箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 明治大学・山本佑樹監督

2021.01.02

―レースを振り返って

全体的に1区2区の出遅れでかなり後手後手に回ったので、かなり難しいレースになってしまったなっていうのが正直なところですね。若干の出遅れは覚悟はしていたんですけど、少し先頭が見える位置でいける予定を想定してたので、1区2区の差がちょっと思っていたよりも大きかったかなっていうところが。追う展開で3区4区5区もなかなか力を発揮できなかったっていうところがあるので。

―2区は加藤が2年連続の起用

そういった経験をちょっと生かしてっていうところを思ってはいたんですけど、なかなかそれがいい方に出なかったので。ちょっと今回は調整含めて見直しが必要かなっていう感じのレースになってしまったですね。

―4区、5区で順位上げた

4区、5区で苦しいながらもよく頑張ってくれたので、そういった意味では明日の復路の選手にいい形でつなげたんじゃないかなと。悪いまんまで終わるんじゃなくてきちっと立て直しをする準備はできたのかなっていうのはあるので、そこは良かった点かなと思います。

―4強と前評判が高かった

プレッシャーっていうのは正直あまりなくて、選手もそういったものをモチベーションに頑張るようなことができていたので、そこはなかったんですけど。ただやっぱり上位3位を狙うっていうチームがかなりの数いたように、やっぱりどこも力が拮抗してるので、ミスが一つ出ると一気に10位以下の順位になってしまうなっていうのは、そういった競り合いの拮抗した状況がよく見えたなって感じですね。その中でうちがやっぱりミスがちょっと多くて後ろに下がってしまったという状況だと思います。

―復路に向けて

6区、7区で復路のスタートダッシュをしたいっていうのがあるので、そこからしっかり立て直して何とか1つでも上の順位でシード権を取るっていうところを目標にちょっと切り替えていきたいなとは思ってます。

-コロナ対策も必要で当日までの準備も例年にない大変さがあったと思いますが

今までにない状況でやってたので、選手もそういった気持ちの部分とかいつもと違う状況でやる難しさは強く感じましたね。

―選手には今日どんな声かけをして送り出したのか

やっぱり自分たちがやろうとしているものがこうやってとりあえず大会として開催されるっていうところに感謝する気持ちを持って挑むっていう意味では、逆に選手はそういうので選手はモチベーションを高められたかなというのはあるんですけど。

―創価大の往路優勝について

先ほども言いましたけど、どの大学が往路優勝してもおかしくないような状況ですので、その中でミスなくきっちりやった大学が創価大だった。ほんといい走りをしたなというのが率直な感想ですね。

―優勝タイムとか展開は想定の範囲内

やっぱり有力視されてた選手がちょっと走れなかったりとか、うちもそうですけど、あるので、今回の気温とかそういった部分でいろいろ難しい部分があったのかなとは思いますね。コンディション、風があったり気温が低いってところで思うように走れない選手が多かったんじゃないかなと。その中で力を発揮したところが区間上位にいった選手であったり、チームがいけたんじゃないかなと思いますね。

―直前のけがなどは

そういうのは全くなかったですね。

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.