ゲスト紹介

2017年8月

2017年08月27日 09:00

第21回放送

ゲストは、日本サッカー協会 最高顧問の川淵三郎さんです。

20170827.jpg
Jリーグ誕生の功労者である川淵さんですが、実は小学生の頃は演劇少年で、なんとNHKラジオ放送劇に何度も出るほど。さらにサッカーを始めたきっかけを伺うと「遠征で四国に行けたから。サッカーをやりたいとは思わなかった」というから驚きです。

しかし、徐々にサッカーにのめり込むようになり、大学浪人中も勉強よりサッカーという生活を送っていました。その後、古河電気工業に入社、1964年の東京オリンピックに出場し、アルゼンチン戦で同点ゴールを決めるなど活躍されています。

後半は、選手、そして監督として務めながら古河電気工業の社員として仕事に打ち込んでいた頃のお話を伺いました。
不本位な人事異動にカチンときたこと、選手のころ「槍の川淵」と呼ばれたように臆せず直言する行動力を仕事面からも垣間見ることができました。

2017年08月27日 09:00

第21回 サンセキ インフォメーション

今月は、浅草にある話題の納骨堂「天空陵苑」の最新情報をお届けします。

●天空陵苑で多いご相談とは?
お墓の購入に関することを除くと、「法要」に関することが多いです。地域や宗教によって多くの違いがあるため、地方出身の方が東京でお墓を用意されると、供養の仕方がまるで違うと戸惑われることがたくさんあります。

そのため、関東での基本的なご供養の流れなどをご案内しながらも、形式や規模など、お客様のご要望をお伺いして、どのようなことができるかを一緒に考えています。

また、そもそもご自分の宗派が分からない方もいますし、お寺や神社との付き合いがない、あるいはしたくない方もいます。そういう方たちのご要望に応じ、お坊さんや宮司さんを手配したり、形式にとらわれない新しい供養の形を提案したりもしています。

2017年08月20日 09:00

第20回放送

ゲストは、先週に引き続き、作家でエッセイストの阿川佐和子さんです。

20170820.JPG
阿川さんのお父さんといえば、作家の阿川弘之さん。
大変厳しい方として有名でしたが、過去には70歳を過ぎたころ突然「俺は我慢をやめる」と家族に宣言。
阿川さんも「我慢してたんだ・・・」と笑いをこらえるのに必死だったとか。

先日も夢に出てきて怒られたなど、阿川さんのお父さんエピソードは驚かされるばかりでした!
他にも知りたいという方は文芸春秋から発売中の「強父論」をお読みになってみてください。

後半は、小椋さんと阿川さんの共通の趣味でもあるゴルフについて。「ゴルフって人間性が出る」の発言にうんうんとうなるふたりの絶妙なトークで盛り上がりました。

2017年08月20日 09:00

第20回 サンセキ インフォメーション

今月は、浅草にある話題の納骨堂「天空陵苑」の最新情報をお届けします。

●天空陵苑の法要について教えてください。
法要は基本的にご自分の宗派で行うことでき、仏教以外の方でもご自身の宗教者の方をお呼びすることができます。
お寺や神社などが決まっていない場合は天空陵苑で手配することも可能です。また、服装も自由で、参列の方々で合意が得られていれば、ブラックフォーマルでなくてもいいです。

形式を重んじるところもたくさんあるかと思いますが、天空陵苑では、ご家族様のお気持ちを一番に考えています。ですから、例えば納骨をされる場合、法要を行わないで納骨のみをご家族で見届けていただく、などの形もお引き受けしています。

2017年08月13日 09:00

第19回放送

ゲストは、作家でエッセイストの阿川佐和子さんです。

20170813.JPG
阿川さんと小椋さんの出会いは週刊誌の対談・・・と思いきや、阿川さん曰く「その前にどこかで一緒に歌った。ハモろうとしたら小椋さんが音をはずした」と小椋さんもすっかり忘れていた初対面のお話にタジタジ。

そして、世界文化社から出た新刊「バブルノタシナミ」のお話へ。
バブル世代に向けた煌びやか女性雑誌「GOLD」で連載していたコラムを一部加筆。当時、連載を依頼されたときは雑誌の毛色にあった内容に「どうしよう!」とすごく悩んだといいます。
阿川さん自身、バブルの恩恵を受けておらず、「バブルでよかった話はない!」と逆にバブルに対する恨みや辛みを書いたところ人気に。小椋さんも「読んでいて小気味いい」と感想を述べました。

今や売れっ子作家として活動されている阿川さんですが、「自分が作家になるなんて思わなかった。付き合う人も作家志望だったら断るくらいだったのに...」と言い、これに対し小椋さんも「僕も歌うとは思わなかった」とお互いの"今"に驚きながらも話は進んでいきました。

来週も阿川さんからお話を伺います。お楽しみに!

2017年08月13日 09:00

第19回 サンセキ インフォメーション

今月は、浅草にある話題の納骨堂「天空陵苑」の最新情報をお届けします。

●天空陵苑の最新設備って?
参拝場所にあるモニターです。
タッチパネル式になっていて、納骨された故人の名前や戒名などを登録することができます。また、写真も無料で登録できて、お参りの際に見ることができるようになっています。

●写真に制限はありますか?
遺影写真だけというような制限はなく、仕事、趣味、レジャーなどの思い出の写真も登録できます。
ストーリー仕立てで登録された写真を見た親戚の方々が当時の思い出話に花が咲くなど、写真には思わぬ力があるように感じます。

2017年08月06日 09:00

第18回放送

ゲストは、先週に引き続き、「生田流 箏曲演奏家」の遠藤千晶さんと「鶴田流 薩摩琵琶演奏家」の櫻井亜木子さんです。

20170806.JPG
遠藤さんの会では、お箏を習っている方は4歳からお母さん世代まで幅広いそうですが、櫻井さんに琵琶について伺うと、やっている人が300人弱と少ないこととあまり伝えたいという方も少ないそうで演奏者を増やすには大変なんだそうです。

また、海外公演も多いふたりに「海外での反応は?」と聞いてみると、和楽器はとても珍しいのかストレートに感動を伝えてくれること、そして日本でも特に薩摩琵琶はあまり聞かないので海外と同じように反応してくれるんだとか。

新しい人にももっと楽器と音色を届けるべく、オーケストラと一緒に演奏してクラシックファンに聞いてもらったりと様々なコラボを行っています。

平和につながるよう、遠い国でも弾いてみたいなど、今後の夢についても聞かせてくれました。

2017年08月06日 00:00

第18回 サンセキ インフォメーション

今月は、浅草にある話題の納骨堂「天空陵苑」の最新情報をお届けします。

●お盆になると参拝客は増えますか?
普段に比べると多いですが、生前に購入される方や、宗旨宗派不問の納骨堂で仏教以外の方もいらっしゃるのでものすごく混雑して困るというほどではありません。

●普通のお墓との参拝の違いは?
先祖を供養するというところは変わりませんが、天空陵苑では参拝場所にお花の用意があったり、掃除も管理者が行うため、暑い中でのお掃除の心配がないという特徴があります。
また、線香をたいたり、ろうそくを灯したりはできませんが、IH式の香炉があるので、そちらで焼香頂けます。お供物などはお参りの間、参拝口にお供えいただいて、お帰りの際にお持ち帰りいただくことになっています。

トップへ戻る