皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
永井豪ア二メの逆襲!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年1月5日から「DEVILMAN crybaby」がNetflix独占配信が開始され、さらに2018年1月13日に「劇場版マジンガーZ INFINITY」が劇場公開されているということで、永井豪原作ア二メ2作品を取り上げました。
ここに来て永井豪原作作品が2作品も公開されたのですね。
皆さんご存じでしょうか?
 
まずは「DEVILMAN crybaby」から紹介させていただきます。
原作はもちろん永井豪さんのマンガ作品「デビルマン」で1972年25号から週刊少年マガジンで連載された作品です。
マンガと同時期の1972年7月8日から1973年3月31日まで初代のTVア二メが放送されました。
今回の「DEVILMAN crybaby」は湯浅政明監督と大河内一楼脚本による新作で、2018年1月5日からNetflixで全世界独占配信がスタートしています。
湯浅監督独特の陰影の少ない可愛らしい絵柄であるのに、もの凄く動くしアクションも素晴らしい作品です。
 
続きまして「劇場版 マジンガーZ INFINITY」ですが、原作はもちろん永井豪さんのマンガ作品で1972年10月2日号から1973年8月13日号まで週刊少年ジャンプで連載されました。
さらに初代TVア二メが1972年12月3日から1974年9月1日まで放送されました。
今回の「劇場版 マジンガーZ INFINITY」は劇場版らしく全部乗せというかお祭り騒ぎでマジンガーZの世界があふれ出す作品となっています。
 
そんな永井豪原作の作品が2作品一気に楽しめるチャンスです。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第43回の放送はいかがでしたか?
今回は新年1回目の放送ということで、
『新春・萌え萌え大喜利』でお2人に対決していただきました!!
       
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『CLANNAD』
誰しもが1度は耳にしたことがある大人気恋愛アニメを
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
   
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:あけましておめでとうございます!!
     ついに、ひかりんに勝ったよ!!
     お年玉すごく嬉しい!
     今年もよろしくお願いします!
  
冨尾さん:新年あけましておめでとうございます!
     今年も楽しく頑張っていきますので皆様宜しくお願い致します!
     ついにうにょんに負けてしまった〜
   
FullSizeR.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『夢』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな遅刻の言い訳』です。
   
【可愛い女の子にこんなセリフを言わせたい!!】
これまで番組で作った可愛い女の子に言って欲しいセリフとシチュエーションを募集するコーナー。
現在募集中のテーマは『可愛い妹に言って欲しいセリフ』です。
     
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

みなさんこんにちは!
アニきゅん第42回の放送はいかがでしたか?
今回はクリスマス直前の放送ということで、
お2人とスタッフも交えてプレゼント交換会を行いました!!
       
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『魔法使いの嫁』
人ならざる異形の魔法使いと人間の
ファンタジー要素あるれる恋愛模様を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
   
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:メリークリスマス!!
     プレゼント交換すごく楽しかった!!
     みんなも良い1日を!
  
冨尾さん:メリークリスマス!!
     良いお年を!
   
IMG_5876.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『夢』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな遅刻の言い訳』です。
   
【可愛い女の子にこんなセリフを言わせたい!!】
これまで番組で作った可愛い女の子に言って欲しいセリフとシチュエーションを募集するコーナー。
現在募集中のテーマは『可愛い妹に言って欲しいセリフ』です。
     
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

みなさんこんにちは!
アニきゅん第41回の放送はいかがでしたか?
       
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『長閑の庭』
大学教授と大学院生の年の差がある恋愛作品を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
   
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:次回クリスマス回!!
     めっちゃ楽しみ!!
  
冨尾さん:さかき教授最高です!!
   
IMG_5877.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『クリスマス』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな遅刻の言い訳』です。
   
【可愛い女の子にこんなセリフを言わせたい!!】
これまで番組で作った可愛い女の子に言って欲しいセリフとシチュエーションを募集するコーナー。
現在募集中のテーマは『可愛い妹に言って欲しいセリフ』です。
     
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまあけましておめでとうございます。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
本年も当番組を宜しくお願いします。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
2017年のア二メをふり返ろう!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年の年明け早々ではありますが、昨年2017年のア二メをふり返ってみようということで、このようなテーマを取り上げました。
2017年もたくさんのア二メが放送&公開になりましたね。
皆さんのなかで特に印象に残っている作品は何ですか?
改めてふり返ってみると、「あ、この作品も2017年だったんだ」と思うほど、時間の流れの早さを感じます。
 
番組では2017年のア二メを象徴する3つのテーマを取り上げました。
その3つのテーマとは、
 
・けものフレンズ 
・ア二メ100年 
・2016年映画ブームと余波 
 
こんな感じで取り上げました。
皆さんどのように思いますか?
 
特に気になったのは「2016年映画ブームと余波」でしょうか。
「君の名は。」などの大ヒットでアニメ映画業界で第2の「君の名は。」を目指す作品たちが製作されているそうです。
それが公開になるのはおそらく2019年頃といわれています。
今年はその間の年ですが、いったいどんな一年になるのでしょうね。
今年も楽しみなア二メがたくさん生まれることでしょう。
善きア二メライフをお過ごしください。
皆さんにとって良い1年になりますように!
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
美少女ア二メを確立!「うる星やつら」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年12月20日にBlu-rayBOX「TV シリーズ うる星やつら Blu-ray SET1<スペシャルプライス版> 」が発売されることを記念して「うる星やつら」と美少女ア二メについて取り上げました。
皆さんご覧になったことはありますか?
 
原作は高橋留美子さんのマンガ作品で、1978年39号から1987年8号まで週刊少年サンデーに連載されました。
高橋留美子さんは数多くの人気作品をお書きですが、もしかしたら「うる星やつら」がもっとも知名度が高いかも知れませんね。
地球侵略に来た鬼族の「ラム」が地球人代表「諸星あたる」と繰り広げるドタバタラブコメディですね。
TVア二メは1981年10月14日から1986年3月19日まで4年半という長期にわたって放送されました。
劇場版も6本作られ、テレビシリーズ放送終了後はOVAシリーズも作られた大人気作品です。
 
「うる星やつら」といえばいわゆる美少女ア二メの原点というか、様々な『お約束』を作り上げた作品です。
『温泉回』や個性的な美少女キャラを代わる代わる登場させたのも、「うる星やつら」だと言われています。
現在の美少女ア二メに与えた影響は凄い物があるのでしょうね。
 
そんな「うる星やつら」ですが、Blu-rayBOX「TVシリーズ うる星やつら Blu-ray SET1<スペシャルプライス版>」が2017年12月20日に発売されます。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
最終章公開!「ガールズ&パンツァー」をふり返ろう!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年12月9日から「ガールズ&パンツァー最終章」第1話が劇場公開されるということで、改めて「ガールズ&パンツァー」という作品を見つめ直してみようということで、「ガールズ&パンツァー」を取り上げました。
皆さんご存じの大人気ミリタリー×美少女ア二メですね。
 
「ガールズ&パンツァー」が最初にTV放送されたのは、2012年10月になります。
もうそんなに前なんですね。
最近のイメージがありましたから意外でした。
放送中はもちろんのこと、放送後も人気は衰えず、2014年7月5日に全国14館の映画館で開催された先行上映イベントを経て、7月25日にOVA『これが本当のアンツィオ戦です!』が発売。
さらに2015年11月21日に『ガールズ&パンツァー 劇場版』が全国公開されました。
 
「ガールズ&パンツァー」といえば聖地である茨城県大洗町が有名ですね。
毎年行われる「大洗あんこう祭り」ではかなりの人数が大洗を訪れており、今年の「第21回大洗あんこう祭り」では約13万人が来場したそうです。
さらにネットでも大人気で「ガルパンはいいぞ」や「ガルパンおじさん」というネット用語(?)を未だに見かけますし、今でも人気はまったく衰えていません。
今回の最新作でも期待が高まりますね。
 
そんな「ガールズ&パンツァー」の最新作、「ガールズ&パンツァー最終章」は全6話構成で、2017年12月9日より順次劇場にてイベント公開されます。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
ストップモーションで描く日本!「KUBO」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年11月18日から劇場公開されているアメリカ発のストップモーション作品「KUBO 二本の弦の秘密」を取り上げました。
この作品はストップモーションアニメーションと呼ばれる作品で、クレイアニメや人形ア二メなど、本来動かないモノをコマ撮りし、それを連続で再生することで動かすというアニメーションです。
皆さんがご存じの作品だと「ピタゴラスイッチ」の「こんなことできません」のコーナーや、同じくNHKのショートア二メ「ニャッキ!」などですかね。
 
本作を作り上げたスタジオライカはアメリカのストップモーションアニメーションスタジオで、前作の「コララインとボタンの魔女」でも話題になったスタジオです。
そんなスタジオライカが『日本』を題材に描いた作品が本作になります。
日本の封建時代をイメージした世界で、「折り紙」に命を与える三味線を持つ主人公が祖父である「月の帝」を打倒する宿命を背負うといったお話です。
 
本作の魅力はやっぱり映像美ですね。
ストップモーションアニメーションなのでもちろんコマ撮りによって製作されているのですが、そのリアルさは凄まじいモノがあります。
ストップモーションアニメーションをあまり見たことがなかったので初めて見たときはビックリしました。
それだけ素晴らしいものでしたね。
 
そんな「KUBO 二本の弦の秘密」は2017年11月18日から劇場公開されています。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第39回の放送はいかがでしたか?
       
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『水玉ハニーボーイ』
女子力の高い男子と男気溢れる女子の恋愛模様を
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!
   
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:完全復活ー!!
     やっぱり元気が1番たね!!
     そして、39回目の放送ー!!!
     みんないつもサンキュー!!!
  
冨尾さん:水玉ハニーボーイかわいかった!!
     藤くん好き!!
  
 IMG_4933.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『学園祭』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラなプロポーズ』です。
   
【可愛い女の子にこんなセリフを言わせたい!!】
これまで番組で作った可愛い女の子に言って欲しいセリフとシチュエーションを募集するコーナー。
現在募集中のテーマは『可愛い委員長に言って欲しいセリフ』です。
     
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
日本が誇る二つの文化!「ゴジラとア二メ」特集!


 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2017年11月17日からア二メ映画「GODZILLA 怪獣惑星」が劇場公開されるということで、このようなテーマを取り上げてみました。
本作はポリゴン・ピクチュアズ制作のアニメーション映画で、ゴジラシリーズ初の劇場版長編アニメーション映画作品です。
監督に静野孔文さんと瀬下寛之さん、脚本に虚淵玄さんを起用した作品です。
 
ゴジラシリーズは1954年の初代ゴジラから始まり、今までに様々なゴジラ作品が映像化されてきました。
いわゆる昭和ゴジラで15作品、平成ゴジラといわれる「VSシリーズ」で7作品、ミレニアムゴジラシリーズで6作品もあります。
さらにはハリウッドで2作品、そして昨年の「シン・ゴジラ」と全部見るにはかなり大変な量になっていますね。
 
そらだけ大量の作品を生み出した「ゴジラ」はもちろん大人気のコンテンツです。
ただ、多くの作品が生まれた結果、やり尽くした感が出てきていたのは否定できないことです。
だからミレニアムゴジラの最終作で「ゴジラ ファイナルウォーズ」から日本のゴジラ作品は作られいなかった期間が長かったのだと思います。
しかし「ゴジラ」は魅力的なコンテンツであり、それを新たな映像作家の手に委ねてみるという試みが昨年の「シン・ゴジラ」の大ヒットに繋がったのでしょう。
 
そして本作は現在のア二メ制作者に「ゴジラ」というコンテンツを委ねたらどうなるか、というものです。
過去にはゴジラのアニメ化自体は何度か行われました。
今回のゴジラはどうなるのでしょうか。
特撮ファンから認められるのか、アニメファンから絶賛されるのか、はたまたその両方が喜ぶ作品となるのか。
非常に楽しみですね。
 
そんな「GODZILLA 怪獣惑星」は3部作の1作品目として2017年11月17日から公開になります。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

この番組は月曜日の16時から、少女マンガ・アニメ・TVドラマなどの「恋愛モノ」 をテーマにパーソナリティの二人が、「最新恋愛流行事情」やアニメやコミックの感想文レポート、恋愛ラジオドラマなどを繰り広げるドキドキの胸きゅ~ん!番組です。
番組では皆さんからの疑問、質問、応援メッセージ、あなたの好きな恋愛作品について など番組宛てメールを募集中!
love@joqr.netでお待ちしています!!