4月13日配信 伊東健人のI to You from Tokyo #02

「MAN TWO MONTH RADIO 伊東健人のI to You from Tokyo」第二回目の放送です。

「コーヒーの一番小さいサイズを"そのお店の言い方で言いたい"」という伊東さん。"一番小さいサイズをください"と言うのは負けた気がするというこだわりがあるものの、先日ワンサイズしかないお店でサイズ指定をしてしまい悔しい思いをした話をします。タクシーに乗った時に運転手さんと盛り上がったエピソードについても語りました。

初回放送を聞いたリスナーさんからのメールも届いていました。役を演じる時は"キャラクターと自分をイコールに近づけつつ、完全にイコールにしない事"を大事にされているそうです。野球球団のマスコットキャラクターの話では千葉ロッテマリーンズの"謎の魚"で盛り上がりました。野球への関心を持ちやすい方法として挙げられるのは"野球選手の顔"。伊東さんのおすすめの野球選手は読売ジャイアンツ所属の小林誠司選手です。


【東京見聞録】
東京生まれ、東京育ちのシティボーイという伊東さんが東京に関する小話を披露しつつ、リスナーの皆さんから届いた東京に関するメールを紹介していきます。

まず紹介したのはJR東日本の「山手線」。品川駅と田町駅の間に新しく出来る駅について語ります。ちなみに品川駅は品川区になく、京急線の北品川駅は品川駅の南にあります。

リスナーさんから届いたメールを紹介します。
「地下鉄の乗り換え距離が非常に長い」これはあるある!駅名が変わる事もあります。
「方言女子が好き」これはあるあるではないかも...?ありがたみがある、と答えます。
「東京都民は東京タワーやスカイツリーに昇らないけど浅草に行く」これは伊東さん的にはないないですが、番組スタッフはあるあるだったので、あるあるなのかもしれません!


【言えば叶う!!】
今回はグランドアテンダントになりたいという方のメールを紹介、夢を応援しました。


夢に向かって頑張る方たちを応援します!
mtmr_19_2.jpg


AG-ON Premium「MAN TWO MONTH RADIO 伊東健人のI to You from Tokyo」
第一回~最新回を無料配信中!(2018年6月7日(木)まで)
【 MAN TWO MONTH RADIO 】 2018年4月16日 12:00

4月6日配信 伊東健人のI to You from Tokyo #01

「MAN TWO MONTH RADIO 伊東健人のI to You from Tokyo」第一回目の放送です。

MTMR4年目の最初、19代目パーソナリティを務める伊東さん。まずは初回放送なので自己紹介です。趣味は小中高でやっていた野球と高校大学でやっていた音楽、好きな食べ物は果物や果物の飲み物、座右の銘は"The Show Must Go On"です。
歴代のパーソナリティの方の中には親交が深い人が多く、特に先代の深町さんや養成所の同期であるランズベリー・アーサーさんとはよくお会いするんだとか。

今回のタイトルやコンセプトを決めた時の話をしました。「東京生まれ東京育ち」という話から生まれた「I to You from Tokyo」は伊東さんの名前(I to)も入っています。この番組では二か月間、"リスナーさんと近い距離で接す意識を持つ"と意気込みを語りました。

初回放送ですが、さっそくメールが届いているので紹介します。ラジオで気を付けていることについてや、先代の深町さんとのエピソードとして、最近二人でカフェに行った話などをしました。


【専門用語辞典 イトペディア】
このコーナーでは、リスナーの皆さんから送っていただいた専門用語とその用語の解説を、知っていることも知らないことも"あたかも知っているかのように"説明をしつつ、様々な分野について学んでいきます。

最初は番組から出題された例題「アナジリ」。
ラジオ用語ですが、伊東さんは「アナウンサーの尻の略語」と解説しました。臀部用のクッション等を選ぶ仕事をアナジリストという、と話します。正しくは「アナウンス+最後を意味する"シリ"」で、ラジオでのトークの終わりのことを指しています。

続いての出題は「キーゼルバッハ部位」。
「十八世紀初頭キーゼルバッハ男爵によって発見されたひじの裏(体の柔らかい部位)の事」だと話します。最近では鶏肉が主に人気であり希少価値が高く入手困難と解説しますが、正しくは「小鼻の内側にある粘膜の部位の事」でした。


【言えば叶う!】
このコーナーではリスナーの皆さんの目標や夢、今頑張っていることを募集します。
「またひとり喋りラジオをしたい」「声優になる」「主役をとる」と様々な事を口に出して、叶えてきた伊東さんがリスナーさんを応援します!

今回はカメラマンになりたいという方のメールを紹介、夢を応援しました。


「I to You from Tokyo」では、今回お送りした「専門用語辞典 イトペディア」のほか「東京見聞録」というコーナーもお送りします。

2ヶ月間よろしくお願いします!みなさんからのメールをお待ちしています。
mtmr_19_1.jpg

AG-ON Premium「MAN TWO MONTH RADIO 伊東健人のI to You from Tokyo」
第一回~最新回を無料配信中!(2018年6月7日(木)まで) 【 MAN TWO MONTH RADIO 】 2018年4月 9日 12:00

3月30日配信 深町寿成のふかまち役場広報課 #09

「MAN TWO MONTH RADIO 深町寿成のふかまち役場広報課」第九回目の放送です。

最終回はエイプリルフールの話題から始まりました。エイプリルフールに嘘をついていいのは午前中だけという説がありますが、それが嘘という可能性も。...という説が嘘という可能性も...と無限ループに陥りそうになります。

最終回なので、これまでの放送を振り返ります。
今回のタイトルは「ハンドクリームと私」。色々な話をしてきて、様々なハンドクリームを試した結果、最終回に限ってハンドクリームを忘れてしまった深町さん。お陰で"失って初めてわかる大切さ"に気が付きました。

リスナーさんからメールも届いています。第一回で紹介した"朝、冷水シャワーを浴びる事"は続けているものの効果はあまり実感出来ていないそうです。また、番組への感想も紹介しました。たくさんのメールありがとうございました。


【ふかまち相談センター】
以前、恋愛相談を送っていただいたリスナーさんからその後の報告をいただきました。無事成就した事を知り深町さんのテンションが非常に上がります!

最初の相談は「日中の眠気に悩んでいます。椅子に座ったまま出来て、ぱっと起きられる方法を教えてください」。 眠気に抗う最大の方法は緊張感。なので、ビルとビルの間の鉄骨の上にいると想像してください、とアドバイスを送りました。

続いては「通学電車で会う他校の男子が気になります」という相談。 同じ電車であってもそんなに毎日近くいるっていう事は、相手も気になってきているのでは?と深町さんは考えます。ふかまち役場広報課で紹介してきた恋愛戦術を実践してみてください!

悩める町民に、幸あれ!


以前紹介した胃が弱いけどカレーが食べたい町民の方のために、幼児向けポークカレーを用意しました!しまじろうカレーがなかったのでアンパンマンカレーです。
mtmr_18_9.jpg
民のみなさんがいる限り、ふかまち役場は永遠に続いていきます!

第一回~最新話を無料配信中!(2018年4月12日(木)まで)


次回4/6(金)からは「伊東健人のI to You from Tokyo」がスタートします!お楽しみに。

【 MAN TWO MONTH RADIO 】 2018年4月 2日 12:00

3月23日配信 深町寿成のふかまち役場広報課 #08

「MAN TWO MONTH RADIO 深町寿成のふかまち役場広報課」第八回目の放送です。

前回「ホワイトデー理想の渡し方、渡され方」で話していた"婚姻届をクッキーの中に入れる"という案。実物の婚姻届を手にして「意外と大きい!」と言いながら、実際に作ってみたリスナーさんの感想を紹介しました。

今回の日記風フリートーク、最初のタイトルは「写真リターンエース事件」。イベント後にマネージャーさんから送ってもらった大量の写真を、何故かそのまま全て送り返した話。"眼鏡を忘れた!"と鞄の中を慌てて探していた時に眼鏡をかけていた、という時も近くにいたマネージャーさんに目撃されたそうです。

続いては「深爪の深町」。爪の白い部分(爪先)がほぼないほど深爪という深町さん。"深爪の深町って言いたかっただけです!"と話します。


町民であるリスナーさんから今回もメールが届いています。深町さんの"いつメン"こと千葉翔也さん、高塚智人さん、小林大紀さんの四人で、アイドルマスターSideMが山梨県とコラボしていた時に旅行をした話をします。深町さんから見て小林さんは「保護者ポジションで一番ちゃんとしていて、老後の事を視野に入れてそう!」という印象だそうです。

前回話した「ティッシュ」と「ティシュー」、「ピザ」と「ピッツァ」の違いを調べたというメールも紹介しました。

テーマメール「最近テンションが上がったこと・怒ったこと」について、メールの一人称"わらわ"が気になりすぎて内容が頭に入ってこない深町さん。ハンドクリーム作戦、フォーチュンクッキー作戦も織り込んだメールへの判定は5!


【ふかまちサブカルチャー振興課】
・「"ふろりだ"とは?」 正解は「風呂に入るので離脱する」 風呂関係とはわかったものの不正解!
・「"チラ裏"とはなんでしょう?」 正解は「チラシの裏に書くようなどうでもいい内容」 偶然言った答えで正解!
・「"絶起"の意味は?」 正解は「絶望の起床(寝坊して起きれなかった)」 "〇〇ライダー絶起"という響きが気に入り過ぎて考えられず不正解!

総合成績は1勝2敗1分け。惜しくも「ふかまちサブカルチャー振興課」は敗北に終わってしまいました。いつかの機会にリベンジを目論みます!

mtmr_18_8.jpg
深爪の深町!

第一回~最新話を無料配信中!(2018年4月12日(木)まで)

【 MAN TWO MONTH RADIO 】 2018年3月26日 12:00

3月16日配信 深町寿成のふかまち役場広報課 #07

「MAN TWO MONTH RADIO 深町寿成のふかまち役場広報課」第七回目の放送です。

子供の頃のホワイトデーの思い出話。当時はクッキーを持って行ったものの、バレンタインのお返しとは恥ずかしくて言えなかったといいます。そんな深町さんが考える"理想のホワイトデーのお返しの渡し方"は、「そっけなく渡されたクッキーを家に帰って食べてみたら、クッキーの中から指輪と"結婚しよう"のメモ」というものでした!

今回の日記風フリートーク、まず最初のタイトルは「僕には最近気になっている事があります。それは一人称が"わらわ"という人は本当にいるのかという事です。それともう一つ。僕はよくポケットティッシュを使う時に"ポケットティシュー"と書いてあるのを見かけます。ティッシュの事を正確に言うとティシューなんですか?」。今回は非常に長いタイトルです。わらわと対になっている"拙者"は身の回りに使う人がいるという深町さん。"わらわ"を使っているという方の情報、お待ちしています!そしてティッシュの話。ピザとピッツァのような違いなのか?と考えを巡らせた結果、ふかまち役場ではティッシュの事をティシューと呼ぶ事にしました。

続いてのタイトルは「今年最高の緊張感」。白いニットを着ている状態でカレーを食べてきたので、かなり集中したという話でした。以前スンドゥブチゲを食べた時は一滴も洋服につけずに食べられたと思ったものの、家に帰って確認したら何故か背中についていたそうです。

どんな香水をつけたらいいのかわからないという話で、好きな香りをつけたらいいというアドバイスに「カレー、もしくはラーメン」と答える深町さん。恒例となったハンドクリームについてのメールも届きました。おすすめの塗り方を頂いたので実際につけてみますが、ハンドクリームを出しすぎてしまい、しっとりを通り越してぬるぬるになってしまいました!


【ふかまち相談センター】
最初の相談は「カレーが好きですが胃への刺激を考慮して我慢しています。でもカレーが食べたいです」。 そんなリスナーさんに深町さんがおすすめしたのは「しまじろうカレー」!胃に優しいです。

続いては「目が乾きやすいです」という相談。 涙は出ててもいい、アンニュイさを武器に生きてください!とエールをおくります。

三つ目の相談は「方言が出てしまうのですが、アドバイスをください」。 訛りはあえて使った方が可愛いのでは?と提案しました。

大雪の日に上司が車で送ってくれたという女性から恋愛相談が届きました。その際の男性からの言葉はきっと気遣いだけではないと考えた深町さん。これまでの放送回で使ったあらゆる手を駆使してシミュレーションしました。


mtmr_18_7.jpg
ハンドクリームで保湿は完璧です!

第一回~最新話を無料配信中!(2018年4月12日(木)まで)

【 MAN TWO MONTH RADIO 】 2018年3月19日 12:00
TOPへ戻る