宮野真守「お掃除がはかどる曲です(笑)」【こむちゃゲストレポ】

宮野真守「お掃除がはかどる曲です(笑)」【こむちゃゲストレポ】

Share

声優の櫻井孝宏、白石晴香がパーソナリティをつとめるラジオ番組、文化放送
『A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン』(毎週土曜:午後11時~)。
7月10日のゲストは宮野真守さん。


「こむちゃ」登場は5月29日以来、一か月ちょっとで来てくれた宮野さん。
第一声から「今夜のゲスト、いや準レギュラー!」とやる気満々です。

通算22枚目となるニューシングル、TVアニメ「うらみちお兄さん」エンディングテーマ『Dream on』をリリースしたばかりということでお越し頂いたのですが、いつものようにナカナカ曲の話に行かずに盛り上がるパターン。
宮野さんが白石さんに付けた「パピコ」が白石さんのお母さんのお気に入りになっていることが分かったあと、いよいよ曲の話へ。

宮野さん曰く「うらみちお兄さんは大人がクスって笑って凹む、大人あるあるがふんだんに盛り込まれた作品。『Dream on』は疲れた大人がまた夢を目指せるような曲にしたいと思って作った」とのこと。
「大人になったほうが経験値も増えて大きな夢を見られるんだよ。大丈夫だよって言ってあげられる曲にしたかった」そう。

作詞・作曲・編曲は、宮野さんと何度もタッグを組んでいるstyさんが手がけています。
宮野さんは「打ち合わせから僕の想いを告げながら作っていて、言いたいことを歌詞に落とし込んでくれる。ノスタルジック、アンニュイを組み込んでくれる。言葉の詰め方が絶妙。日本語なのに英語っぽく聞こえるのが凄い!なかなか出来ることじゃない」と絶賛。

レコーディングは「チルアウトっぽく、ささやくように唄った。耳元で唄っているような感覚になってもらえるよう。照明も暗くして唄ったので、歌詞が見えなくなって、“もうちょっと明るくして下さい(笑)”」と舞台裏を教えてくれました。

ノスタルジックがキーワードになっている『Dream on』。ミュージックビデオもノスタルジックな世界観で、コンセプトは「スターの里帰り」。宮野さんによると「普段着だけど、いいの着てるじゃん、お値段はするのね。でも足元はコンバースで抜け感を演出」。撮影が終わる夕方頃にはカエルの合唱が聞こえてきて「これこれ!」とノスタルジックな気持ちになったそうです。

こむちゃリスナーからは「〇〇お兄さんで言って欲しいセリフ」を募集。
てるてるお兄さんで「♪明日天気にしておくれ」、風鈴お兄さんで「俺の自慢の音色を聞いてくれ、チリンチリンチリン!」、掃除お兄さんで「ほら、ここをまだ埃が残ってるよ。ちゃんと拭けこのバカチンが」とハードルの高いお題ばかりでしたが、櫻井さん曰く「声帯をいわす」ほどの大爆笑をかっさらって行きました。

ニューシングル『Dream on』は宮野さんにとってどんな作品になったのでしょうか?
「お掃除がはかどる曲です(笑)」



≪ゲストからのお知らせ≫
・宮野真守ニューシングル「Dream on」発売中!
・10月9日と10日、横浜のぴあアリーナMMにて
 MAMORU MIYANO COMEBACK LIVE 2021〜RELIVING!〜
・「宮野真守のRADIO SMILE」放送中!
(文化放送 毎週土曜深夜12時~)

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン

A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン

土 23:00~24:00

リスナーのみなさんからのリクエストをもとに「アニメ」「ゲーム」「声優」「特撮」関連の楽曲=こむちゃミュージックのオリジナルベスト10を発表。音楽番組でありつつ…

ページTOPへ