アニソンPARTY! 代打パーソナリティに小寺可南子 大西洋平&MADKIDとスタジオセッションをお届け

アニソンPARTY! 代打パーソナリティに小寺可南子 大西洋平&MADKIDとスタジオセッションをお届け

Share

全世界をアニソンでつなぐ文化放送のラジオ番組『アニソンPARTY!』(毎週日曜20時30分~20時45分)。毎週ゲストと一緒に、ラジオスタジオからアニソンのスタジオセッションをお届けしていきます。

5月15日(日)と5月22日(日)放送ですが、レギュラーパーソナリティのひなたひかりさん(Singing Cosplayer Hikari)が体調不良のためお休みとなります。そして代打パーソナリティとして歌手の小寺可南子さんが担当します。小寺さんは、ひなたひかりさんのボイストレーナーも務めています。

小寺可南子 Kotera Kanako  Singer / Lyricist / Vocal coach

小寺可南子 PROFILE

CMソングやジングルで多くの作品制作に関わる他、日本ファルコム株式会社のゲーム音楽を奏でる専属バンド”jdk BAND”のボーカルとして活動。以降コンシューマーゲームやアーケードゲーム、スマホゲーム等幅広く「ゲーソンシンガー」として歌唱や作詞を多数担当する。その他テレビアニメ作品やアーティストへの作詞も手がけるなど、作詞家としても活躍している。配信番組やゲーム実況番組等を務める明るいパーソナリティとトークスキルを持ち、細い身体からは想像もつかないパワフルかつ繊細で安定した歌唱力には定評がある。プロ向けの実践に即した歌唱指導やボーカルディレクション、 作詞指導など後進の育成にも積極的に努めている。

『アニソンPARTY!』は、海外のアニメ・ジャパンカルチャー関係メディアやイベントである「Anime News Network(アメリカ)」「Manga News(フランス)」「HYPER JAPAN(イギリス)」「GwiGwi(インドネシア)」と連携しており、番組放送終了後にYouTubeにアップされる動画やスタジオセッション動画などを海外に積極的にプロモーションし、世界中のアニソンファンに届けていきます。また、全世界のアニソンファンのセッションを歓迎し、YouTubeやTikTokなどのプラットフォームを通して日本国内のみならず世界中のアニソンファンとともにアニソンを楽しむことをテーマにしており、リスナーが歌ったり演奏したりしたアニソンも番組の中で紹介していきます。

BROADCAST

□タイトル:

『アニソンPARTY! – ANIME SONGS PARTY! -』

□パーソナリティ:

大西洋平、小寺可南子

□放送時間:

文化放送FM91.6MHz/AM1134kHz/radiko.jp 毎週日曜日 20時30分~20時45分

□MADKID 出演日時:

2022年5月15日(日)・5月22日(日) 20時30分〜20時45分

□番組サイト:

https://www.joqr.co.jp/party/

□メールアドレス:

party@joqr.net

□YouTube:

https://www.youtube.com/channel/UCeMYBiRLAcB96Klps7rC2jg

□Twitter:

https://twitter.com/animesongsparty

※推奨ハッシュタグ #ANIMESONGSPARTY

□TikTok:

https://www.tiktok.com/@animesongsparty

□Instagram:

https://www.instagram.com/animesongsparty/

JOIN SESSIONS

番組では、あなたの「歌ってみた・演奏してみた」アニソンを募集中!弾き語りやバンドでの参加もOK。ハッシュタグ #ANIMESONGSPARTY を付けて動画・音声をアップしてご応募ください。また、番組が用意したオリジナル・カラオケ音源を使ったセッションも大歓迎です!

 ・ラジオネーム
 ・アニソンカバーを視聴できるURL
 ・番組へのメッセージ

を記入して、あなたがカバーしたアニソンを、ぜひ番組宛て( party@joqr.net )にメールしてください。 ラジオ・YouTubeの番組内でご紹介させて頂きます。お待ちしております!

※紹介させて頂く前に、スタッフからご連絡致します
※権利を侵害した音声・動画はアップロードをお控えください。

Share

関連記事

この記事の番組情報


アニソンPARTY!

アニソンPARTY!

日 20:30~20:45

全世界をアニソンでつなぐファン参加型の新番組です。全世界のアニソンファンのセッションを歓迎し、YouTubeやTikTokなどのプラットフォームを通して日本国…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加