箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

城西大学 取材後記

2020.12.15

2年ぶりに箱根路に挑む城西大学

チームを引っ張ってきたのは菊地駿弥キャプテン

チームが箱根駅伝出場を逃した前回箱根予選の直後にキャプテンに就任し、以降「言葉と力で」チームを率いてきました。

筆者が印象に残っているのは9月21日の平成国際大学記録会。

城西大学から24人(+五十嵐真悟コーチも)が出走した10000m2組。

先頭を引っ張った菊地選手は、たびたび後ろを振り返りながら後輩たちに声をかけ、多くの後輩の自己ベスト更新をアシストしました。

その姿だけでも、強烈なキャプテンシーを感じるのですが、すごいのは言葉。

選手には「速い人が勝つのでなく、勝った人が速いんだ」と言い、鼓舞してきました。

予選会前には「みんなのミスくらいは自分が稼ぐ」と仲間をリラックスさせました。

3年生の終盤までBチーム、4年目の三大駅伝にして初エントリーとなった貴田勇斗選手(4年=中部大第一)に対しては「最後に勝てばいい」と言葉を送りました。

貴田選手はその言葉が忘れられないそうです。

競技面でも、人としても尊敬を集める菊地選手。

その菊地選手は箱根駅伝を「ヒーロー」だと語ります。

かつて箱根路を3度経験した兄・聡之さんの姿を見てそう思ったそうです。

「ひとりの力をみんなの力に」

チームみんなのために駆け抜けてきた菊地選手がヒーローになる時が近付いています。

集団走①(公式ユニ).JPG

写真提供:城西大学男子駅伝部

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.