土佐兄弟 ・有輝 初のドラマ出演に苦戦!〜11月16日「土佐兄弟のCultureZ」

土佐兄弟 ・有輝 初のドラマ出演に苦戦!〜11月16日「土佐兄弟のCultureZ」

Share

11月16日に放送されたお笑いコンビ・土佐兄弟がパーソナリティを務める「土佐兄弟の火曜CultureZ」(文化放送)で、弟・有輝がドラマ『DCU』の撮影裏話を披露。ドラマ初挑戦で難しいセリフに大苦戦したことを明かした。

ある日の撮影で十分な練習で臨んだ有輝だが、言い慣れない専門的なセリフと、撮影本番の緊張からNGテイクを繰り返してしまったという。

失敗が続いたことで、「周りの共演者やスタッフに迷惑をかけているんじゃないか?」と余計にプレッシャーを感じてしまい、今まで言えていたセリフも言えなくしまった有輝は「ごめんなさい。ほんとにごめんなさい。」と共演者やスタッフに謝罪。すると共演者の阿部寛、横浜流星、岡崎体育、中村アン、高橋光臣から次々に励ましの言葉を受け、共演者の優しさを感じた一方で、「よりこの人たちに迷惑をかけていけない」とさらに緊張したと明かした。

その後も何テイクか重ねたあと、ようやくOKが出たと言い、いつも現場で明るく振る舞っている分、NGを出し続けたことにかなり落ち込んでいたが、そんな中、高橋光臣さんからLINEで、「すごく気にされてると思いますけど、全然気にしなくて大丈夫です。有輝さんの雰囲気作りは有輝さんにしか出来ないことなので、続けてください。半沢直樹の堺雅人さんはセリフを何回も練習していました。たくさんの大人、スタッフがいて緊張されてたと思いますが大丈夫です。全員、最高のドラマを作るためにあそこにいるんです。役者が最高の演技をするためにあそこにいるんです。だから有輝さんが最高の演技をするまで待ってくださいますから、気にしないでください。」という温かいメッセージを受け、「泣きそうになった」と大感激。DCUチームの愛を感じ「もっと一生懸命頑張ろう」と背中を押されたと語った。

放送では横浜流星とのツーショット写真の裏話や阿部寛さんとのエピソードが明かされ、兄・卓也は豪華俳優陣の裏話に「もっと頂戴!そういう話どんどん頂戴!」と大興奮。今後も番組内で明かされるドラマ『DCU』の裏話に期待したい。

「土佐兄弟のCultureZ」は毎週火曜日25時~27時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


土佐兄弟のCultureZ

土佐兄弟のCultureZ

火 25:00~27:00

毎週火曜日深夜1時から、「半径2メートルの””面白い””を集めよう」をコンセプトに、 お笑い芸人・土佐兄弟がリ…

ページTOPへ