tweet

番組トピックス

2016.07.21
第65、66回ゲスト 福澤朗さん 情報
2016.07.17
7/17 えほん情報
2016.07.10
7/10 えほん情報

お便り募集中!! あなたの子育ての情報をぜひ投稿してください。

番組ブログ

第65回 7/17の放送を終えて

今週はフリーアナウンサーの福澤朗 さんをお招きしました。

あんこが大好きだという福澤さんに、「大福ならどこのものがお気に入りですか?」と聞いてみたところ、新橋の『文銭堂』をご紹介くださいました。

福澤さん「普通は大福はつぶあんが多いんですが、ここの大福はこしあん。気障な言い方すると、とってもアーバンなんです。洗練されてますね。」

クボジュンさん「しかも福澤さんは、白いご飯に羊羹をのせて食べるって聞きましたけど?」

福澤さん「頂き物の大き目の羊羹って食べきれないことありますよね。焼のりくらいにうすーくスライスして、一口余らせちゃったご飯をくるんで頂くんです。数回咀嚼すると、お口の中で"おはぎ"になるんですよ!ということは、食後のデザートまで美味しく頂ける!」

クボジュンさん「はぁ~!福澤さんが思いついたんですか?」

福澤さん「そう!秘儀"羊羹ライス"です。」

 DSCF8466.JPG

福澤さんと言えば、「ジャストミーーートッ!!!」「ファイヤーーーッ!!!」という、情熱的なプロレス中継が頭に浮かびますよね。

福澤さん「それまでプロレスなんて興味が全くなかった。何にも知らない!僕の場合、1からのスタートどころかマイナスからのスタートだった。」

クボジュンさん「私の父、久保晴生がアナウンス室長だった頃ですよね(笑)」

福澤さん「そうです、「福澤君はプロレス中継班だよ」ってニコニコ笑顔で冷酷なことをおっしゃるなぁと思いました。でもね、本当にあのプロレス中継があったからこそ、独自のスタイルを築くことが出来たんだと思ってます。」 

クボジュンさん「そもそもなんでアナウンサーになろうと思われたんですか?」

福澤さん「実は俳優になりたかった。大学2年で養成所にまで入ったけど、気が付いたら大学6年生に。就職活動のリミットが来てしまったので、一旦演劇から離れようと思ったんです。順番的に一番早いものから受けて行って、日本テレビに内定を頂いたという。」

クボジュンさん「日本テレビに入るにあたって面接などで「どういうアナウンサーになりたい」という想いを伝えますよね?」

福澤さん「僕は演劇経験がなまじっかあるもので、体操のお兄さんのようなお仕事をしたいですって言ったんです。それに該当するような番組は日本テレビにはないんですよ(笑)よく採用してくれたなぁと思いました。」

DSCF8477.JPG 

【本日の1曲目】 サマードリーム /TUBE
【福澤朗さん 選曲】 道標ない旅 /永井龍雲

これから思春期で悩みも多い頃だと思う中学2年生の息子さんにも聴かせたいピュアな曲ということで選曲してくださいました。

【久保純子 My Sweet Home】 2016年7月17日 09:39

第64回 7/10の放送を終えて

先週に引き続き、嘉門達夫さんにお迎えしてお送りしました。

今月30日(土)には渋谷道玄坂で『世相を笑い飛ばすツアー2016』を行う嘉門さん。大人も子供も楽しめるライブ。詳しくは番組トピックスをご覧下さい。

DSCF8429.JPG

クボジュンさん「この番組には絵本を紹介するコーナーがあるんですが、今日は嘉門さんのお好きな絵本を教えて欲しいんです。」

嘉門さん「絵本ね、一時期ずいぶんたくさん読みましたね~。五味太郎さんの『さる・るるる』とか『ばく・くくく』面白いですよね。あとは有名ですけど『100万回生きたねこ』、『おおきな木』ええ話なんです。いずれこういうことが歌えたらいいなって読んでましたね。」

クボジュンさん「いろんなインスピレーションを受けているんですね!最近、面白い曲の題材はありましたか?」

嘉門さん「もう世の中に出てるやつだと、大阪の串カツ"だるま"というお店を題材にしました。最近これはって思ってるのは、崎陽軒のシウマイ弁当!調べたら、好きな人がめちゃくちゃたくさんいる。本も出てたりね。」

クボジュンさん「嘉門さんもシウマイ弁当好きなんですか?」

嘉門さん「僕は普通かな(笑) でも、ものすごい好きな人がいるの!一日1万7千食売れてるんだって。こういうことには歌があった方がいいでしょ。」

クボジュンさん「これからまたユニークな歌が出来るんだ!干し芋はどうですか?」

嘉門さん「干し芋!?干し芋・・・うーん、考えておきます(笑) だって好きなメーカーとかもあるんでしょ?

クボジュンさん「ありますあります。箱買いしますもん。朝から晩まで、デートの時も干し芋で空腹をしのいだりね!」

嘉門さん「ああ~、そういうエピソードが欲しいんですよ。」

クボジュンさん「いっぱい干し芋エピソードありますよ!あっ、芋の話はもういいですね。」

嘉門さん「さつまいもならいけるかな~って思ってたんだけど、その中でピンポイントで干し芋でしょ!?・・・研究しときます(笑)」

いつかクボジュンさんがこよなく愛する"干し芋SONG"が生まれる日がくるでしょうか!?

P6170071.JPG

【本日の1曲目】 明るい未来 /嘉門達夫
【嘉門達夫さん 選曲】 魔法の黄色い靴 /チューリップ

【久保純子 My Sweet Home】 2016年7月10日 09:38

第63回 7/3の放送を終えて

『嘉門達夫 世相を笑い飛ばすツアー2016』で今月30日には東京でのライブを行います嘉門達夫さんがお客様。

 DSCF8422.JPG

ギターを持って来てくださった嘉門さんに、午前中のこの番組にふさわしいネタを見せていただくことに!

妖怪人間ベムの替え歌で「♪嫁に怯えて生きる 俺たち恐妻人間なのさ~」や、山下達郎さんのクリスマスイブの替え歌で「♪嫁は夜更け過ぎに 鬼へと変わるだろ~ 」など、ギュッと恐妻ネタを詰め合わせてくださいました。

嘉門さん「これはご家庭のある方はだいたいウケますね。」

クボジュンさん「嘉門さんのお宅も恐妻なんですか?」

嘉門さん「それはもう!正しいことを言いますから。」

クボジュンさん「えっ、じゃあ奥様がネタになってるってことも!?」

嘉門さん「例えば、部屋の電気を点けっぱなしにしてリビングでテレビ見てたりすると怒られる。でも彼女が同じことやってても僕は黙って電気を消すだけ・・・。」

クボジュンさん「なるほど(笑)」

嘉門さん「それをリアルに歌ったら面白い!」

クボジュンさん「そうか、だから心に響くんだ!」

嘉門さん「子供の頃からそういう替え歌だったり面白い歌がたくさんあったでしょ?」

クボジュンさん「私が一番好きなネタはピンクレディーのUFOの・・・」

嘉門さん「ユン・ピョウ!ですか?」

クボジュンさん「そうそうそう!!やっぱりそれぞれの世代で好きなネタがありますよね。歌もどんどん新しくしていってるんですか?」

嘉門さん「もう歌いたいことなんてないんちゃうかって思う時期もあったんだけど、まだまだある。特に僕らの年齢だと子育ても一段落して両親の介護してっていう友達もたくさんいて、苦労している中でも面白いこともあると思うし。そういうことを歌える年齢にもなったから歌っていきたいですよね。」

P6170065.JPG

 

【本日の1曲目】 アホが見るブタのケツ /嘉門達夫
【嘉門達夫さん 選曲】人力ヒコーキのバラード /杉田二郎

嘉門さんが残したい曲・伝えていきたい曲は、売れる前のオフコースの小田和正さんがコーラスワークに参加しているというこちらの曲でした。

【久保純子 My Sweet Home】 2016年7月 3日 09:40
TOPへ戻る