キャンサー カフェ

■メールアドレス  caca@joqr.net
■ハガキ

〒105-8002
文化放送

「キャンサー カフェ ~みんなでがんを考えよう~」

2016年8月21日

8月21日放送分

今回は、NPO法人「豊島子どもWAKUWAKUネットワーク」の理事で
"がんで逝った妻との約束。それは妻とつながる一本の絆だった"と表紙にあります
話題の本 『妻が遺した一枚のレシピ』(青志社) をお書きになられた
山田和夫さんをゲストにお迎えしてお話をお伺いしています。

山田さんは、池袋のおとなり「豊島区要町」のご自宅で毎週水曜日にオープンする
『あさやけベーカリー』 と第1水曜日と第3水曜日の夕方オープンする
『要町あさやけ子ども食堂』 の店主をされています。

PLAY

キャンサー カフェ: 08:30

2016年8月14日

8月14日放送分

今回も前回に引き続き、プロボクシング元ミドル級世界チャンピオンの
竹原慎二さんをゲストにお迎えして、お話をお伺いしています。

PLAY

キャンサー カフェ: 08:30

2016年8月 7日

8月7日放送分

日本人には無理だといわれたボクシングのミドル級の世界チャンピオンですが、
その「ミドル級」の世界チャンピオンタイトルを日本人で初めて手にされた
プロボクシング元WBA世界ミドル級チャンピオンで、現在はフィットネスジム経営の
かたわらタレント活動をされている竹原慎二さんをゲストにお迎えして、
お話をお伺いしています。

PLAY

キャンサー カフェ: 08:30

2016年7月31日

7月31日放送分

先月の「産経新聞」に『骨髄バンク、破綻の危機 財政難・ドナー減・高齢化 』
という見出しと共に、白血病の患者らを救う目的で設置され、今年設立25年を迎える
「日本骨髄バンク」が、資金難でぎりぎりの運営を余儀なくされている。
平成26年度に約1億円の赤字を計上、27年度も連続赤字が予想されたが、
年度末に大口寄付があり土壇場で何とか黒字になった。
赤字が続けばドナー確保のための啓発活動も難しくなり、移植を待つ患者にも影響が及ぶ。
斎藤理事長は「安定した財政基盤に変えていかなければ、今後も財政難に見舞われることになる」
と危機感をあらわにしている。という内容の記事が掲出されていました。

そこで今回は、以前に番組にもご出演いただきました
日本で最初に"「骨髄バンク」を設立しよう!"と立ち上がった元患者さんで
現在は「公益財団法人 日本骨髄バンク」評議員、そして、「骨髄バンク」の啓発や
患者支援を行う「全国骨髄バンク推進連絡協議会」顧問をおつとめの大谷貴子さんに
お電話で詳しくお伺いしています。

PLAY

キャンサー カフェ: 08:30

門田守人(もんでん もりと)

門田守人
(もんでん もりと)
(地方独立行政法人
堺市立病院機構
理事長

がん研有明病院 
名誉院長

1945年広島県生まれ。外科医。ラジオは初挑戦。

1970年 大阪大学医学部卒業
1994年 大阪大学 教授(医学部外科学第二)
2004年 大阪大学医学部附属病院 副病院長
2007年 国立大学法人大阪大学
    理事・副学長
2011年 国立大学法人大阪大学 名誉教授
2011年 公益財団法人がん研究会有明病院
    副院長
2012年 公益財団法人がん研究会有明病院
    病院長
2015年 公益財団法人がん研究会
    理事 ・ 有明病院 名誉院長
2016年 地方独立行政法人
    堺市立病院機構 理事長
     公益財団法人がん研究会
    理事 ・ 有明病院 名誉院長
(現在に至る)

日本癌治療学会理事長(2005-2009)
日本癌学会学術会長(2010)
日本医学会副会長(2010年~)
がん対策推進協議会 会長(2011年~)

堺市立総合医療センター


がん研有明病院ホームページ

石川真紀(いしかわ まき)

石川真紀
(文化放送アナウンサー)

出  身 : 秋田県秋田市
出身校 : 早稲田大学
誕生日 : 1974年4月16日
血液型 : A型
趣  味 : 映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツ観戦、
     散歩、人間観察

番組内容

日本人の2人に1人は罹る病気「がん」。
これだけ身近な病気であるにもかかわらず、多 くの人が「がん」を自分とは無縁と思っています。
この番組では、知っているようで知らない
「がん 」について、がんの専門医として長く医療に携わ ってきたベテラン医師・門田先生といっしょに考えていく番組です。
がんの予防、検診、治療、そしてもし罹ってしま った時の「心構え」など、幅広い視点でお話を進 めて参ります。

  • LSIメディエンス
  • シオノギ製薬

ページトップへ