皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
宇宙刑事3部作『宇宙刑事シリーズ』特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年11月2日から「宇宙刑事シャイダー Blu-rayBOX 1」が発売されていることを記念して、「宇宙刑事ギャバン」「宇宙刑事シャリバン」「宇宙刑事シャイダー」の宇宙刑事3部作を取り上げました。
東映制作の特撮テレビドラマ『宇宙刑事ギャバン』、『宇宙刑事シャリバン』、『宇宙刑事シャイダー』の三作品の総称を「宇宙刑事シリーズ」と呼ばれます。
また宇宙刑事三部作とも言われますね。
 
スーパー戦隊シリーズの立ち上げに携わったスタッフの手により新たなシリーズが作られたのが本シリーズです。
「生身のアクション、捨て身のスタント」、「FRPにメッキを施したコンバットスーツ」、「レーザーブレード」、「異次元空間でのバトル」、「スーツが転送されて一瞬で変身、ナレーションによる変身プロセスの説明」など当時斬新で画期的なものでした。
東映特撮作品のなかでは仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズに次ぐ人気シリーズです。
「宇宙刑事」の特徴としては、光る目をもったゴーグル調のマスク、前述のメッキを施した胸の電光板が特徴的なコンバットスーツ、変身時にアイテムを使用せず変身コードを叫ぶことにより瞬時に装着するといったところがありますね。
その他にも、当時としては異例の多彩なメカの登場、女性のパートナーなど現在の作品に多大な影響を与えた作品です。
 
先ほども上げましたが、「仮面ライダー」や「スーパー戦隊シリーズ」のヒーローと違い、メタリックなスーツのヒーローというのが見た目でわかる新しさでした。
当時は機械的で未来的な戦隊ヒーローは、非常に近未来を感じさせる作品でした。
何よりも「ウルトラマン」や「仮面ライダー」、「スーパー戦隊シリーズ」といったヒーローは『変身』することでヒーローとして登場しますが、「宇宙刑事シリーズ」は「蒸着!」「赤射!」「焼結!」という言葉と友に、コンバットスーツを瞬間的に『着用する』という形で登場します。
つまり自分たちもそのコンバットスーツを着用すればヒーローになれるという憧れを抱いた当時の子どもたちも多かったと思います。
そういったところも近未来を感じさせる部分でした。
いやぁ、懐かしいですね。
 
そんな「宇宙刑事シャイダー」のBlu-rayBOXの発売で、宇宙刑事シリーズ3部作全てのBlu-rayBOXが発売されたことになります。
既にギャバンが2017年1月11日に、シャリバンが2017年11月8日にBlu-rayBOXが発売しています。
「宇宙刑事シャイダー」のBlu-rayBOX 1は2018年11月2日に発売開始しました。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
アニメになって帰ってきた!『SSSS.GRIDMAN』特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年10月6日から放送されている『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』を取り上げました。
秋アニメの中でも話題になっている作品ですね。
 
本作は1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原作とする作品です。
つまり特撮が原作となっているアニメ作品になります。
日本アニメ(ーター)見本市で2015年1月16日に公開された『電光超人グリッドマン boys invent great hero』を手がけたTRIGGERがアニメーション制作を担当しています。
TRIGGERの雨宮哲さんが円谷プロに『ウルトラシリーズ』のアニメ化を打診したのですが、円谷プロから「『ウルトラシリーズ』は難しいが、『グリッドマン』か『アンドロメロス』なら可能」という返答を受けて、幼いころの記憶しかないアンドロメロスよりも、本放送も再放送も見ていたグリッドマンを選択し、アニメ製作へと至ったということです。
ちなみに本作タイトルの「SSSS」とはアメリカでローカライズ放送された際のタイトル『Superhuman Samurai Syber Squad(スーパーヒューマン・サムライ・サイバー・スクワッド)』の略称から来ているそうです。
 
原作の『電光超人グリッドマン』はコンピューター中に世界があり、そこで戦うということが斬新な作品でした。
放送当時はまだインターネットという概念自体は既にありましたが、まだ世界的に普及する前というか、まだ「パソコン通信」と呼ばれていた時代です。
そんな時代であったのに現在のインターネット社会を読み、インターネットの中でウイルスと戦うというような近未来SFの特撮でした。
当時、近未来を描いた作品でしたが、現在に至っては昔の時代。
アニメ内でも古いジャンクパソコンを使用するところからも、時代の移り変わりを感じて面白いですよね。
 
そんなTVアニメ「SSSS.GRIDMAN」は、2018年10月6日から放送されています。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第62回の放送はいかがでしたか?
今回はハロウィン直前の放送ということで、
お2人にはコスプレをしてお届けしていただきましたよ!!
           
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『やがて君になる』
誰のことも特別に思えない少女と、
他人からの好意を受け入れられない少女の恋愛模様を描いた
百合作品をお2人にはご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
    
次回取り上げる作品は『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております。
           
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:オールスターにご来場してくださった皆さん
     本当にありがとうございました!!!!
     そして、今回はハロウィン回!!
     衣装どうだったー???
   
冨尾さん:A&Gオールスターロビーステージありがとうございました!!
     本当に楽しかったです!!
  
FullSizeR 2だdさ.jpg
 
 
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『ワイン』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラなラブソングのタイトル』です。
      
【アニきゅん語録】
漫画やアニメ、テレビドラマに登場しそうなオリジナルの台詞を紹介し、
アニきゅん語録を作っていくコーナー。
現在募集中のテーマは『ミステリー作品に登場しそうなセリフ』です。
        
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
話題の秋ア二メ!「イングレス」特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年10月からスマホゲーム「Ingress」を原作としたTVアニメ「INGRESS THE ANIMATION」が放送されるということで「Ingress」を取り上げました。
フジテレビ『+Ultra』枠第1弾作品として放送予定の作品で、インターネットでは、Netflixにて日本・海外配信が決定している本作になります。
スマホゲーム原作のアニメも増えてきましたね。
 
原作のスマホゲーム『Ingress』は皆さんご存じでしょうか?
プレイしたことはありますでしょうか?
このゲームはいわゆるAR(拡張現実)を利用した位置情報ゲームの先駆けですね。
一時期ブームも巻き起こした大人気のスマホゲーム「ポケモンGO」と同じジャンルの作品です。
というか「ポケモンGO」も「Ingress」を製作したナイアンティック社が製作しているゲームですね。
「ポケモンGO」ではARと位置情報を利用してポケモンを集め育ててジムでバトルするというようなゲームでしたが、「Ingress」はARと位置情報を利用して陣取り合戦をするというゲームになります。
2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始されました。
当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応しています。
2015年3月25日に日本語に対応しました。
 
「Ingress」は先ほど述べたとおり陣取りゲームになります。
プレイヤーは2つの勢力のうちのどちらかに所属し、世界各地に存在する「ポータル」を自勢力の所有とし、ポータル同士を「リンク」して三角形を描くと、その内側が「コントロールフィールド」と呼ばれる自陣になり得点が加算され、その合計値を競うといったものです。
本作のアニメではこの設定を基礎にして、物質の記憶を読み取るサイコメトリーの能力を持つ特殊捜査官の主人公翠川誠と、記憶をなくした女性サラ・コッポラの出会いから大きな謎と陰謀に巻き込まれるストーリーとなっています。
Netflixによる世界配信を予定しているだけあってクールでスタイリッシュであり、クオリティの高い本作となっています。
秋アニメの中でも非常に楽しみな1本ですね。
 
そんなTVアニメ「INGRESS THE ANIMATION」は、2018年10月17日からフジテレビ系にて毎週水曜24時55分から放送開始になります。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第61回の放送はいかがでしたか?
          
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『レッドベリルにさよなら』
献身的な青年と吸血鬼の恋愛模様を描いた久々のBL作品を
お2人には興奮気味にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
 
次回取り上げる作品は『やがて君になる』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております。
        
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:今日はBLづくし!!
     みんな優秀!!!ありがとう!!
   
冨尾さん:61回目!!
     久々のBL作品!!あつくなりました!!
 
FullSizeRdasdasa.jpg




《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『仮装』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな文化祭の出し物』です。
     
【アニきゅん語録】
漫画やアニメ、テレビドラマに登場しそうなオリジナルの台詞を紹介し、
アニきゅん語録を作っていくコーナー。
現在募集中のテーマは『BL作品に登場しそうなセリフ』です。
       
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「天地無用!」と美少女アニメ!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は25周年突破記念Blu-rayが続々発売されている「天地無用」シリーズと美少女アニメとの成り立ちについて取り上げました。
90年代に人気の作品ですね。
皆さんご覧になったことはありますでしょうか?
 
天地無用シリーズは、1992年製作のOVA『天地無用! 魎皇鬼』からシリーズが始まりました。
OVA第1期はパイオニアLDCのOVAレーベル「PACシリーズ」の第1期作品としてリリースされた作品です。
当時は「機動警察パトレイバー」によってアニメのOVA販売というビジネスモデルが築き上げられた中で、OVA作品というものが多く生まれました。
その流れの中で登場したのが『天地無用! 魎皇鬼』です。
物語の概要としては、岡山県の高校生、柾木天地を主人公とした物語で。天地が様々な事情で地球にやってきた宇宙人たちの騒動に巻き込まれていくコメディタッチのSFアニメシリーズとなっています。
次から次へと美少女たちが現れるという物語は、「うる星やつら」で生まれた美少女ハーレムアニメの流れをくむ作品ですね。
本作によって美少女ハーレムアニメの分野がぐっと広がり、いわゆる水着回や温泉回などがテンプレート化していきました。
 
その後OVA2期、3期、TVアニメ、劇場版等々、シリーズが広がっていきました。
中でもこの作品が与えた影響といえば、劇中の登場人物にスポットを当てた別作品、いわゆるスピンオフ作品が誕生することですね。
登場人物の砂沙美を主人公とした「魔法少女プリティサミー」は有名ですよね。
本作とは少し違う世界で魔法少女になるという、パラレルワールドでのスピンオフ作品です。
本作からスピンオフアニメ作品というのはぐっと増えていきますし、登場人物が魔法少女になるというスピンオフ作品は一つカテゴライズされたといった感じでしょうか。
例えば今でも大人気の「魔法少女リリカルなのは」は元々はPCゲーム「とらいあんぐるハート3」に登場する『なのは』が魔法少女になる魔法少女スピンオフ作品ですからね。
あまりにも人気になったので、スピンオフ元よりもスピンオフ作品の方が知名度が高いという作品ですが。
つまり、スピンオフの礎となったのが本作「天地無用!」シリーズではないでしょうか。
 
そんな「天地無用!」シリーズは、
・『天地無用!魎皇鬼 OVA(第1期)Blu-ray SET』(9月5日発売)
・『天地無用!魎皇鬼 OVA(第2期)Blu-ray SET』(9月5日発売)
・『天地無用! TV Blu-ray』(9月5日発売)
・『天地無用!劇場版 Trilogy Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)』(9月28日発売)
・『新・天地無用! Blu-ray』(9月28日発売)
・『魔法少女プリティサミー(OVA&TV)Blu-ray』(10月11日発売)
・『デュアル!ぱられルンルン物語 Blu-ray』(10月11日発売)
と続々発売されています。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「リメイクアニメとゲゲゲの鬼太郎」特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今年でアニメ放送50周年になる「ゲゲゲの鬼太郎」の第6シリーズが現在放送されています。
そこで今回は「リメイクアニメ」と「ゲゲゲの鬼太郎」について取り上げました。
 
「ルパン三世PART5」「深夜天才バカボン」「キャプテン翼」など数々のリメイクアニメが現在放送されています。
近年は本当にリメイクアニメが多く、放送終了している作品では「ドラゴンボール超」「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」「Cutie Honey Universe」などなど、2018年に絞ってもこれだけのリメイクアニメが製作・放送されています。
「平成」も終わろうとしているこの時に、「昭和」のアニメの魅力が再注目されているのです。
そんな中で今回メインに取り上げたのが「ゲゲゲの鬼太郎」です。
 
「ゲゲゲの鬼太郎」は原作はご存じ水木しげるさんの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』です。
TVアニメは1968年1月3日から1969年3月30日に第1シーズンが放送されました。
そこから1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と、それぞれの年代ごとにリメイクされ、5作品が放送されました。
そして2010年代の現在放送中の「ゲゲゲの鬼太郎」で6作品目を迎えます。
今までのシリーズでも作品ごとに鬼太郎の性格や人間との立ち位置など多少の差違はあれども、年代ごとにリメイクされるというのは凄いことですね。
「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪という存在を使って時代を風刺したような作品があったり、各作品の年代での人間の生活の変化なども見ることが出来ます。
「ゲゲゲの鬼太郎」によってその時代を映し出していく。
そういったところが年代ごとのリメイクという形になっているのではないでしょうか。
現在放送中の作品でもスマホが出てきたり、パワハラや働き方改革など、社会問題を切り取った作品が放送されています。
「ゲゲゲの鬼太郎」を通して今の日本を見ることが出来るというのは面白いですね。
きっと時代が「ゲゲゲの鬼太郎」を求めているのでしょう。
 
そんな2010年代、第6シーズンの「ゲゲゲの鬼太郎」が現在放送中です。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第60回の放送はいかがでしたか?
          
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『恋と心臓』
大学生の女子と幼馴染を名乗る同居人との恋愛模様を描いた
ロマンススリラー漫画をお2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
次回取り上げる作品は『レッドベリルにさよなら』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております。
       
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:60回目の放送でしたー!
     平成が終わる前にやり残したことやるぞー!
     ギター頑張ります(遠い目)
  
冨尾さん:9月ももう終わりですねー!!
     秋が終わるまでに何かしたい!!

IMG_9105.jpg




《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『仮装』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな文化祭の出し物』です。
     
【アニきゅん語録】
漫画やアニメ、テレビドラマに登場しそうなオリジナルの台詞を紹介し、
アニきゅん語録を作っていくコーナー。
現在募集中のテーマは『BL作品に登場しそうなセリフ』です。
      
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

みなさんこんにちは!
アニきゅん第59回の放送はいかがでしたか?
         
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『君が死ぬ夏に』
恋とミステリーが入り混じった青春ストーリーを
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!

次回取り上げる作品は『恋と心臓』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております。
     
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:元気になりましたー!!!
     でも、ひかりんのMC面白かったよね!?
     定期的にやってもらおうー!笑
  
冨尾さん:写真は狩りのポーズです。
   
18092.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『落ち葉』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな〇〇の秋』です。
     
【アニきゅん語録】
漫画やアニメ、テレビドラマに登場しそうなオリジナルの台詞を紹介し、
アニきゅん語録を作っていくコーナー。
現在募集中のテーマは『異世界作品に登場しそうなセリフ』です。
      
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
今年で10周年!『マクロスF』特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、今年で10周年を迎え、記念シングルも発売になる「マクロスF」を取り上げました。
マクロスシリーズの中でも人気の高い作品ですね。
 
「マクロスF」は2008年4月から2008年9月までMBS・TBS系列で放送されました。
『超時空要塞マクロス』をはじめとする「マクロスシリーズ」生誕25周年記念作品であり、テレビアニメでは『マクロス7』以来13年ぶりの3作目となります。
総監督にはマクロスの可変戦闘機「バルキリー」のデザインで有名な河森正治さんが担当しています。
『超時空要塞マクロス』から50年後、『マクロス7』から14年後の西暦2059年を舞台に未知の宇宙生物との戦いと2人の歌姫と1人の青年の物語を描いています。
 
マクロスシリーズといえば「可変戦闘機」「歌」「三角関係」の3つの柱を持っています。
本作の特長と言えば、今までのマクロスシリーズは1人の歌姫と主人公の青年という構図でしたが、本作では2人の歌姫と主人公という構図を描いていることですね。
その歌姫もディーバとアイドルというキャラクターの違いがあり、その二人と主人公との関係性が本作の魅力を引き上げています。
そしてなんと言ってもその2人の歌姫の歌が素晴らしいですよね。
本当に名曲ですし、今でもカラオケでよく歌われている名曲だらけです。
そんな「マクロスF」も10周年。
時間の流れを感じてしまいますね。
 
そんな「マクロスF」の10周年記念シングル『Good job!』が2018年9月26日に発売されます。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!