皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
画集発売記念!湖川友謙特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年6月30日に80年代サンライズロボット作品の画稿を集めた画集「湖川友謙 サンライズ画集」が発売になる湖川友謙さんを取り上げました。
皆さんはご存じでしたか?
若い人はもしかしたら知らないという方もいるかも知れませんね。
アニメーターやイラストレーターを志している人やプロの方なら知っているのではないでしょうか。
 
湖川友謙さんといえばやっぱり有名なのは「伝説巨人イデオン」をはじめとする富野由悠季監督作品ではないでしょうか。
1980年の『伝説巨神イデオン』から富野由悠季とコンビを組み、1984年の『重戦機エルガイム』まで片腕として活躍しました。
最近の作品では「宇宙戦艦ヤマト2199」及び「宇宙戦艦ヤマト2202」で原画を担当されていたり、「虹色デイズ」や「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」などで作画監督を担当されています。
ただ、別名義の多い方なので、もしかしたら湖川友謙という名前は知らなくても別名義なら知ってるという人もいるでしょうね。
 
湖川さんの作画の特徴と言えば、「あおり」と呼ばれる描き方で、下から人物の顔を見上げると歯の裏が見えるような構図が有名ですね。
アニメーター、イラストレーターの世界で多大な影響を与えました。
さらに作画スタジオ「有限会社ビーボォー」を立ち上げて様々なアニメーターを誕生させたり、1985年から1986年にかけて著された作画技術書『アニメーション作画法』『アニメーション作画法・実技編』は、多くのアニメーターや漫画家やそれを志す人間に影響を与えました。
それらの著書は絶版状態でしたが、2007年に新装改訂版として『アニメーション作画法 デッサン・空間パースの基本と実技』が刊行されていますので、興味がある方は是非参考にされてみては如何でしょうか。
 
そんなアニメーターの世界に多大な影響を与えた湖川作品を堪能できるチャンスです。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「美少女戦士セーラームーン」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年6月14日に「美少女戦士セーラームーン Blu-ray COLLECTION 1」が発売になる「美少女戦士セーラームーン」を取り上げました。
皆さんもちろんご存じだと思いますが、現在も人気の美少女魔法バトル作品の礎を築いた作品です。
 
原作は武内直子さんのマンガ作品で、講談社の少女マンガ雑誌「なかよし」で1992年2月号から1997年7月号まで連載されました。
1992年3月7日からTVア二メ「美少女戦士セーラームーン」がテレビ朝日系列曲で19:00~19:30の枠で放送され、その翌年の1993年3月6日から続編の「美少女戦士セーラームーンR」が放送開始。
その後、1994年3月19日から「美少女戦士セーラムーンS」、1995年3月4日から「美少女戦士セーラームーンSuperS」、1996年3月9日から「美少女戦士セーラームーン セーラースターズ」が放送され、「美少女戦士セーラームーンシリーズ」と呼ばれています。
 
当時ももちろん魔法少女モノのア二メ作品はありましたが、セーラームーンが違っていたのは、それまでの魔法少女モノがアイドルや様々な職業の女性などに変身するといったものでした。
ストーリーもバトルではなく、日常の中で女の子の夢の存在に変身するというものでした。
しかし、セーラームーンは魔法少女モノに東映の戦隊モノをミックスすることで、そこらにいるような何の変哲もない少女が、魔法でヒーローに変身して敵と戦い、地球の危機を救うというものです。
少年向けの作品では珍しくなかった設定ですが、それを少女向けに取り入れたことで大ヒットしました。
子どもの頃にセーラームーンにあこがれて変身シーンを真似たり、必殺技を真似たりした女性も多いのではないでしょうか。
 
そしてセーラームーンの登場が後の魔法少女モノに多大な影響を与えました。
セーラームーンがなければプリキュアもまどマギも存在しなかったのではないかと考えると、セーラームーンの凄さが伝わりますね。
そんな歴史を変えた作品を、皆さんもふり返ってみては如何でしょうか。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第28回の放送はいかがでしたか?
     
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品はTVアニメ『凪のあすから』
非常に複雑な物語と恋愛模様を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品は宝井理人先生の『テンカウント』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
  
  
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:変な単語を言わせるのはやめてください!!
  
冨尾さん:第28回!!
     『凪のあすから』紹介しきれなっかたところが沢山ありますが、
     とにかく観ていただきたいです!!
     次回はテンカウント!
     ついに来た!BL!!
  
FullSizeR.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】

こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『雨』です。
みなさんから『雨』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
【おじさんみ〜つけた♪】
 みなさんが見つけたおじさんにまつわるエピソードを紹介するコーナー。
  
【可愛い女の子を作ろう!!】
究極の女の子を作り上げていくコーナー。
みなさんからは可愛い女の子の条件を募集します。
現在募集しているテーマ『妹』です!
   
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
待望のアニメ化!「BLAME!(ブラム)」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年5月20日に公開される劇場ア二メ「BLAME!」を取り上げました。
「シドニアの騎士」の二瓶勉さん原作の作品ですね。
 
原作は月刊アフタヌーン1997年3月号から2003年9月号まで連載されていた作品で、今までに何度か短編アニメになっています。
今回の劇場アニメ化もア二メ「シドニアの騎士」ないで劇中劇として「BLAME!」の短編作品を制作して公開したところ話題となり、今回の劇場版公開へと繋がったそうです。
中々珍しい流れでの制作された作品ですね。
 
ストーリーは短い文章で説明するのは非常に難しい作品なのですが、未来の世界を舞台にしたSF西部劇といった感じになっています。
原作とはちょっと違い、エンタメとしても楽しめるように製作されているようです。
原作を見てちょっと難しいなと思っている人でも楽しめる作品となっています。
原作ファンの方も動くBLAME!を是非観に行ってみてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
ゴールデンウィークア二メ映画特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、ゴールデンウィークまっただ中ということで、ゴールデンウィークアニメ映画特集と題して、「名探偵コナン」と「クレヨンしんちゃん」の2作品を取り上げました。
ゴールデンウィークと言えば毎年恒例の2作品ですよね。
近年は人気も高く、興行収入も好成績を残しています。
今回のゴールデンウィーク劇場版は、クレヨンしんちゃんが「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」、名探偵コナンが「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」という2作品になります。
皆さんご覧になりましたか?
 
「クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」はクレヨンしんちゃん劇場版25作品目の作品です。
記念すべき25作品目ですよ。
もう25作も作られているのですね。
あらすじは、シリリによって子供にされてしまったみさえとひろしを大人に戻してもらうためシリリを父の元まで連れていくといった感じです。
 
「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」は名探偵コナン劇場版21作品目の作品です。
近年の名探偵コナンの劇場版はデートムービーとしても人気で、子どもの頃に見ていた作品で、男女ともファンの多い作品なのでデートに向いているのでしょうね。
今回はストーリーもデートムービー向きというか恋愛要素が絡んだ作品となっています。
京都が舞台と言うことで、背景を含めた映像美も楽しめる作品ですね。
 
折角のゴールデンウィークです。
毎年観に行っている方はもちろん、滅多に行かないという人も是非チェックしてみてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第26回目の放送はいかがでしたか?
今回は卯野さんのお誕生日直前の放送ということで
番組でお祝いをしましたよ!!
    
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は草凪みずほ先生の『暁のヨナ』
恋愛要素あり、熱くなるバトルシーンありの作品を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品は山本祟一朗先生の『からかい上手の高木さん』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
  
  
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:番組で2度目の誕生日を迎えましたー!
     今年も祝ってもらえて嬉しかったです♪
     おめでとうメールもありがとうございました!!
     ひかりんからはナノブロックもらったよ!
     頑張って作ります!笑
  
冨尾さん:第26回目!!
     うにょんお誕生日おめでとう〜!!
     アニきゅんでまたお誕生日をお祝いすることができて、
     とても嬉しいです!!
     これからもよろしくお願いします。うにょん!!
  
っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっl.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『憂鬱』です。
みなさんから『憂鬱』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
【おじさんみ〜つけた♪】
 みなさんが見つけたおじさんにまつわるエピソードを紹介するコーナー。
  
【可愛い女の子を作ろう!!】
究極の女の子を作り上げていくコーナー。
みなさんからは可愛い女の子の条件を募集します。
現在募集しているテーマ『委員長』です!
   
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「あにめたまご2017」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年4月22日から28日までテアトル新宿で1週間限定でレイトショー上映される「あにめたまご2017」を取り上げました。
文化庁による若手アニメーター育成プロジェクト「あにめたまご」の最新作ですね。
 
文化庁による若手アニメーター育成プロジェクトは元々「Project A」という名前で始まり、「アニメミライ」として毎年度作成されてきました。
それが「あにめたまご」になり、現在に至っています。
 
毎年度選ばれた4社のアニメーション制作会社がそれぞれ若手のアニメーターを起用してオリジナル作品を製作します。
作品のクオリティというか内容にも決まりがあり、30分弱のいわゆるTVア二メ尺であり、動画枚数にも決まりがあります。
なので毎回非常にクオリティが高い作品が集まります。
 
今年の作品は、
 
・「ちゃらんぽ島(ランド)の冒険」
・「RedAsh -GEARWORLD-」
・「げんばのじょう -玄蕃之丞-」
・「ずんだホライずん」
 
以上の4作品となっています。
 
「ちゃらんぽ島の冒険」は株式会社スタジオコメットの制作で『ちゃらんぽランド』という島を舞台にした子ども向けの作品。
「RedAsh -GEARWORLD-」は株式会社STUDIO4℃の制作でCGによって作成されたSF作品。
「げんばのじょう-玄蕃之丞-」は日本アニメーション株式会社の制作で昔の日本を舞台にした童話のような作品。
「ずんだホライずん」はSSS合同会社、株式会社スタジオ・ライブ、株式会社ワオ・コーポレーション3社の合同企画で制作されていて、VOICELOIDの東北ずん子を主人公にした作品。
 
このように非常にバラエティに富んだ4作品を堪能することが出来ます。
日本のア二メの未来を支えることになる若手アニメーターたちの作品。
是非チェックしてみてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
2ヶ月連続公開!湯浅政明監督特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年4月7日に「夜は短し歩けよ乙女」、5月19日に「夜明け告げるルーのうた」が公開される湯浅正明監督の2作品を取り上げました。
同じ監督のアニメ映画作品が2ヶ月連続で公開されるというのは、非常に珍しいのですね。
非常に注目の2作品です。
 
湯浅正明監督と言えば、代表作は「マインド・ゲーム」や「四畳半神話大系」、「ピンポン THE ANIMATION」辺りになるでしょうか。
それらの作品は監督を担当された作品ですが、作画監督としても有名です。
「ちびまる子ちゃん」の初代ED「おどるポンポコリン」の作画を担当されていたり、「クレヨンしんちゃん」の作画監督や映画版の設定デザイン・原画などを担当されていました。
なので知らないうちに湯浅監督の作品に触れていたという人も多いのではないでしょうか。
 
4月公開の「夜は短し歩けよ乙女」は、森見登美彦さんの小説が原作で、京都の大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語を描いたラブコメディ作品です。
独創的なタッチの作風に見えますが、小説の挿絵がそのまま動き出したような感覚を覚えるポップな作品です。
5月公開の「夜明け告げるルーのうた」はオリジナルア二メ作品で、人魚をテーマにした作品です。
こちらは子どもも楽しめる作風ですので、ご家族でご覧になってみては如何でしょうか。
 
そんな2作品を紹介しました。
同じ監督の作品が2ヶ月連続公開というのは、先ほども言いましたが非常に珍しいことです。
この機会にどちらもご覧になって見ては如何でしょう。
是非チェックしてみてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第24回目の放送はいかがでしたか?
   
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は流石景先生の『ドメスティックな彼女』
姉弟間の禁断の恋愛を描いた作品を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品はCLAMP先生の『カードキャプターさくら クリアカード編』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
  
  
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:今年は1年目最後の放送でしたー!
     改めて、皆さん1年間ありがとうございました!
     ここまでこれたのもメール等で番組を盛り上げてくれた
     リスナーの皆さんのおかげです!!
     2年目もひかりんと楽しく頑張りますので
     応援よろしくお願いします。
  
冨尾さん:記念すべき24回目!!
     ついに1年が経ちました!!
     少しは成長できたかな...
     2年目はもっともっと楽しい番組になるように頑張るぞー!
  
っっっっっっっっっs.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『春』です。
みなさんから『春』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
   
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
ア二メと玩具について考察しよう!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、長年にわたってポピーおよびバンダイで、男児向けキャラクター玩具の世界で工業デザイナーとしての辣腕を振るった、村上克司さん初の作品集「オール・アバウト村上克司 特撮・ロボット工業デザインアート集」が2017年2月21日に発売されたことを記念して、ア二メと玩具について考察してみよういうことで、ア二メと玩具について特集しました。
 
皆さんはア二メにまつわる玩具といえば何を思い浮かべますか?
世代によって様々だとは思います。
「超合金」ですか?
それとも「ガンプラ」でしょうか?
皆さんが最初に遊んだア二メ玩具は何ですか?
私の世代だとやはり「ガンプラ」や「ミニ四駆」あたりでしょうか。
子どもの頃は夢中になって遊んでしました。
 
そんなア二メ玩具の中で今回は「超合金」に注目し、『超合金を作った男』として知られている村上克司さんを取り上げました。
『超合金』と言えば巨大ロボットア二メに登場する巨大ロボットを模した玩具ですね。
皆さんも子どもの頃超合金で遊んだという方も多いのではないでしょうか?
もしかしたら大人になった今でも超合金を集めているという方もいるでしょう。
それだけの魅力を持った製品ですからね。
 
「超合金」の魅力はなんと言っても、ア二メで見た変形ロボットの変形シーンや合体ロボットの合体シーンを、自分の手で再現できる精密な作りですよね。
そして「重さ」を持つ重厚な作りは、ア二メのロボットを実際に手に持った実感を与えてくれました。
玩具を通してア二メをリアルに体感できたわけですね。
これからもそんなア二メとリアルを繋ぐ「玩具」という存在に注目していこうと思います。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

この番組は月曜日の16時から、少女マンガ・アニメ・TVドラマなどの「恋愛モノ」 をテーマにパーソナリティの二人が、「最新恋愛流行事情」やアニメやコミックの感想文レポート、恋愛ラジオドラマなどを繰り広げるドキドキの胸きゅ~ん!番組です。
番組では皆さんからの疑問、質問、応援メッセージ、あなたの好きな恋愛作品について など番組宛てメールを募集中!
love@joqr.netでお待ちしています!!