皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
待望の劇場公開!『宇宙戦艦ヤマト2202』特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年2月25日から第1章が2週間限定で劇場公開される『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』を取り上げます。
出演者スタッフ共に、非常に楽しみにしている作品の公開ですね。
「宇宙戦艦ヤマト」には特別な感情を持っている出演者のお話は如何でしたか?
とにかく公開が楽しみだということが伝わっていれば幸いです。
 
本作は『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品である『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編作品にあたります。
「宇宙戦艦ヤマト2199」は2012年に劇場先行公開とBlu-rayDisk劇場先行販売が始まり、、2013年4月7日から同年9月29日までMBS・TBS系列でテレビ放送されました。
劇場公開はもう5年も前になるということですか。
時が経つのは早いものですね。
あの作品は本当に「宇宙戦艦ヤマト」が大好きな人たちが作り上げた魅力たっぷりの作品でした。
その続編の公開ということで期待が高まりますね。
 
「宇宙戦艦ヤマト」をご存じの方が気になるのは、本作がどちらのエンディングになるのかということですね。
番組内でもお話していましたが、「宇宙戦艦ヤマト」の続編は映画版とTV版の二つの流れがあり、どちらになるのかということですね。
もしかしたらどちらにもならないなんてこともあるかも知れませんし・・・。
非常に興味深いところです。
 
もちろん「宇宙戦艦ヤマト」自体は見たことなくても十分楽しめる作品になっているそうです。
前作の「宇宙戦艦ヤマト2199」は色んな媒体で放送されたり配信されたりしているようなのでチェックしてみたり、先月発売のBlu-rayBOXを購入して予習をするのも良いと思います。
是非チェックしてみてくださいね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第22回目の放送はいかがでしたか?
  
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品はTVアニメ『セイレン』
現在好評放送中の王道ラブコメを
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品はサブロウタ先生の『citrus』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
 
 
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:上崎真詩ちゃんの出番が待ち遠しですー!
     あと、可愛い笑い方研究します!
  
冨尾さん:バレンタインデーも過ぎて卒業の季節になりますね!
     冬が終わるまでに冬っぽいことしたいです!!
  
 kdokaoska.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【BLはいいぞ!!】
こちらはリスナーのみなさんが見た、体験した
男同士の戯れエピソードをご紹介し、
そのエピソードにお2人がどれくらい興奮したのか
判定していくコーナーです。
みなさんからはお2人が興奮しそうな
男同士の戯れエピソードを募集します。
 
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『卒業』です。
みなさんから『卒業』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

みなさんこんにちは!
アニきゅん第21回目の放送はいかがでしたか?
  
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『恋と嘘』
斬新な世界観での甘酸っぱい恋愛模様を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品はTVアニメ『セイレン』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
 
 
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:我々は仁坂くんの恋を応援しています。
  
冨尾さん:第21回目!
     『恋と嘘』を紹介しました〜。
     全員が素晴らしく可愛いので、
     特に仁坂くんに注目しながら読んでください!! 
     そして、今回も"BLはいいぞ!"豊作!!
     みなさん強烈なエピソードを本当にありがとうございました!
 
wwwwwwww.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【BLはいいぞ!!】
こちらはリスナーのみなさんが見た、体験した
男同士の戯れエピソードをご紹介し、
そのエピソードにお2人がどれくらい興奮したのか
判定していくコーナーです。
みなさんからはお2人が興奮しそうな
男同士の戯れエピソードを募集します。
 
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『チョコレート』です。
みなさんから『チョコレート』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
ハードで危険!『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は2017年2月4日から4週間限定で劇場公開されている『LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』を取り上げました。
皆さんご存じの「ルパン三世」シリーズ作品です。
2014年に公開された『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』に続く、小池健監督の描くルパン三世スピンオフシリーズの第2弾作品です。
ルパン三世とルパン一味との出会いを描くルパン三世スピンオフシリーズとしては、2012年放送のテレビシリーズ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』から数えると第3弾作品にあたり、今作では石川五ェ門との出会いを描いた作品となっています。
 
本作はア二メ「ルパン三世」シリーズの中でもモンキーパンチ先生の原作に近い作品となっており、いわゆるTVスペシャル等で放送される「ルパン三世」とは、少しテイストの変わった作品になりますね。
従来のア二メ「ルパン三世」はコメディテイストが多かったり、ルパン一味を義賊のような位置取りで扱っている作品が多いイメージです。
しかし、モンキーパンチ先生の原作ではルパンは完全な盗賊ですし、何より銭形警部が全く違いますよね。
原作の銭形警部は非常に優秀で、ルパンのライバルのような切れ者の名警部なのですが、ア二メ「ルパン三世」ではちょっとドジな警部のイメージが強いシーンが多いですからね。
 
もちろんコメディテイストの強い「ルパン三世」は私も大好きですし、今後とも続いて欲しいシリーズです。
ですが、今回の作品は原作の表現に近いルパン三世を堪能できる作品となっています。
イメージと違うワルでクールなルパン三世を是非堪能してみては如何でしょうか?
是非チェックしてみてくださいね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第20回目の放送はいかがでしたか?
フリートークでは、新年1回目の収録ということで
お2人の年末年始についてお聞かせいただきました!!
  
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『とらドラ!』
アニメ史に残る王道ラブコメを
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
そして、次回取り上げる作品はムサヲ先生の『恋と嘘』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております!!
 
 
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:今回は「とらドラ!」を紹介しました!
     本当にいつ見ても良い作品です...。
     2017年「アニきゅん!」の目標も立てたので
     面白い人間になれるように頑張ります!笑
  
冨尾さん:記念すべき第20回目!!
     「とらドラ!」に始まり、素敵なBLも紹介できて
     良い2017年を過ごすことができそうです!!
     今年もよろしくお願い致します!
 
スクリーンショット 2017-01-21 6.53.44.png
   
  
《 コーナー紹介 》
【BLはいいぞ!!】
こちらはリスナーのみなさんが見た、体験した
男同士の戯れエピソードをご紹介し、
そのエピソードにお2人がどれくらい興奮したのか
判定していくコーナーです。
みなさんからはお2人が興奮しそうな
男同士の戯れエピソードを募集します。
 
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『クリスマス』です。
みなさんから『クリスマス』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
Blu-rayBOX発売!『宇宙戦艦ヤマト2199』特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は2017年1月27日にBlu-rayBOXが発売になる「宇宙戦艦ヤマト2199」を取り上げました。
本作は2012年に劇場先行公開およびビデオソフトが先行発売され、2013年4月7日から同年9月29日までMBS・TBS系列でテレビ放送されました。
さらに2014年10月11日より総集編劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』が全国順次イベント上映され、2014年12月6日より劇場版『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』が公開されました。
 
今回のBlu-rayBOXは『特装限定版』で全26話を収録しており、特典としては一部を列挙しますと、
 
・ノンクレジットオープニング&エンディング集[TV放送版]
・たっぷりヤマトークナイト
・オーディオコメンタリー・劇場上映版予告
・PV&CM集[全七章]
・ダイジェスト
・ノンクレジットオープニング集
 
など一部を挙げただけでも豪華な内容となっております。
 
2017年2月25日には続編となる最新作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の第1章が劇場公開されます。
その前に予習復習のためにもオススメしたいBlu-rayBOXとなっております。
是非チェックしてみてくださいね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまあけましておめでとうございます。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
本年も「氷川竜介のア二メLabo.」を宜しくお願いします。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
2016年のア二メを振り返ろう!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は2017年になったばかりですが、まだ2017年のア二メはほとんど放送されていないということもあり、2016年のア二メをふり返って総括するという内容でお送りしました。
皆さんの2016年は如何でしたか?
良いア二メライフを過ごされましたでしょうか?
2016年も沢山のア二メが放送・公開されました。
レギュラー放送のTV・配信ア二メの総数は202本。
劇場公開ア二メが92本。
単発のア二メも含めると300本以上のア二メが公開されました。
いずれも番組調べの数値ですので、間違いなどあるかも知れません。
間違っていましたらお詫びいたします。
 
2016年のア二メの話題として、やはり外せないのは映画『君の名は。』の大ヒットですよね。
アニメ映画としては近年まれに見る大ヒットとなりました。
2017年1月5日の時点で興行収入224億円。
観客動員数は1735万人。
上映スクリーン数は354。
現時点で日本で公開された劇場公開作品の興行収入ランキングで歴代4位にランクインしています。
ちなみに歴代興行収入トップ5は、
 
1位 千と千尋の神隠し 304億円
2位 タイタニック 262億円
3位 アナと雪の女王 254億円
4位 君の名は。 224億円(1月5日時点・公開中)
5位 ハリー・ポッターと賢者の石 203.0億円
 
こんな感じです。
まだまだ上映は続いていますので、もしかしたらさらに伸びてランキングが入れ替わるかも知れませんね。
 
『君の名は。』の大ヒットはもちろんのこと、『シン・ゴジラ』など方が作品の大ヒットが相次ぎました。
そのため、2016年の国内の映画興行収入は15年比6%増の2300億円前後と過去最高を記録しています。
この流れに乗って2017年もア二メ映画はもちろん、ア二メ全体が盛り上がっていけば良いですね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第19回目の放送はいかがでしたか?
今回はお正月ということで『アニきゅんライブラリー』はお休みし、
特別企画を実施しました!!
お互いに3つのジャンルでオススメのアニメ作品をプレゼンする対決企画なのですが、
果たして、ご褒美であるお年玉をゲットしたのはどっちなのか!?
まだ見ていない方はリピート放送やAG-ONでの配信をお楽しみに!!
 
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:あけましておめでとうございます!!
     リスナーの皆さんとこうして年を越せて本当に嬉しいです♪
     今年も私たちらしく楽しく頑張りますので
     応援よろしくお願いします!!
 
冨尾さん:新年、あけましておめでとうございます!
     2017年も『アニきゅん』よろしくお願いします!!
     いや〜アニメプレゼン対決...
     勝手しまいました!!
     嬉しすぎる!!
     また対決できるといいな!
 
FullSizeR 3.jpg
   
  
《 コーナー紹介 》
【BLはいいぞ!!】

こちらはリスナーのみなさんが見た、体験した
男同士の戯れエピソードをご紹介し、
そのエピソードにお2人がどれくらい興奮したのか
判定していくコーナーです。
みなさんからはお2人が興奮しそうな
男同士の戯れエピソードを募集します。
 
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているテーマは『クリスマス』です。
みなさんから『クリスマス』をテーマにしたポエムをお待ちしています。
  
お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
テニスア二メの金字塔、『エースをねらえ!』特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は2016年12月14日にのBlu-rayBOXが発売された「エースをねらえ!」を特集しました。
皆さんご存じのテニスア二メの名作ですね。
 
原作は山本鈴美香先生のスポーツマンガで1973年から「週刊マーガレット」で連載されました。
ア二メは1973年10月5日から1974年3月29日まで放送されていましたが、この放送では視聴率の低迷で26話で打ち切られてしまっています。
しかし、その後に再放送されたことで人気が出て、1979年に「新・エースをねらえ!」が放送されました。
これは続編ではなく新しく作られた作品だそうです。
その他にもOVAに劇場版と展開し、2004年には上戸彩さん主演で実写ドラマ化もされました。
それだけの超人気テニス作品です。
 
本作品は演出を出崎統さんが担当されています。
当時の少女マンガの演出手法というか、キャラクターの登場と共に華が舞ってポエムがト書きのように書かれている。
その少女マンガ独特の世界をア二メという動きの中で見事に作り上げています。
現在のア二メにも広く影響を与えた演出が満載ですよ。
 
有名な作品なので私が何か解説することも不要ですね。
スポ根では超名作ですから。
こういったスポーツモノは良いですよね。
ア二メを切っ掛けにしてスポーツを始めて、そして世界的な選手になった人もいるみたいですし、夢があります。
これからもテニスに限らず、様々なスポーツ作品が登場し、人気になってスポーツ振興にもなり、そしてそれを見た子どもたちがその選手として活躍する。
それも楽しみです。
 
そんな「エースをねらえ!」のBlu-rayBOXは既に発売されています。
皆さん是非チェックしてみてくださいね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
待望のBlu-rayBOX発売!『クラッシャージョウ』特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は2016年12月14日にBlu-rayBOXが発売になるスペースオペラの傑作『クラッシャージョウ』を取り上げました。
皆さんこの作品はご存じですか?
監督・脚本・絵コンテ・作画監督・キャラクターデザインを安彦良和さんが担当している作品です。
 
原作は高千穂遙さんの小説です。
小説の挿絵を安彦さんが担当しており、そのアニメ化ということで安彦さんが前述の役職を担当されました。
最初は劇場版が1983年に公開され、1989年にはOVA「クラッシャージョウ 氷結監獄の罠」と「クラッシャージョウ 最終兵器アッシュ」が製作されています。
今回のBlu-rayBOXでは劇場版のリマスター作品、OVA2作品を収録。
さらに注目は当時の劇場公開サイズの劇場版が収録されているということです。
 
今回のBlu-rayBOXで話題になっているのが、4Kリマスターで製作されたと言うことでしょうか。
公式サイトに4Kとの比較動画が上がっているのですが、それを見るとかなり綺麗でしたよ。
気になる方は購入の参考に見てみては如何でしょうか。
 
安彦良和さんの作品をお好きな方は大注目です!
絶対にオススメできる作品ですよ。
皆さん是非チェックしてみてくださいね。
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

この番組は月曜日の16時から、少女マンガ・アニメ・TVドラマなどの「恋愛モノ」 をテーマにパーソナリティの二人が、「最新恋愛流行事情」やアニメやコミックの感想文レポート、恋愛ラジオドラマなどを繰り広げるドキドキの胸きゅ~ん!番組です。
番組では皆さんからの疑問、質問、応援メッセージ、あなたの好きな恋愛作品について など番組宛てメールを募集中!
love@joqr.netでお待ちしています!!