楠木ともり「突然(声優の)武内さんが「曲聴いたよ。いい曲だね。是非、曲作らせてね」と言ってきた」3rdEP「narrow」の魅力を語る!〜10月25日「楠木ともり The Music Reverie」

楠木ともり「突然(声優の)武内さんが「曲聴いたよ。いい曲だね。是非、曲作らせてね」と言ってきた」3rdEP「narrow」の魅力を語る!〜10月25日「楠木ともり The Music Reverie」

Share

10月25日に放送された「楠木ともり The Music Reverie」に声優の楠木ともりが生出演し、11月10日に発売される楠木ともり3rdEP「narrow」のフルを初解禁し、楽曲の裏話を語った。

今作でも作詞作曲を務めた楠木は『narrow』のフル音源を初公開した後、「いかがでしたか?(3rdEPの)他の曲も冬っぽいけど、(narrowが)一番冬っぽさが表れていたと思う」と、テーマが“冬”ということもあり、冬らしさ全開の曲になったと話した。

narrowのアレンジを担当する重永亮介は楠木の曲を数多く編曲しているというが、その重永に依頼したのは訳があるという楠木。

「着想のきっかけが『ロマンロン』(1stEP収録)の主人公の路上ライブに『僕の見る世界、君の見る世界』(同EP収録)の主人公が来たらという出会いから始まって『ロマンロン』の主人公の考え方が成長していくまでを描いた。Bメロでこのコーラス聞いたことがあるとか、この歌詞ってもしかしてみたいな繋がりが随所に隠されている。その繋がりを作るために両曲を編曲した重永さんに頼んだ」と、その狙いを語った。

歌詞中の東京の路上ライブも、そのためだという。「雪は降らない、東京の狭い空」という意味で曲名を『narrow』としたとのことだ。

また、同じく3rdEPに収録されている『よりみち』は、編曲が声優の武内駿輔ということで注目が集まっていた。武内が編曲をすることになった理由として、楠木は

「なんでお願いしたかというと、突然武内さんが「Forced Shutdown(2ndEP)聴いたよ。いい曲だね是非、曲作らせてね」と言ってきたという。ちょうど打ち込み系のアレンジャーを探していたから、ピッタリじゃない?ってなった」

編曲を快諾してくれたようで、最終的には武内のアイデアでコーラスの入り方等は決めたという。男女オクターブのコーラスに憧れがあったという楠木は男性コーラスを武内にお願いしたようで、「同世代の人と一緒に何かを作るのが夢だった」と、曲の仕上がりへの満足と共に、その喜びを嚙みしめた。

楠木ともり The Music Reverie」は25時~27時、
文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で毎月最終月曜日に放送中。
radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


CultureZ SP 楠木ともりのThe Music Reverie

CultureZ SP 楠木ともりのThe Music Reverie

月(毎月最終週) 25:00~27:00

月1、毎月最終月曜日、深夜1時から、声優の楠木ともりが、普段のお仕事やプライベートで感じたことはもちろん、大好きな音楽についてもたっぷり話していく、TALK&…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加