箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「文化放送 スポーツDASH NEXT」 内
18時20分過ぎ~ 放送中!
学生3大駅伝全てを中継する文化放送は、 シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして、選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

総合優勝 青山学院大学 レース後インタビュー

2020.01.03

原晋監督
Q:2年ぶりの胴上げでした。
A:この1年は苦労したんですよね。4年生に対して厳しく指導した。
その厳しい指導に、みんなが付いてきてくれた。本当に感謝します。
全国の高校の指導者の方々には、こんなに優秀な人材を青山学院大学に
送っていただいたことに、御礼を言いたい。
学校関係者、支援者、保護者の方々を始めとする、みなさんの支えのお陰で、
私たちは駅伝ができていることをあらためて実感しています。

Q:これから青山学院大学が目指すところは?
A:大学スポーツであることを忘れず、学問とスポーツを融合させた強化メソッドを、
学生たちと一緒につくっていきたい。


6区 谷野 航平選手
Q:往路優勝を受けての復路スタート。プレッシャーもあったのでは?
A:先輩でOBの小野田さんの穴をどれだけ埋められるのか、
そこにはプレッシャーを感じていました。

Q:最初で最後の箱根は、どんな舞台でしたか?
A:夢の舞台でした。


7区 中村 友哉選手
Q:最初から最後まで、トップを走り続けました。
A:4年生を含め、みんなのおかげで良い位置で襷をもらえたので。
自分は途中、危ない部分もありましたが、先頭で気持ちよく走らせてもらいました。

Q:4年生の力を見せましたね。
A:そうですね。優勝できて本当に良かったです。


8区 岩見 秀哉選手
Q:区間賞まで、わずか1秒差の走りでした。
A:区間賞は獲れなかったですけど、7区までの選手たちがたくさん差を
つけてくれたので、落ち着いて走ることができて良かったです。

Q:去年は悔しい箱根駅伝でした。見事なリベンジになりましたね。
A:リベンジできたかどうかは自分では決められないですけど、
いろんな人に支えてもらったお陰なので、感謝したいです。


10区 湯原 慶吾選手
Q:「湯原、湯原」の大きなコールのなか、ゴールに飛び込んできました。
A:最高でした。

Q:アンカー10区を任された襷の重みは?
A:9区までの選手が良い流れで来てくれたので、自分は余裕を持って
リラックスして走ることができました。

Q:優勝の喜びを誰に伝えたいですか?
A:高校の先生と、家族に伝えたいです。


1区 

  • サッポロホールディングス
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 共立メンテナンス
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.