株式会社横浜DeNAベイスターズ前代表取締役社長/スポーツ庁参与
池田純

2000年早稲田大学卒業。住友商事、博報堂を経て、2005年、有限会社プラスJを設立し独立。経営層に対するマーケティング、コミュニケーション、ブランディング等のコンサルティングを行う。2007年に株式会社ディー・エヌ・エーに参画。 執行役員としてマーケティングを統括。2010年、NTTドコモとのジョイントベンチャー、株式会社エブリスタの初代社長として事業を 立ち上げ、一年で黒字化。2011年、株式会社横浜DeNAベイスターズの初代社長に就任。2016年まで5年間社長をつとめ、コミュニティボール化構想、横浜スタジアムのTOBの成立をはじめ、様々な改革を主導し、観客動員数は 107万人から194万人へ5年間で180%へ増加。球団は5年間で単体での売上が52億円から100億円超へ倍増し、黒字化を実現した。スポーツ庁参与、明治大学学長特任補佐兼スポーツアドミニストレーター、さいたま市スポーツアドバイザー、Number Sports Business College発起人なども務める。

プロフィールを見る

コラム一覧

タイムテーブル