乃木坂46・渡辺みり愛が成長を感じたきっかけとは?

乃木坂46・渡辺みり愛が成長を感じたきっかけとは?

Share

 ◢ 番組レポ◢

7月4日(日曜)に放送されたラジオ番組、乃木坂46の「の」(文化放送・毎週日曜よる6時00分~6時30分)に、乃木坂46から番組MCの4期生・筒井あやめさんと、ゲストの2期生・渡辺みり愛さんが出演。

この日の放送では、もうじき卒業を控える渡辺さんと様々なテーマでトークをしました。
その中で、”思い出の曲”というテーマでトークをした際に渡辺さんが挙げたのは乃木坂46の『風船は生きている』でした。
この楽曲では当時最年少だった渡辺さんがアンダーセンターを務めたのですが…。渡辺みり愛(乃木坂46)

渡辺 「当時は今よりも知名度がもうちょっと低かったから、アンダーって言うポジションが」

筒井 「はい。うん」

渡辺 「あとは、最少人数?アンダーメンバーが。12人?とかだったんだけど」

筒井 「はい」

渡辺 「それでアンダーライブやるって言われて、もう、すごい大変で」

筒井 「はい…」

渡辺 「やっぱ人を集めるのも、お客さんが入ってくれないっていう問題とかがあったりして」

筒井 「うんうん」

渡辺 「やっぱそれをまとめなきゃいけないのってセンターだったから。17歳で…その、先輩たちをまとめなきゃいけないのがプレッシャーで」

筒井 「うん…」

渡辺 「うん…大変だった…ていう思い出!」

と、大変だった当時の状況について話してくれました。
渡辺さん曰く、当時は“調子に乗っていた”んだそうで、ヘラヘラとあいさつしてしまったことを先輩方から注意され、自分の大人げなさに気付き、成長を実感した楽曲だったと当時を振り返りました。
さらに、この楽曲を披露する際の話に続きます。筒井あやめ(乃木坂46)

渡辺 「サイリウムが、白で統一される曲にしてるのね」

筒井 「ん~!」

渡辺 「白にしてください!みたいな」

筒井 「はい」

渡辺 「で、みんなファンの人が、曲がかかると、すごい急いでこう“カチカチカチカチ”ってやってる姿をいつも見るのが好きだった!」

筒井 「え~!なんかいいですね!愛おしい感じ…」

渡辺さんはこの後、リスナーさんに向けて「サイリウムを白にしてください~」とおどけながら楽曲紹介をしてくれました。

次回、7月11日(日曜)は1期生・星野みなみさんが登場!
どうぞお楽しみに♪
https://www.joqr.co.jp/ic/article/15925/

  • 左:筒井あやめ 右:渡辺みり愛
  • 左:筒井あやめ 右:渡辺みり愛
  • 渡辺みり愛(乃木坂46)
  • 渡辺みり愛(乃木坂46)
  • 筒井あやめ(乃木坂46)
  • 筒井あやめ(乃木坂46)

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


乃木坂46の「の」

乃木坂46の「の」

日 18:00~18:30

乃木坂46の新しい一面、即ち、「乃木坂46の新たな○○」を見つけていくプログラム!ラジオだけでしか見せない彼女達の「素」の部分に迫ります。 パーソナリティーは…

ページTOPへ