーホークスと
 1機のジェット機を共用。

 機体が不調でも、代替機がないため
 そのまま飛ぶのだそうです。

長谷川 「調子が悪いという時に
      それでも無理やり
      乗っちゃいますからね」


岩本 「怖~」

 なお、エンゼルスは航空会社と契約し、
 機体トラブルがあれば
 代替機が使われたとのことです。

 

 メジャー時代の“ベストピッチ”
 ボストン・レッドソックスの主砲で
 通算541本塁打の
 デビッド・オーティス(オルティス)から
 高めの球で三振を奪った投球。

長谷川 「そもそも僕、真っすぐで
      そんなに三振取れないじゃないですか。
      それをちゃんとチェンジアップ、
      スライダーって見せておいて
      最後までためておいて
      真っすぐで三振だったんで、
      それは覚えてますね」


岩本 「描いた通りの打ち取り方を――。
     それもオーティスからですよ」


 span

******************

  『気持ちが伝わる! 好かれる英会話』

 長谷川滋利さんの最新の本
 『気持ちが伝わる! 好かれる英会話』
 11月16日に発売されます。

 メジャーリーグで活躍した日本人選手には
 なぜ、関西出身者が多いのか――?
 そうした点を伝えたい、という想いもあるそうです。

長谷川 「(タイトルの『好かれる』について)
      関西人って元々馴れ馴れしいですよね。
      誰とでも、親しみ合いたい――、
      面白いと思われたい」


 【対面時のあいさつ】

 “Nice to me too” と言う場面・・・

 仕事などで、直接会ったことはなく
 Eメールのやりとりを続けていた人と
 ようやく対面できた際のあいさつで

 “Nice to finally me too” と言えば

  ⇒『とうとう会えたね』という意味に。

長谷川 「関西人もアメリカ人も大げさなんで
      “finally”をつけることによって
      すごい大げさになれる、と」


 span

岩本 「英語はフランクな気持ちで
     接していった方がいいんですか?」


 初対面で挨拶/自己紹介をする際
 “My name is ・・・”と言うよりも
 “I'm Shiggy”と言って
 握手を求めるのも一つの方法。

 w“Shigetoshi”では
 言いにくい/覚えてもらいにくいため
 短く“Shiggy”にすることも大事。

 ガンちゃんは若手時代、
 アメリカの教育リーグに参加していた頃
 勉 → ベン → ベニー となり
 “Benny”と呼ばれたそうです。

長谷川 「『Y』つけるといいんだよね。
      “Jim”は“Jimmy”。
      “Shige”は言いにくいんで
      “Shiggy”。
      アメリカ人にある名前に似させるとか
      『Y』をつければ
      アメリカ人らしい名前になる」


 span

******************

  メジャー移籍を目指す選手へのアドバイス

長谷川 「楽しい生活を送りたいなら
      英語は必須アイテムなんで
      今からでもちょっとずつ
      覚えていったらいいのかな。
      ひとつアドバイスできるのは
      通訳つけないのも一つの方法ですね。
      絶対、他の選手が
      一生懸命助けてくれるんで。
      それによって関係が密になるというか。
      それが僕の作戦でした」


 span

******************

  長谷川滋利さんの最新刊

 『気持ちが伝わる! 好かれる英会話』
  (日経BP社/1,650円=税込/2020年11月16日発売)
  (詳しくは こちら

 span

 出版記念 オンライン トークイベント
 ■日時:2020年11月18日 午前7時
 ■出演者:長谷川滋利、佐藤弥生(元ドジャース球団職員)
 ■参加費:無料(事前申し込み制/先着)

 参加方法など詳しくは こちら をご覧ください。

 長谷川滋利さんの最新情報は
 長谷川滋利 公式サイトをご覧ください。


 この日の放送はラジコ(radiko.jp)の
 タイムフリー聴取機能
 オンエアから1週間お聴きいただけます。


  ♪ 聴く ♪

 span
 ▲前日(8日)の試合でCS進出を逃してしまった
   ライオンズについて語る ガンちゃん

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2020年11月02日

パ・リーグ 2位争い最終局面を徹底解説!

 11月2日放送
 『岩本勉のまいどスポーツ』
 ガンちゃんパ・リーグの戦いを徹底解説する
 生パ・リーグ情報「ナマッパ」をお送りしました。

 span

 パ・リーグは10月27日に
 福岡ソフトバンクホークス
 3年ぶりの優勝が決定。

 クライマックスシリーズ進出をかけた
 2位争いは11月1日時点
 2位・マリーンズから3位・ライオンズまで 1.5ゲーム差、
 同じくマリーンズから4位・イーグルスまで 2.5ゲーム差。

 残り試合は
 M=6試合、L=7試合、E=5試合。

 ホークスが待つ福岡 PayPayドームでのCSに
 駒を進めるのは、はたしてどのチーム??

 span

******************

  ライオンズの強力リリーフ陣

 短期決戦(CS)に向けて
 チーム状態を最も上げているのは
 ライオンズだと語るガンちゃん

 試合の中盤以降、
 6~9回に登板するリリーフの“後ろ4枚”が
 強力なことから、
 先発投手が初回から体力を意識せずに
 全力で飛ばすことができ
 「好循環が生まれやすい」と分析。

 span

 span

******************

  リードオフマン

 短期決戦で勝ち上がるには
 リードオフマン(一番打者)の充実が重要。

岩本 「“リードオフマン”と
     いわれている選手が
     ラッキーボーイ的存在になれば
     こんなに強いことないね」


 優勝したホークス
 周東佑京選手が
 13試合連続盗塁世界記録を樹立しました。

山田 「13試合連続盗塁っていうことは
     13試合、塁に出てるっていうことで、
     しかも“実質二塁打”になってますから」


 周東選手は9月12日の西武戦(福岡 PayPayドーム)
 2失策し、悔し涙を流す場面がありました。

岩本 「そこから彼は
     野球に取り組む姿勢が変わったね。
     照れ笑いして多様な
     心が若すぎた彼が、
     口が真一文字になるようになったもん。
     そこから打率グググ
(と上がってる)
     だから彼は盗塁ができてる。
     心身ともに野球選手として
     ひと回りもふた回りも大きくなった
     その彼がリードオフマンで
     しっかり存在感があったから
     ホークスの『月間22勝』があったんや」


 span

 ガンちゃんライオンズの1番バッターとして
 ふさわしいと考える
 金子侑司選手は最近
 調子を上げています。

 金子選手がリードオフマンとしての役割を果たし、
 リリーフ陣が好調を維持すれば、
 (先発投手が初回から全力で飛ばすことができ)
 終盤でリードする展開に持ち込み
 主導権を握る
ことができるはず。

岩本 「金子侑司が調子を上げてるのは
     ライオンズにとっては光明」


 span

 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

2020年10月26日

SG制覇狙う オートレーサー 黒川京介選手

10月26日の放送・・・その2

 10月26日放送
 『岩本勉のまいどスポーツ』後半は
 川口オートレース所属オートレーサー
 黒川京介選手、
 オッズパーク塚田耕路さんに
 10月30日から11月3日にかけて開催される
 『オッズパーク杯 SG
  第52回 日本選手権オートレース』

 見どころを伺いました。

 span

◆◆ 黒川京介選手 プロフィール ◆◆

 1998年、千葉県出身、22歳。

 5歳でポケバイに乗り
 小学生の頃からポケバイレースに出場。
 2008年、9歳で
 「SG 川口オート 第3回 ポケバイレース」優勝。
 高校を中退後、オートレーサーへの道に進み
 2017年、第33期・川口オートレース所属としてデビュー。
 2018年、最優秀新人賞を受賞。

 2019年度後期に初めてS級に昇格し
 現在まで3期連続S級を維持。

 2019年「スピード王決定戦」でG1レース初優勝。

 

 (年齢、クラス=級、成績などは 放送日時点)

******************

  オートレーサー 真の日本一へ!

 『SG 日本選手権オートレース』(優勝賞金1,700万円)
 正真正銘の“日本一決定戦”

黒川 「優勝できるように
     燃えて走ります!」


岩本 「情熱がないとね!
     同じレベルの選手がいれば
     最後は“ハート”が勝つもんね」


黒川 「間違いないです!」

 

 オートレーサーとしての夢をお聞きすると
 力強く答えてくださいました。

黒川 「日本一になることです!」

 

岩本 「ちゃんとマイク(優勝インタビュー)
     準備しといてよ。
     いきなり『まいどどうも!』
     言うてくれてもいいんやで」


 

******************

  オッズパーク

 オッズパーク
 パソコンや携帯・スマートフォンなどから
 オートレース、地方競馬、競輪に
 インターネットで投票することができます。

塚田 「登録も手順に沿ってやっていけば
     誰でも簡単に登録することができます」


 
 ▲オッズパークの塚田耕路さん

 11月2日(準決勝)、3日(決勝)は
 塚田さんも
 川口オートレース場正門付近の
 オッズパークのブースにいらっしゃいます。

 オッズパークのグッズが当たる
 抽選会も行われますので
 来場の際は、ブースにお立ち寄りください。

塚田 「私も燃えたぎって
     ブース出展いたしますので
     ぜひ来てください」


 

******************

  川口オートレース

 ■住所:埼玉県川口市青木5-21-1
 ■交通:JR「西川口駅」
     埼玉高速鉄道線「南鳩ヶ谷駅」から
     無料バス(いずれも10分)
 ■ウェブサイト: こちら

 ■オッズパーク杯 SG「第52回 日本選手権オートレース」
 ■日程:10月30日(金)~11月3日(火)

  オッズパーク
 ■ウェブサイト: こちら

 

 この日の前半にお送りした
 「ナマッパ」放送リポートは こちら

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

ライオンズ CS争いのライバル・マリーンズに3連勝

10月26日の放送・・・その1

 10月26日放送
 『岩本勉のまいどスポーツ』前半は
 CS争いが激しくなってきた
 パ・リーグの戦いをガンちゃんが徹底解説!

 span

 ライオンズは先週マリーンズに3連勝

 2位・マリーンズ、3位・ライオンズの
 ゲーム差は3に縮まりました。

岩本 「まず謝りましょう。
     先週この番組で
     ライオンズとファイターズ、
     『反省会』やってもうた」


 

 今シーズンを諦めるかのような
 テイストも含みつつ
 開幕前の期待が外れた要素を
 トークしましたが、
 ライオンズは10月20~22日の
 対マリーンズ3連戦で3連勝!

 勝率五割に復帰し
 逆転2位の可能性を十分残しています。

 この日は「お詫び」から始まり、
 ライオンズのCS進出のカギを解説。

 マリーンズ3連戦での
 2夜連続サヨナラ勝ちに関わり
 (20日=サヨナラ失策を誘う一打)
 (21日=サヨナラタイムリーヒット
 3戦目(22日)にも守備で光るプレーを見せた
 ライオンズ・山野辺翔選手の
 “ラッキーボーイ”としての活躍を評価。

 

 優勝へのマジックナンバーを2として
 明日(27日)にもリーグ制覇が決まるホークス。

 しかし、
 対戦成績で負け越しているマリーンズ、
 シーズン終盤に勢いをつけたライオンズ、
 この日のドラフト会議で
 早川隆久投手(早大)を1位指名し
 4球団の競合による抽選の末、
 交渉権を得たイーグルス、
 どのチームがCSの舞台に駒を進めても
 ホークスには厳しい戦いになる可能性を指摘しました。

岩本 「どないなんのやろな、パ・リーグ」

山田 「今週も大きな動きが
     ありそうですけれどもね。
     楽しみです」


 

 10月20日「西武 対 ロッテ」(3連戦の初戦)
 1-1 同点の 9回2アウト2塁から
 ライオンズ・山野辺翔が放ったライトへのフライは
 マリーンズのライト、マーティンと
 セカンドの西巻賢二が交錯し落球。
 ライオンズサヨナラ勝ちを収めました。

 10月21日「西武 対 ロッテ」(3連戦の2戦目)でも
 1-1 同点の 9回2アウト1、2塁の場面で
 ライオンズ・山野辺が打席に立つと 
 今度はサヨナラタイムリーヒット!

岩本 「そこで野球選手が
     『オレ今、超オイシイんですけど』
     思えるのか
     『ここで打たなきゃ』と思うのか
     結果は全然違う!」


山田 「山野辺選手の場合は
     “オイシイ”と思ってたんですね」


 span

 10月22日「西武 対 ロッテ」(3連戦の3戦目)
 8回表ノーアウト1塁の蒼面での守備で
 一塁ファウルゾーン、ネット際への打球を
 山野辺がフェンスの上に乗りかかってキャッチ!
 すぐに立ち上がって二塁に送球し
 タッチアップを狙った一塁走者をアウトにして
 併殺を完成させました。

岩本 「ネットに倒れ込んだ・・・
    
(起き上がったのは)反動やと思う?
     反動もあるけど、
     あれはちゃんと鍛えた“体幹”
     腹筋、背筋、速筋と
     重力を感じている
     体すべてのバランスがないと
     起き上がって
     投げる体勢になられへんから。
     能力の高さも
     しっかりそこに備わってるんですよ。
     ほんで、プレーに反映される
     ということは“ラッキーボーイ”やわ」


 


 この日の後半に
 オートレーサー 黒川京介選手、
 オッズパーク 塚田耕路さんをお招きしてお送りした
 「本日のイチオシ」放送リポートは こちら

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:29

2020年10月19日

えのきどいちろうさんと「こんなはずじゃなかった!」

 10・19 パ・リーグの夜にお送りした
 『岩本勉のまいどスポーツ』
 コラムニストの
 えのきどいちろうさんと一緒に
 今シーズン開幕前に思い描いた理想と
 現実との違いをボヤき倒す
 『こんなはずちゃうかった!2020』を実施。

 ガンちゃんの古巣で、
 えのきどさんが応援するファイターズ
 山田弥希寿アナウンサーが応援するライオンズ
 今シーズンここまでの戦いについて
 語り合いました。

 span

 2016年以来
 4年ぶりの優勝を目指したファイターズ
 前日まで46勝53敗4分で
 首位に14ゲーム差の5位。
 先月9月16日には
 44試合を残し自力優勝の可能性が消滅。

 ライオンズ
 リーグ3連覇を果たした上で
 今年こそクライマックスシリーズを勝ち上がり
 日本シリーズ出場、そして日本一奪還が悲願。
 しかし今月3日、31試合を残して
 自力優勝の可能性が消滅しています。

 span

******************

  ファイターズの誤算

 えのきどいちろうさんは
 今シーズン、飛躍を期待した
 清宮幸太郎選手について言及。

えのきど 「今年は多分
       ひと皮むけるんじゃないかな
       っていう風に予想していたけど、
       なかなか長引いていて」


 span

 ガンちゃん清宮選手について
 「守備練習」のやり込みや
 「体力をつける作業」を
 行っていないと指摘します。

岩本 「僕は痛い目に合って
     良かったと思ってます。
     この秋は
     地獄の秋季キャンプが待ってると思う」


山田 「長くプロ野球界で活躍するために
     重要な1年だったということですね」


岩本 「そういうことですよ。
     だって“大器”やもん」


 

 えのきどさんが今季のファイターズに
 期待したことは若手選手の成長。

えのきど 「“若造”が基本的な地力をつけてくれて
       このあと
       来年とか再来年とか、ジャンプできる
       土台固めみたいなシーズンになると
       最高だなと思ってたんですよ」


 また「エラー」の多さも話題に。

 かつてのファイターズは
 守備で相手にプレッシャーをかけられるチーム
 ――というえのきどさんにガンちゃんも賛同します。

岩本 「シートノックで
     プレッシャーかけたんですよ。
     それで
(観客の)歓声と
     どよめきがあったんだから」


 強い時期は
 新庄剛志、稲場篤紀、森本稀哲の外野陣、
 金子誠、田中健介の二遊間コンビの
 守備のレベルの高さがありました。

えのきど 「野球のコクみたいなものが
       ないんです。
       守りでも、走りでも、
       プレッシャーの掛け合いのところが
       野球の醍醐味じゃないですか。
       攻撃チームも守備チームも
       お互いにプレッシャーをかける。
       そこの押し引きみたいなところが
       面白いと思うんだけど、
       今はすごい簡単な野球に
       なっちゃってるかな」


 span

 ファイターズは
 FA宣言をした選手を引き留めず、
 ベテランの移籍と若手の台頭のサイクルが早い
 特徴がありますが
 ベテラン選手が少ないチーム事情から
 今のファイターズは
 “野球ができる選手”が不在――と分析。

えのきど 「プロの選手に取材をすると
       『野球ができるね』っていう
       言い方をすることがあるんです。
       ファイターズはAKBみたいに
       センターが抜けてベテランがいない。
       “野球力”みたいなものが
       だんだん薄くなって、
       野球が痩せちゃう感じになっているんだと
       僕は思うんですよ。
       どうですかね、これ?」


岩本 「札幌のラジオ局で
     パクらせてもらいます。
     野球がやせっぽっちなんですよ!」


 span

******************

  ライオンズの誤算

 山田弥希寿アナウンサーは
 ライオンズが優勝争いから脱落した要因の一つに
 開幕投手を務めたザック・ニール投手の
 勝ち星が伸びないこと。

 昨シーズン12勝を挙げ、
 ひとりで11の貯金を作ったニール投手が
 勝てないのはなぜか――?

 ガンちゃんの“ピッチャー心理”による分析は・・・

 ◆昨季1敗しかしなかった投手が
  今季開幕間もない時期に
  黒星が(たとえば)2つつくと
  『あれ?年が変わると
   “オレって nice luck 持ってないのか??”』

  ――と感じ出す。
 ◆パフォーマンスはどんどん陰り、保守的になる。

岩本 「今シーズンは負けてから
     『きょうのオレは大丈夫か?』――。
     まず自分に伺いを立てるるねん。
     相手に攻撃じゃなくて。
     後手に回ったプレーは
     相手バッターからすると
     隙だらけだから」


 span

 えのきどさんは
 ファイターズファンの視点から
 ライオンズ
 “山賊打線という幻影”があったと指摘。

 ファイターズがライオンズにリードしても
 「山賊打線に打たれるかもしれない」と
 昨季までは脅威に感じていた打線が振るいません。

えのきど 「こっちから見ても
       幻影を見ていたんです。
       西武ファンや西武の関係者も
       山賊打線をずっとイメージしてたと
       思うんですけど、
       秋山の代わりにこの選手をはめれば
       なんとかなるんじゃないか――
       みたいな。
       でもそれって山賊打線の幻影なんだよ。
       だから、途中まで行って
       うまくいかなかったら
       野球のスタイル変えるっていう手も
       あったと思うんですよ。
       でもやっぱりさ、
       迫力があって、連覇してるチームだから、
       そのイメージの呪縛みたいなものが
       すごく大きくて、
       ピッチャーが弱くても
       勝ててきたチームって
       成功体験が逆に縛るっていうことって
       あるじゃないですか」


岩本 「そうですね。
     一個ずれた時、
     次の一手がなかったっていうのは
     あるかもしれない」


 span

えのきど 「違うスタイルの野球をする
       っていう判断も
       もしかしらた、あったんじゃないかな
       っていう風に思いますわ」


山田 「今シーズンはまさに
     山賊打線というその幻影に
     ぶつかってしまった――
     というライオンズだったんですね」


 span

 span

******************

  えのきどいちろうさんの最新情報

 文春野球コラム ペナントレース2020

 文春野球コラムは、文春オンラインに掲載される
 プロ野球を愛する執筆者による野球コラム。 
 プロ野球12球団
 各チームを応援する執筆者がコラムで対決し
 ペナントレース方式での優勝争いを展開しています。

 読者は、おもしろいと思ったら
 「HITボタン」をタップ・クリック。
 HIT数によって勝敗が決します。

 えのきどいちろうさんは
 文春野球コラムにおける
 北海道日本ハムファイターズの監督。

 9月27日配信分のコラムでは
 山田弥希寿アナウンサーの
 文化放送ライオンズナイター実況デビューについて
 綴っています。

 ◆文化放送ライオンズナイターで新人、山田弥希寿(みきとし)アナがデビュー

 span

******************

 この日は
 1等賞金500万円 スクラッチ宝くじ
 リスナープレゼント企画を実施。

 たくさんのご応募ありがとうございました!
 ※ プレゼントの応募の締め切りは終了しました

 span

投稿者 文化放送スポーツ部 : 18:30

(C) 2005, Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.