ゲスト紹介

2017年12月

2017年12月31日 09:00

第38回放送

ゲストは、先週に引き続きロボットクリエーターの高橋智隆さんです。

20171231.JPG
今回は、グランドキャニオン登頂、ル・マン24時間走行というギネス記録を樹立した本物の「エボルタ」がスタジオに登場。
ロープにつなげてどのように登るのか実際に見せて頂き、小椋さんと加納さんも大興奮!

高橋さん曰く、人型ロボットのメリットは「コミュニケーション機能」だといい、それには小型であり、非力でも構わないといいます。人型にすることで愛着を抱くことができ、どこにでも連れていきたくなるような相手になることができます。

将来はひとり一台ロボットと暮らす未来を実現したいとお話してくださいました。

2017年12月31日 09:00

第38回 サンセキ インフォメーション

2017年最後ということで、株式会社サンセキの副社長 二見志津雄さんにお話を伺います。
20171231_info.jpg

二見さんからはサンセキの今後について伺いました。
そのキーワードは「モノからコト」。バブル時代は「モノ」への消費でしたが、徐々に「コト」つまりサービスへの消費動向に変化してきているといいます。

さらに、現在は「エモ」つまりエモーション、気持ちへの消費に移っているそうで、創造的で感動や驚きに溢れたものを作っていきたい。
「鳥取から日本へ、そして世界へ」と胸をはれる会社にしていきたいとお話してくださいました。

2017年12月24日 09:00

第37回放送

ゲストは、ロボットクリエーターの高橋智隆さんです。

20171224_1.JPG
世界一売れた二足歩行ロボット「ロビ」やグランドキャニオンの断崖絶壁を登る「エボルタ」など、様々なロボットを制作し、世界から注目されている高橋さん。
そのものづくりの才能は幼いころ培われ、家族の影響で楽しさを知ると、鉄腕アトムの影響でロボットを好きになり、4~5歳ですでにロボットを作っていたそうです。

そして、今日はロボット電話「ロボホン」をお持ちいただきました。
話しかけるだけで、電話はもちろん、お店などの検索、動画撮影、ダンスなどの可愛いアクションまでしてくれるとっても優秀で愛らしいロボット。

スタジオでは実際に撮った動画をロボホンについているプロジェクターで投影するところまでやってみました。
20171224_2.JPG

便利でかわいいロボット制作のお話は来週も伺っていきます。

2017年12月24日 09:00

第37回 サンセキ インフォメーション

今月は、天空陵苑・販売係の田中幸弘さんにお話を伺います。
20171224_info.JPG

天空陵苑にお越しいただくお客さまから寄せられる相談をご紹介いただきました。

●自分の宗派がわからない
天空陵苑は宗教不問、宗旨宗派不問なので、どんな方でもご利用になれます。
また、特に指定がなければ、法要も法華寺の住職が行います。

●ペットも一緒に入りたい
ペットも家族ですが、残念ながら入ることはできません。
法律はないのですが、一般的な使用規則として「配偶者、及び6親等内の血族に限る」としているようです

他にも、子供のいないご夫婦や、一人住まいの方の相談にものっていますので、ぜひお気軽にお越しくださいとお話くださいました。

2017年12月17日 09:00

第36回放送

ゲストは、先週に引き続き、医療法人社団新和会 京都脊椎脊髄外科・眼科病院 理事長兼院長の木原俊壱さんです。

20171217.JPG
患者への体の負担が少ない木原先生の考案・開発した画期的な手術法「K-method」、この革命的ともいえる手術を可能にしているのが同じく木原先生が発明したオリジナルの手術器具。
今回はスタジオで紹介していただきました。
20171217_1.JPG
世界で唯一自分と一体化して固まる「K-スペーサー(人工骨)」
20171217_4.JPG
手元の操作のやりやすさが断然違うという「モンロー」。
名前は重なる様子がマリリン・モンローの足のようにセクシーだからなんだとか。
20171217_2.JPG
良い姿勢を睡眠中も維持できる枕「K-ピローⅡ」

そして、来年5月7日「開院5周年記念事業」として小椋さんのコンサートを東寺の境内で開催することが決定!
桜の季節の東寺コンサート、今から楽しみですね。

2017年12月17日 09:00

第36回 サンセキ インフォメーション

今月は、天空陵苑・販売係の田中幸弘さんにお話を伺います。
20171217_info.JPG

天空陵苑を経営している法華寺のお話。
徳川家康の側近だった酒井忠次の下屋敷跡に建てられている法華寺、明治時代の後期、法華寺を開いた日明上人が日蓮大聖人が川の氾濫から助けてもらったことから常護稲荷菩薩の分躰を祀りました。
すると、分躰は東京大空襲のとき、空襲を事前に知らせ人々を助けたと言われています。

この分躰は天空陵苑の3階デッキに飾られているので、お越しの際はぜひご覧ください。

2017年12月10日 09:00

第35回放送

ゲストは、医療法人社団新和会 京都脊椎脊髄外科・眼科病院 理事長兼院長の木原俊壱さんです。

20171210.JPG
小椋さんは過去の事故から度々肩を痛めることあったそうですが、その痛みを取り除いた名医が木原先生。
首の手術を受ける際に「10年歌えるなら受ける」と言って受けた手術、首に人工骨を入れるというものですが、普通なら術後は安静にしなければいけないのに木原先生の考案・開発した画期的な手術法「K-method」により、術後1週間もたたないうちにコンサートで歌うことができたそうです!

そんな木原先生、学生は映画監督を目指しており、「夢を追うなら自分で稼げ」というお父さんからの言葉から「医師になってお金を稼ぎ、そのお金で映画を作ろう」と医師を目指すようになったそうです。

その後、体への負担が少ない画期的な手術法「K-method」がどのように誕生したのか、アメリカへの留学で見た、学んだこと、手術の特徴などをたっぷりとお話いただきました。
来週は「K-method」を考案する中で生まれたオリジナルの手術器具について伺います。

2017年12月10日 09:00

第35回 サンセキ インフォメーション

今月は、天空陵苑・販売係の田中幸弘さんにお話を伺います。
20171210_info.JPG

現在、12月末まで「第1期販売終了キャンペーン」を実施中。
見学されるお客様から聞かれる喜びの声を伺いました。

スカイツリーが近いという立地の良さに加え、施設の良さも人気のひとつ。中でも参拝スペースの明るさは気持ちよくお参りができると好評だとか。
また、お墓の横にあるスクリーンに写真を登録し、亡くなった家族と楽しく対話できるのも魅力です。

2017年12月03日 09:00

第34回放送

ゲストは、先週に引き続き、ダイヤル・サービス株式会社、代表取締役社長の今野由梨さんです。

20171203.JPG
悔しいこと、つらいこと、たくさんの経験をすべて自分のエネルギーに変える今野さん、そのパワフルさはギネス記録挑戦にも表れています。
午前3時から完全徒歩のよるマラソンゴルフにチャレンジ。見事153ホールを回り切りました。

そんな今野さん、どうしても許せないことがあるそうで、それが「年齢に対する固定概念」。
60歳、70歳、今まで様々な経験を積み、知識も作り出す力も人間関係も大いに持っているのになぜ最後の瞬間まで完全燃焼しないで楽をさせようとするのかと問いかけます。

今野さん自身、傘寿のお祝いパーティで「これから私の人生本番です」とスピーチ。
やるべきことはまだまだたくさんあり「持ち逃げ厳禁です」と闌を迎えているみなさんにエールを送りました。

2017年12月03日 09:00

第34回 サンセキ インフォメーション

今月は、天空陵苑・販売係の田中幸弘さんにお話を伺います。
20171203_info.JPG

今回は「第1期販売終了キャンペーン」をご紹介。素敵なプレゼントが当たります。

●資料請求していただいた方の中から抽選で7組14名様にソラマチ31階の「國見のディナーチケット」。

●期間中、天空陵苑に来場いただいた方の中から抽選で25組50名様に「1月27日に行われる闌の季節 公開録音招待券」

●期間中、天空陵苑に来場いただいた方の中から抽選で10名様にカニや牛肉などが味わえる「和のカタログギフト」

●ご成約された方全員に「帝国ホテルランチ付きはとバスツアー」

キャンペーンは12月末まで。ぜひチェックしてみてください。

トップへ戻る