2015年8月アーカイブ



今回は、ROCKユニット・サイキックラバー
ボーカルのYOFFYさんに来ていただき、
9月に行われるライブと10月にリリースされるサウンドファイルについて
お話していただきました。


YOFFYさんは、Bon Joviをきっかけに音楽に目覚め、
アマチュア時代に数々のライブを経験されました。
2002年に、CSキッズステーションでの放送中のアニメソングライブ番組、
「アニぱら音楽館」にレギュラー出演されました。


2003年にコロムビアより"サイキックラバー"としてデビューされました。
作詞、作曲を担当され、アニメや声優の方々へも多数楽曲を提供されています。
現在は音楽プロデューサーとしても活躍されています。

和田さんと知り合うきっかけになったのは、
過去の放送でも度々登場する「和田会」。
同じ苗字ということで「和田あるある」の話で盛り上がるそうです。


この道に進むことを決意したきっかけは、
一度はバンドを解散したが、デモMDがとある事務所社長に渡り、
そこで「アニぱら音楽館」に出演することになったのがきっかけだそうです。

アニソン、特ソンとの出会いは、
もともと仕事関係なく、アニメが好きだったそうです。
YOFFYさんは「デカレンジャー」が最初の特撮担当作品だったそうです。


そんなYOFFYさんは9月にワンマンライブを行います。
そのライブに向けて今は曲についてももちろんですが、
ジムで体力づくりもされているようです。

そしてさらに、10月には『特捜戦隊デカレンジャー10 YEARS AFTER』を、
記念したアルバムをリリースされます。
現在制作中で、この番組収録日も朝5時頃まで歌われていたそうです。

10年前の歌を今歌いなおすということ。
当時の破天荒さがなかったり・・・など色々と考えるそうです。
10年前を思い出しながら歌いたいとお話してくださいました。

【お知らせ】

「サイキックラバー LIVE 2015 "STATE OF EMERGENCY"」
日程:9月27日(日)
会場:池袋ライブインロサ
時間:17:00スタート
料金:前売り・5000円/当日・5500円(別途ドリンク代あり)
チケット:「eプラス」にて販売


「特捜戦隊デカレンジャー10 YEARS AFTER 特捜サウンドファイル サイキックラバー style 2015」
発売日:10月7日

Vシネマ『特捜戦隊デカレンジャー10 YEARS AFTER』の発売を記念して、
サイキックラバーが作品の主題歌・挿入歌7曲をリメイクし、
より激しいロックバンドサウンドが完成。
ボーナストラックには激レアトラック/サウンドトラックを収録

new_DSCF0913.JPG

みなさんからのメールお待ちしています!

メールはwadax@joqr.netまで!

次回もお楽しみに! 

今回は、様々なゲーム作品の音楽を担当されている、
作曲家の伊藤賢治さんです。


伊藤さんが音楽に触れ始めたのは4歳の時。
それからピアノを習い始め、10歳のころには作曲を始めました。
1990年に現在のスクウェア・エニックスに入社。
代表作に『ファイナルファンタジー外伝  聖剣伝説』、
『ロマンシング サ・ガ』シリーズ、『サガ フロンティア』など。


2001年にはフリーの作曲家として独立され、
近年では「パズル&ドラゴンズ」音楽制作や、
水樹奈々さん、中川翔子さん、上坂すみれさん、摩天楼オペラなど、
アーティストの方々への楽曲提供もされています。


伊藤さんが今後挑戦されたいことは、
ピアノコンサートを開くことだそうです。
原点であるピアノにかえり、挑戦してみたいとお話してくださいました。


ゲーム音楽の作曲家を目指す方へのアドバイスとして、
「精神論や根性論になってしまうけど、『ゲームの音楽』として、
考えて作らないこと」と、アドバイスをいただきました。
ゲーム音楽の作曲家を目指している方、
アドバイスを参考に挑戦してみてくださいね。

最後に伊藤さんからお知らせです。

8月26日にリリース
"夏の魔物"メジャーデビューシングルカップリング
"ブラックDPG"「絶句東京」
作曲と編曲を担当されています。

スクウェア・エニックス「SAGA2015 (仮)」
詳しい情報はHPでご確認ください。

new_DSCF0908.JPG



みなさんからのメールお待ちしています!

メールはwadax@joqr.netまで!

次回もお楽しみに! 


今回は、テレビアニメ「バジリスク~甲賀忍法帖」の
プロデューサーである荒井英昌さんに来ていただき、
10周年記念イベントについてお話していただきました。


「バジリスク~甲賀忍法帖~」とは『魔界転生』などの時代小説でお馴染み、
山田風太郎先生の小説、『甲賀忍法帖』を原作として作られた作品です。
2003年から『ヤングマガジンアッパーズ』で連載が始まり、
2005年、GONZOさんによりアニメ化されました。


『バジリスク~甲賀忍法帖~』の見どころとして、
10人対10人の物語。甲賀と伊賀の切なさであるということ。


今回放映10周年を記念してイベントが開催されます。

1日目
9月19日(土) 20:00開演
  20日(日)     朝終演(7:45頃を予定)

司会:荒井英昌(プロデューサー)
ゲスト:木﨑文智(監督)、西本由紀夫(助監督)、
    上田耀司(如月左衛門役)、木村はるか(お胡夷役)

2回目
9月20日(日) 20:00開演
  21日(月)     朝終演(7:45頃を予定)

司会:荒井英昌(プロデューサー)
ゲスト:木村文智(監督)、西本由紀夫(助監督)
    塩谷翼(音響監督)、鳥海浩輔(甲賀弦之介役)、
    速水奨(薬師寺天膳役)

会場:ブリリアン ショート シアター
*当日券が出る場合・・・ゴンゾ公式Twitter、もしくはゴンゾ公式ブログにて発表されます。

イベントトークショーの内容についてはゴンゾ公式Twitterアカウント(@gonzo_anime)をご覧ください。
「トークショー出演者への質問」、「トークショーの中で、出演者に言って欲しいセリフ」を募集しています。
ハッシュタグ「#バジリスク上映会」をつけてツイートしてください。

資料の展示やグッズ、オリジナルフードメニューもあり、
1日目、2日目別デザインのミニ色紙がプレゼントされます。

荒井さんが出演者に言って欲しいセリフを選ぶとしたら、
速水さんが演じる薬師寺天膳に向って言われる、
「また天膳が死んでいるぞ!」
そして、この作品が愛される理由として・・・
「スタッフ含めみんなが作品を愛していた。
この作品でアニメプロデューサーを辞めてもいいと思うくらいに・・・」
と語ってくださいました。


番組をご覧のみなさんにメッセージ
愛のこもった作品です。ぜひ、大きなスクリーンで見てください。

new_DSCF0873.JPG

みなさんからのメールお待ちしています!

メールはwadax@joqr.netまで!

次回もお楽しみに! 

今回も先週に引き続き、数々の作品に出演されている、
声優の田所あずささんに来ていただきました。


初めてステージに立ったときのことを聞いてみると、
「手足の震えが止まらないほど緊張した。」とのこと。


田所さんの楽曲では自身のその時の思い、目標などが
反映されているイメージがありますが、今回の曲のイメージは・・・
「青春」をイメージ。しかし、それが「自分の青春」なのか、
「友人の青春」なのか、など色々考えたそうです。


セカンドシングル「君との約束を数えよう」はご自身のテーマソングとなる、
一曲で、いつもとは違う声で歌っているそうなので、
ぜひ、そこに注目してみてください。


田所さんから番組を見ている方へのメッセージ
「声優としても、歌手としても頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」



セカンドシングル「君との約束を数えよう」

発売日:2015年9月2日

みなさんぜひ田所さんの素敵な歌声を聴いてみてくださいね!


new_DSCF0823.JPG

みなさんからのメールお待ちしています!

メールはwadax@joqr.netまで!

次回もお楽しみに! 

wadax_#16.jpg

今回は声優の田所あずささんに来ていただき、
9月にリリースされるファーストシングルについてお話していただきました。



田所さんは、2011年に第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン
次世代声優アーティストオーディションでグランプリを受賞され、
2012年に声優としてデビューされました。
以後、「電波教師」や「アイカツ!」など数多くの作品に出演されています。


2014年には個人名義でのアーティスト活動もスタート。
これまでにファーストアルバム「Beyond Myself!」と、
ファーストシングル「DREAM LINE」をリリースされています。
そして、9月にはセカンドシングル「君との約束を数えよう」をリリースされます。



田所さんがこの業界に入ろうと思ったきっかけは、
アニメ「犬夜叉」を見て。
「犬夜叉」にも出演されていた矢島晶子さんが好きで、
この道に進まれたそうです。


今後挑戦してみたいのは男の子の役。
この仕事をしていて、楽しいと思ったことは、
「演技していること、人との掛け合いが楽しい」とのこと。


声優を目指している方が多いと思いますが、声優の先輩である
田所さんからは、「もっと遊んでおけばよかった。色々なことを経験しておけば、
演技に関係なかったとしても、ラジオで話すことができるかもしれないから」
いま、声優になりたいと考えている方は、
田所さんのお話を参考にされてみてはいかがでしょうか?

田所さんには次週もゲストに来ていただきます。



みなさんからのメールお待ちしています!

メールはwadax@joqr.netまで!

次回もお楽しみに! 




TVアニメの企画プロデュースなどクールジャパンを推進する、エクスアーツジャパン株式会社代表・和田昌之がパーソナリティを担当。
秋葉原・池袋関連の最新エンターテインメント情報を発信していきます。
また声優の金子有希がアシスタントを担当。

メール:wadax@joqr.net


AG-ON Premium:翌週火曜日 正午更新

https://agonp.jp/

和田昌之(エクスアーツジャパン代表取締役社長)
金子有希
ゲスト:随時