文化放送 JOQR FM91.6/AM1134
月曜日~金曜日 7:40~
語りの名人、武田鉄矢が貴方の耳を捉えます。
大きなネタから小さなネタまで、鉄矢流ネタ捌きのエンタティンメント。
どうぞご賞味下さい。
毎回“なーるほど”“うまい!!!”の味が隠れています。
鉄矢さんのお相手は、水谷加奈(文化放送アナウンサー)

月別アーカイブ -2018年2月

2018/02/12-2018/02/16
まな板の上「あかんやつら」

  • 2018/02/16
    radiko timefree
    東映は益々勢いを増して、他の映画会社を圧倒していきます。 しかし1950年代後半から映画界に変化の兆しが見え始め、1961年春に決定的な出来事が起きます。番組でお聞き下さい。
  • 2018/02/15
    radiko timefree
    当時の若手スター中村錦之介とそのボディガードのエピソード。 それは、映画「蒲田行進曲」の世界を彷彿とさせ、懐かしい活動写真時代が甦ります。
  • 2018/02/14
    radiko timefree
    東映太秦撮影所二代目の所長となった岡田茂は、美空ひばり引き抜きの交渉に出掛けます。 相手は美空ひばりの母親。出された条件を、岡田は拒否します。そこに後見人として現れたのが・・・。
  • 2018/02/13
    radiko timefree
    東映映画が隆盛期を迎え、新星スター、中村錦之介が大スターとなった頃の話題。 そして市川右太衛門の豪華衣装の西陣織や台詞回しのエピソードが披露されます。
  • 2018/02/12
    radiko timefree
    先週末に話題となった東映時代劇が影響した映画のエピソードの続きです。 そして東映太撮影所のスタッフが、撮影に出る出演者に手を振って送り出す習慣のナゾ解きです。

※radiko.jp タイムフリーは放送終了後1週間しかお聴きになれません。
※詳しくはコチラをご覧ください。

加奈の
《ネタ元、見〜つけた!!!》

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 春日太一 文春文庫 ¥1,102

2018/02/05-2018/02/09
まな板の上「あかんやつら」

  • 2018/02/09
    東映として独立してから、東映時代劇は破竹の勢いでヒット作を生みます。そしてこの「チャンバラ」は世界の映画、特にアメリカの映画に影響したそうです。お馴染みのあの映画にも・・・。
  • 2018/02/08
    スタジオセットの調達や労働時間など東映草創期のエピソード。今では眉をひそめる向きの方も居られるでしょうが、当時の熱意と活力の魅力は伝わります。当時の時代背景を考慮してお聞き下さい。
  • 2018/02/07
    マキノ所長と二人のスターは、新しい映画会社を作るべく行動を起こします。その為には「資金」が必要。マキノ所長とスターは、ある大物経営者に直談判します。その様子は番組で。
  • 2018/02/06
    東映草創期のエピソード、先ずは撮影スタッフの背景が明かされます。次いで初代撮影所長マキノ光雄氏の「東映の個性を出したい」との願いを叶えるべく動いた大スター引き抜きの話です。
  • 2018/02/05
    「水戸黄門」の撮影所、京都太秦撮影所のナゾを解き明かしてくれた本と出会った鉄矢さん。そのナゾをひとつひとつ解きほぐしていきます。 先ずはスタッフの懸命な働き振りのナゾ解きから。

※radiko.jp タイムフリーは放送終了後1週間しかお聴きになれません。
※詳しくはコチラをご覧ください。

加奈の《目》

先週のお話。鉄矢さんが、
「最後に面白いオチがあるからな。楽しみにしてろよ」
と一言。既にお聞きになった方はおわかりだと思いますが、鉄矢さんのバッグの中を
のぞいてみると意外にもアニマル柄オンパレードではありませんか!竜、犬、猫…案外持
っているものですね~。(しかも招き猫ってとこが笑えます)そして写真はその日私が持
っていたバッグ。なんと【シマウマ模様】!!しかもヒョウ柄の小さいポーチも入ってい
ました。みなさんもご自分のアニマル柄、さがしてみてください。

加奈の
《ネタ元、見〜つけた!!!》

あかんやつら 東映京都撮影所血風録 春日太一 文春文庫 ¥1,102