夏川椎菜「417秒、計算したら長かった(笑)」2ndアルバム「コンポジット」特典の417賞はナンスと約417秒おしゃべりできる権!〜1月24日「夏川椎菜のCultureZ」

夏川椎菜「417秒、計算したら長かった(笑)」2ndアルバム「コンポジット」特典の417賞はナンスと約417秒おしゃべりできる権!〜1月24日「夏川椎菜のCultureZ」

Share

1月24日に放送された「夏川椎菜のCultureZ」にて、夏川椎菜が来月2月9日に発売される夏川の2ndアルバム「コンポジット」のCD購入者特典として、ナンスと約417秒おしゃべりできる権が10名様に当たる件について触れ、その賞にした理由について語った。

2月9日リリースの 「コンポジット」の完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤初回仕様のいずれかをお買い上げいただいた方に、抽選で素敵なプレゼントが当たります!とのCD購入者キャンペーンが発表された。

その内容について夏川は、

「アルバムの特典が発表されてて、みんなザワザワしてたんだけど、417秒ナンスとおしゃべり権っていうのが一番いいやつかな?その下が41.7秒ナンスとおしゃべり権。これ、完全にノリで決めた。アルバムの曲の会議と一緒に、どんな特典をするか決める会議があったんですけど、そこで直接ヒヨコ群(夏川のファンの通称)のみんなの声が聞きたいよねという話が出て、現在の世の中の情勢を踏まえてオンラインにはなったんですけど、オンラインお話し会をしようとなった」と、オンライン個別トークになった経緯を説明。

では、その異例ともいえる長さはどのようにして決まったのか。

「普通だったら、大体1分とか?もっと短い?TrySailでやった時は40秒くらいやってなかった?1対1は20秒~25秒くらい?そうなんだ。一般的な感覚がわからないけど、それで通常の長さの41.7秒と、アルバムの特別感を出そうということで名前からもじって軽い気持ちで417秒って言ったけど、後々考えたら7分だったっていう・・・。417秒と聞くと、あぁなんかそんなに長くないなって感じなんだけど、分数に直すと6分57秒あるからほぼ7分。7分、人とおしゃべりすることある?この番組で電話する時は5分弱?それ考えたら、夏川はいけるけど、大変なのはヒヨコ群側。お客さん側が7分もしゃべることないと思うので、参加したい方は軽くトークテーマを用意していただけたら嬉しいですね」と夏川からのお願いが。

夏川側もトークテーマ用意しておこうかなと語る夏川。

「会話が止まったらご職業は?とか聞いたり。お見合いみたいになりそうだね。お名前教えてもらっていいですか?みたいな感じ?ご職業は?あぁ、あぁ、そうなんですね。営業ってどういうことされるんですか?夏川とお見合い権かもしれない」

と、衝撃の一言まで飛び出した。

今回のCD購入者キャンペーン応募締切は2022年2月13日の 23時59分までなので、ヒヨコ群諸兄は応募を忘れないように気を付けていただきたい。

「夏川椎菜のCultureZ」は25時~27時、
文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で毎週月曜日に放送中。
radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


夏川椎菜のCultureZ

夏川椎菜のCultureZ

月 25:00~27:00

毎週月曜日深夜1時から、「半径2メートルの””面白い””を集めよう」をコンセプトに、 声優・夏川椎菜がリスナー…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加