皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
話題の秋ア二メ!「イングレス」特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年10月からスマホゲーム「Ingress」を原作としたTVアニメ「INGRESS THE ANIMATION」が放送されるということで「Ingress」を取り上げました。
フジテレビ『+Ultra』枠第1弾作品として放送予定の作品で、インターネットでは、Netflixにて日本・海外配信が決定している本作になります。
スマホゲーム原作のアニメも増えてきましたね。
 
原作のスマホゲーム『Ingress』は皆さんご存じでしょうか?
プレイしたことはありますでしょうか?
このゲームはいわゆるAR(拡張現実)を利用した位置情報ゲームの先駆けですね。
一時期ブームも巻き起こした大人気のスマホゲーム「ポケモンGO」と同じジャンルの作品です。
というか「ポケモンGO」も「Ingress」を製作したナイアンティック社が製作しているゲームですね。
「ポケモンGO」ではARと位置情報を利用してポケモンを集め育ててジムでバトルするというようなゲームでしたが、「Ingress」はARと位置情報を利用して陣取り合戦をするというゲームになります。
2012年11月に招待制でベータ版の運用が開始され、2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータに移行し、2013年12月15日に正式運用が開始されました。
当初はAndroid専用であったが、2014年7月23日よりiOSにも対応しています。
2015年3月25日に日本語に対応しました。
 
「Ingress」は先ほど述べたとおり陣取りゲームになります。
プレイヤーは2つの勢力のうちのどちらかに所属し、世界各地に存在する「ポータル」を自勢力の所有とし、ポータル同士を「リンク」して三角形を描くと、その内側が「コントロールフィールド」と呼ばれる自陣になり得点が加算され、その合計値を競うといったものです。
本作のアニメではこの設定を基礎にして、物質の記憶を読み取るサイコメトリーの能力を持つ特殊捜査官の主人公翠川誠と、記憶をなくした女性サラ・コッポラの出会いから大きな謎と陰謀に巻き込まれるストーリーとなっています。
Netflixによる世界配信を予定しているだけあってクールでスタイリッシュであり、クオリティの高い本作となっています。
秋アニメの中でも非常に楽しみな1本ですね。
 
そんなTVアニメ「INGRESS THE ANIMATION」は、2018年10月17日からフジテレビ系にて毎週水曜24時55分から放送開始になります。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「天地無用!」と美少女アニメ!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は25周年突破記念Blu-rayが続々発売されている「天地無用」シリーズと美少女アニメとの成り立ちについて取り上げました。
90年代に人気の作品ですね。
皆さんご覧になったことはありますでしょうか?
 
天地無用シリーズは、1992年製作のOVA『天地無用! 魎皇鬼』からシリーズが始まりました。
OVA第1期はパイオニアLDCのOVAレーベル「PACシリーズ」の第1期作品としてリリースされた作品です。
当時は「機動警察パトレイバー」によってアニメのOVA販売というビジネスモデルが築き上げられた中で、OVA作品というものが多く生まれました。
その流れの中で登場したのが『天地無用! 魎皇鬼』です。
物語の概要としては、岡山県の高校生、柾木天地を主人公とした物語で。天地が様々な事情で地球にやってきた宇宙人たちの騒動に巻き込まれていくコメディタッチのSFアニメシリーズとなっています。
次から次へと美少女たちが現れるという物語は、「うる星やつら」で生まれた美少女ハーレムアニメの流れをくむ作品ですね。
本作によって美少女ハーレムアニメの分野がぐっと広がり、いわゆる水着回や温泉回などがテンプレート化していきました。
 
その後OVA2期、3期、TVアニメ、劇場版等々、シリーズが広がっていきました。
中でもこの作品が与えた影響といえば、劇中の登場人物にスポットを当てた別作品、いわゆるスピンオフ作品が誕生することですね。
登場人物の砂沙美を主人公とした「魔法少女プリティサミー」は有名ですよね。
本作とは少し違う世界で魔法少女になるという、パラレルワールドでのスピンオフ作品です。
本作からスピンオフアニメ作品というのはぐっと増えていきますし、登場人物が魔法少女になるというスピンオフ作品は一つカテゴライズされたといった感じでしょうか。
例えば今でも大人気の「魔法少女リリカルなのは」は元々はPCゲーム「とらいあんぐるハート3」に登場する『なのは』が魔法少女になる魔法少女スピンオフ作品ですからね。
あまりにも人気になったので、スピンオフ元よりもスピンオフ作品の方が知名度が高いという作品ですが。
つまり、スピンオフの礎となったのが本作「天地無用!」シリーズではないでしょうか。
 
そんな「天地無用!」シリーズは、
・『天地無用!魎皇鬼 OVA(第1期)Blu-ray SET』(9月5日発売)
・『天地無用!魎皇鬼 OVA(第2期)Blu-ray SET』(9月5日発売)
・『天地無用! TV Blu-ray』(9月5日発売)
・『天地無用!劇場版 Trilogy Blu-ray BOX(スペシャルプライス版)』(9月28日発売)
・『新・天地無用! Blu-ray』(9月28日発売)
・『魔法少女プリティサミー(OVA&TV)Blu-ray』(10月11日発売)
・『デュアル!ぱられルンルン物語 Blu-ray』(10月11日発売)
と続々発売されています。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「リメイクアニメとゲゲゲの鬼太郎」特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今年でアニメ放送50周年になる「ゲゲゲの鬼太郎」の第6シリーズが現在放送されています。
そこで今回は「リメイクアニメ」と「ゲゲゲの鬼太郎」について取り上げました。
 
「ルパン三世PART5」「深夜天才バカボン」「キャプテン翼」など数々のリメイクアニメが現在放送されています。
近年は本当にリメイクアニメが多く、放送終了している作品では「ドラゴンボール超」「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」「Cutie Honey Universe」などなど、2018年に絞ってもこれだけのリメイクアニメが製作・放送されています。
「平成」も終わろうとしているこの時に、「昭和」のアニメの魅力が再注目されているのです。
そんな中で今回メインに取り上げたのが「ゲゲゲの鬼太郎」です。
 
「ゲゲゲの鬼太郎」は原作はご存じ水木しげるさんの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』です。
TVアニメは1968年1月3日から1969年3月30日に第1シーズンが放送されました。
そこから1970年代・1980年代・1990年代・2000年代と、それぞれの年代ごとにリメイクされ、5作品が放送されました。
そして2010年代の現在放送中の「ゲゲゲの鬼太郎」で6作品目を迎えます。
今までのシリーズでも作品ごとに鬼太郎の性格や人間との立ち位置など多少の差違はあれども、年代ごとにリメイクされるというのは凄いことですね。
「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪という存在を使って時代を風刺したような作品があったり、各作品の年代での人間の生活の変化なども見ることが出来ます。
「ゲゲゲの鬼太郎」によってその時代を映し出していく。
そういったところが年代ごとのリメイクという形になっているのではないでしょうか。
現在放送中の作品でもスマホが出てきたり、パワハラや働き方改革など、社会問題を切り取った作品が放送されています。
「ゲゲゲの鬼太郎」を通して今の日本を見ることが出来るというのは面白いですね。
きっと時代が「ゲゲゲの鬼太郎」を求めているのでしょう。
 
そんな2010年代、第6シーズンの「ゲゲゲの鬼太郎」が現在放送中です。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

みなさんこんにちは!
アニきゅん第59回の放送はいかがでしたか?
         
【アニきゅん ライブラリー】
今回取り上げた作品は『君が死ぬ夏に』
恋とミステリーが入り混じった青春ストーリーを
お2人にご紹介していただきましたよ!
リスナーのみなさんもたくさんの感想メールをありがとうございました!!

次回取り上げる作品は『恋と心臓』です。
みなさんからの感想メールをお待ちしております。
     
【今回の放送を終えた2人のコメント】
卯野さん:元気になりましたー!!!
     でも、ひかりんのMC面白かったよね!?
     定期的にやってもらおうー!笑
  
冨尾さん:写真は狩りのポーズです。
   
18092.jpg
 
《 コーナー紹介 》
【イタ〜いポエム】
こちらはリスナーのみなさんからいただいた痛いポエムを
しっとりと朗読するコーナー。
現在募集しているお題は『落ち葉』です。
    
【アングラ選手権】
毎月のお題ごとにNo.1アングラを決めるコーナー。
現在募集中のテーマは『アングラな〇〇の秋』です。
     
【アニきゅん語録】
漫画やアニメ、テレビドラマに登場しそうなオリジナルの台詞を紹介し、
アニきゅん語録を作っていくコーナー。
現在募集中のテーマは『異世界作品に登場しそうなセリフ』です。
      
その他、お2人への疑問、質問などの"ふつおた"も募集しています。
すべての宛先はlove@joqr.netまでお送りください。

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
今年で10周年!『マクロスF』特集!
 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、今年で10周年を迎え、記念シングルも発売になる「マクロスF」を取り上げました。
マクロスシリーズの中でも人気の高い作品ですね。
 
「マクロスF」は2008年4月から2008年9月までMBS・TBS系列で放送されました。
『超時空要塞マクロス』をはじめとする「マクロスシリーズ」生誕25周年記念作品であり、テレビアニメでは『マクロス7』以来13年ぶりの3作目となります。
総監督にはマクロスの可変戦闘機「バルキリー」のデザインで有名な河森正治さんが担当しています。
『超時空要塞マクロス』から50年後、『マクロス7』から14年後の西暦2059年を舞台に未知の宇宙生物との戦いと2人の歌姫と1人の青年の物語を描いています。
 
マクロスシリーズといえば「可変戦闘機」「歌」「三角関係」の3つの柱を持っています。
本作の特長と言えば、今までのマクロスシリーズは1人の歌姫と主人公の青年という構図でしたが、本作では2人の歌姫と主人公という構図を描いていることですね。
その歌姫もディーバとアイドルというキャラクターの違いがあり、その二人と主人公との関係性が本作の魅力を引き上げています。
そしてなんと言ってもその2人の歌姫の歌が素晴らしいですよね。
本当に名曲ですし、今でもカラオケでよく歌われている名曲だらけです。
そんな「マクロスF」も10周年。
時間の流れを感じてしまいますね。
 
そんな「マクロスF」の10周年記念シングル『Good job!』が2018年9月26日に発売されます。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
今年で20周年!『カウボーイビバップ』特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、今年で20周年を迎えたサンライズの大人気アニメ「カウボーイビバップ」を取り上げました。
90年代の超名作ですね。
私も大好きな作品です。
 
サンライズ制作のSFアニメ作品でテレビ東京系などで1998年(平成10年)4月から同年6月にかけて全26話中の一部が放送され、その後WOWOWで同年10月から1999年(平成11年)4月にかけて全26話が放送されました。
この地上派の放送になったのは当時青少年による凶悪犯罪がニュースとなっていて、残酷な表現がカットされたのと、いわゆるポケモンショックと呼ばれた事故が起こったために、物語の大部分をカットして放送されたからです。
その後、WOWOWで完全版が放送されました。
2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、おんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎのスパイク・スピーゲルら乗組員の活躍を描くSFアニメ作品です。
本筋はハードボイルドタッチですが、話数によってテイストが異なり、サスペンスやホラー、メカアクション、ドタバタコメディ、サイバーパンクなど多岐に及びます。
本当に格好良く、そして楽しんで観られる作品です。
 
本作のもう一つの特長は、なんと言っても音楽ですね。
ジャズを始め、ブルース、ロック、テクノなど多彩なジャンルの音楽をBGMとして使用しています。
オープニング・エンディング曲と作中のBGMは一部を除いて全て菅野よう子さんが作曲しており、菅野ら国内外の音楽家が参加した「シートベルツ (THE SEATBELTS) 」が演奏しました。
本当に音楽は素晴らしく、聞いたことがない人は是非とも聞いてもらいたいです。
今でもTV番組の映像のBGMなどで聞くことがありますからね。
本作を観たことが無くても、「この曲知ってる」と言うこともあるかも知れませんね。
 
そんな「カウボーイビバップ」は、2018年8月18日と25日の2日間にTV版、25日から1週間劇場版「天国の扉」の極上音響上映がシネマ・ツー/aスタジオにて開催されます。
20周年と言うことで再放送も放送されているそうですし、絶対に観ておいた方が良いというぐらい私個人的にもオススメの作品です。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
日中の才能が集結!『詩季織々』特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年8月4日から公開されている、新海誠監督作品を手がけるコミックス・ウェーブ・フィルムと中国のアニメ業界をリードするブランドHaoliners(ハオライナーズ)とのコラボによって生まれた、日本と中国の若手監督が描く3作の短編アンソロジー、『詩季織々』を取り上げました。
話題の日中合作作品ですね。
 
『君の名は。』『秒速5センチメートル』の新海誠監督作品などで知られるコミックス・ウェーブ・フィルム制作の最新作です。
「陽だまりの朝食」「小さなファッションショー」「上海恋」の3つの短編からなる珠玉の青春アンソロジーで、中国の3都市を舞台に、失したくない大切な思い出を胸に秘め、大人になった若者たちの過去と今を紡いでいます。
中国の暮らしの基となる【衣食住行】をテーマに製作されています。
本作のプロジェクトは中国のアニメ業界をリードするブランド、ハオライナーズ(Haoliners)の代表も務めるリ・ハオリン(李豪凌)が、10年近く前に『秒速5センチメートル』を観て新海監督に憧れ、熱烈なオファーを送り続けたことがきっかけに誕生したそうです。
 
最近は中国のアニメもかなり進化していて、日本のアニメに慣れている私たちたちが観ても、そのクオリティの高さにビックリします。
アメリカのアニメと日本のアニメを融合したような作風が多いと感じます。
ただ中国独特の文化や世界が描かれていることが多いので、ちょっとわかりにくい部分もあるように思います。
今回は中国の監督が日本の製作会社と作り上げた作品なので、日本風というか日本のアニメそのものですので皆さんも見やすいと思います。
現在の中国の文化というか中国の方の感じている郷土愛や家族愛、日本のそれとは違う物を観ることが出来る作品です。
日本とはちょっと違う感覚に触れられる新鮮な物となっています。
 
そんな「詩季織々」は2018年8月4日から劇場公開されています。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
細田守監督最新作「未来のミライ」特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年7月20日から公開される細田守監督最新作「未来のミライ」を取り上げました。
3年に一度の夏のお楽しみ、細田作品の最新作がついに公開になりますね。
非常に楽しみです。
 
本作はスタジオ地図製作の細田守監督最新作。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に続く細田守監督による長編オリジナル作品の5作目になります。
横浜の「兄妹」をテーマに、甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの冒険が描かれています。
 
細田監督は自分の日常の変化から感じたものを作品に描いていく作風を持っています。
細田監督の結婚で家族が増えることから『サマーウォーズ』、子どもが生まれたことから『おおかみこどもの雨と雪』、子どもの成長とともに『バケモノの子』みたいな感じですね。
本作『未来のミライ』では「子育てあるある」のようなものから着想を得ているそうです。
私は子どもがいないのでわからないこともありそうですが、今の自分がどう感じるのか楽しみです。
 
そんな「未来のミライ」は2018年7月20日から劇場公開です。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
バットマンが戦国時代に!?ニンジャバットマン」特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年6月15日から劇場公開されている「ニンジャバットマン」を取り上げました。
予告映像の公開から日本はもちろん海外でも話題になっている作品ですね。
 
DCコミックスが刊行する『バットマン』のキャラクターを原作とするアニメで、その名の通りバットマンと作品に登場する悪役と仲間たちが戦国時代にタイムスリップ。
その設定だけでもぶっ飛んだ面白そうな感じがしますよね。
『ニンジャバットマン』の監督をつとめるのは、スタイリッシュな映像を作り上げる「神風動画」の代表取締役・水崎淳平。
神風動画がCG制作のYAMATOWORKSとタッグを組んで制作されています。
 
本作ではバットマンよりも早く悪役が先にタイムスリップ、というかバットマンが現れる時間の数年前にタイムスリップしており、悪役が大名として君臨しています。
その大名も実在の大名に成り代わったというか、当てはめた形になっていて、ジョーカーが織田信長、ポイズン・アイビーが上杉謙信、デスストロークが伊達政宗、ペンギンが武田信玄、トゥーフェイスが浅井長政といった感じですね。
最後にはまさかのバトルが繰り広げられます。
ただただエンターテイメントを楽しみたいという方にはオススメの作品です。
 
そんな「ニンジャバットマン」は現在劇場公開中です。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

皆さまこんにちは。
「氷川竜介のア二メLabo.」担当のスタッフです。
さて、今回の「氷川竜介のア二メLabo.」は如何でしたか?
 
 
今回取り上げたのは、
 
 
 
 
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」&「イノセンス」特集!

 
 
 
 
というテーマでお送りしました。
 
今回は、2018年2018年6月22日に「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 & イノセンス 4K ULTRA HD Blu-rayセット」が発売されるということで「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」 & 「イノセンス」を取り上げました。
この2作品は、言わずと知れた押井守監督の代表作ですね。
 
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」は1995年11月18日にが劇場公開された作品です。
原作は士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』で漫画の1巻を原作としています。
SF小説的な内容で、アメリカではビルボード誌のビデオ週間売上げ1位となり、全世界でのビデオ・DVDの売上は130万本を誇る海外でも人気の作品です。
 
「イノセンス」は2004年3月6日に劇場公開された作品です。
「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の続編にあたり、本作は押井監督にとっても前作の公開から約9年ぶりとなるアニメ監督作品にあたります。
第25回日本SF大賞受賞作品で、第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でも上映されました。
「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の草薙素子少佐の代わりにバトーがメインキャラクターをつとめています。
 
押井守監督を語るには絶対に外せない、そんな2作品です。
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 & イノセンス 4K ULTRA HD Blu-rayセット」は2018年2018年6月22日に発売されます。
是非チェックしてくださいね。
 
 
 
番組では皆さんからのメールを募集しております。
「ア二きゅん!」のアドレスに『ア二メLabo.』宛でお送りください。
気になったア二メ作品や、好きなア二メ作品。
番組で取り上げて欲しい作品や、ア二メにまつわることなら何でもOKです。
宜しくお願いします!

この番組は月曜日の16時から、少女マンガ・アニメ・TVドラマなどの「恋愛モノ」 をテーマにパーソナリティの二人が、「最新恋愛流行事情」やアニメやコミックの感想文レポート、恋愛ラジオドラマなどを繰り広げるドキドキの胸きゅ~ん!番組です。
番組では皆さんからの疑問、質問、応援メッセージ、あなたの好きな恋愛作品について など番組宛てメールを募集中!
love@joqr.netでお待ちしています!!