菅井友香「櫻坂46 デビューカウントダウンライブ!!」の不安と緊張を明かす「受け入れてもらえるかなって」『レコメン!』

菅井友香「櫻坂46 デビューカウントダウンライブ!!」の不安と緊張を明かす「受け入れてもらえるかなって」『レコメン!』

Share

文化放送で放送中の『レコメン!』。パーソナリティはオテンキのりさんです。

12月14日のWパーソナリティは、櫻坂46の菅井友香さん。櫻坂46の「デビューカウントダウンライブ!!」の話や、オンライントーク会の話で盛り上がりました。

目次

  1. ライブ前は受け入れてもらえるか不安だった
  2. オンライントーク会で『レコメン!』のすごさを実感!
  3. この記事の番組情報

ライブ前は受け入れてもらえるか不安だった

櫻坂46は、12月9日に1stシングル『Nobody’s fault』をリリース。その前日の8日には、「デビューカウントダウンライブ!!」を、全国の映画館へ生中継しました。ライブでは1stシングル『Nobody’s fault』に収録されている全7曲を披露。

菅井さんは、のりさんからライブの感想を聞かれ、「『全国のみなさんが観てくださっているんだな』と思うと、すごく力が湧いて頑張れました!」と話します。

続けて、のりさんが「緊張した?」と聞くと、菅井さんは「とても緊張しました!」と当日の心境を明かし―ー

菅井 「Nobody’s fault」以外の曲はパフォーマンス初披露だったので、その緊張がすごかったです! 間違えないようにしようっていうのもあるし、ちゃんと伝わるのかなって。

のり うん、うん。

菅井 私たちのパフォーマンスがどういうふうに伝わるんだろうって。欅坂46のときとは違うような曲も多かったし、ダンスも違うので。「ファンのみなさんに受け入れてもらえるかな?」っていうのは、すごく考えました。

のり そうか、不安もあったんだ。

菅井 そうですね。

のり 僕も観させてもらったけど、不安さを全然感じないくらい楽しんでやられているようでしたよ。

菅井 楽しかったです! やっているときは、不安よりも楽しさが勝ちました。あと秋元先生がこのライブのために新しく「櫻坂の詩」って曲を書き下ろしてくださって。

のり アンコールで披露した曲?

菅井 そうです。みんなで歌えて、すごくよかったです!

最後に菅井さんは、「『櫻坂の詩』はみんなで歌える曲なので、会場にお客様を入れてライブする日が今から楽しみです!」と話しました。

オンライントーク会で『レコメン!』のすごさを実感!

話題は、12月13日に開催された『Nobody’s fault』発売記念のオンライン個別トーク会「ミート&グリート」へ。

「ミート&グリート(略:ミーグリ)」は「握手会に代わる、ファンと交流するオンラインシステム」。菅井さんは、「パソコンの画面越しだけど、ファンのみなさんと直接お話しできました」と喜びます。

菅井 ファンのみなさんと会うのが本当に久しぶりだったんです。シングルを出せない期間も長かったので。

のり あ、そうかそうか。

菅井 そうなんです、「みなさん久しぶりー!」って感じで楽しかったです(笑)。懐かしいお顔もあって、みなさん元気そうでよかったって思って。

のり そうか、顔を見れるなんて嬉しいですよね。

菅井 はい。初めて来てくださった方も多くて。しかも海外の方、タイとかメキシコとか、中国とか。

のり そうか、オンラインだからそういう方たちとも会えるってことなんだね。

菅井 そうなんですよ! 今までは日本に来ていただかないとお話できなかったのが、ミーグリならお話できるんです(笑)

ミート&グリートの参加者には、『レコメン!』リスナーも多くいたのだとか。よくおたよりをくれる常連リスナーだけでなく、「『番組を聴いてファンになりました』って方もすごく多かった」と話します。

菅井 それが嬉しくて! 『レコメン!』の力ってすごいなって思いました(笑)

のり いや、こちらこそですよ。ありがたいかぎりですよね。

菅井 はい。もう本当に嬉しかったです!

Share

関連記事

この記事の番組情報


レコメン!

レコメン!

月曜〜木曜 22:00〜25:00

月曜から木曜までお届けしている情報エンタメバラエティです。 月曜~水曜はオテンキのり、 木曜はジャニーズWESTの桐山照史と中間淳太が、3時間の生放送でお届け…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加